FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
決定機の阻止のサンプル(その15)(2019 J3 第25節 盛岡 vs 八戸)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2019年10月05日(土)2018明治安田生命J3リーグ 第25節(いわてグルージャ盛岡 vs ヴァンラーレ八戸)の試合の映像です。



2019明治安田生命J3リーグ 第25節 退場に伴う土井 康平選手(岩手)の出場停止処分について

【処分理由】
2019年10月05日(土)2019明治安田生命J3リーグ 第25節(いわてグルージャ盛岡 vs ヴァンラーレ八戸)の試合において土井 康平選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手の自陣ペナルティエリア内で相手競技者を反則で止め、決定的得点機会を阻止した行為は、「著しい反則行為」に相当すると判断、1試合の出場停止処分とする。




これ、上の映像を見ると、レッドカードは仕方がないのかなぁ、と思いますが、下の映像をよく見るとこの判定は本当に正しかったのだろうか、と考えてしまいます。(もちろん、あくまで現場での主審の判定は尊重されるべきであることは間違いないのですが。)





まず、攻撃側競技者(八戸7番 中村選手)がGKの土井選手にスパイクの裏を向けた状態で突進しています。しかも、隣のDFが先にボールに触れて、中村選手自身はボールに触れることが出来ていません。まだ、GKより先にボールに触れていたのであれば、GKの安全を脅かしていないことを条件にノーファウルとしても問題ないケースもあり得ると思いますが。



次に、GKに突っ込んでいった際、中村選手の左足のスパイクの裏がGKの土井選手の左太もも付近に軽くヒットしています。強く当てている訳ではないので、レッドカードではないと思いますが、スパイクの裏を向けて突進した結果接触をしているので、イエローカードが出てもおかしくないプレーだと思います。



更に、中村選手が起き上がる際にも、その左足は再び土井選手の左脚の付け根付近を軽く踏みつけた形になっています。意図的なものではありませんが、スタンピングかな、と。



DOGSO(決定機の阻止)についても、中村選手がボールを完全にコントロールしている状態になっていなかったことと、カバーディフェンダー(盛岡の20番の選手)の位置なども考慮すると、レッドカードはかなり厳しい判定のような気がします。



私が普段活動しているアマチュアレベルの試合であれば、選手の安全を第一に考え、スパイクの裏を相手競技者に向けた状態での突進のファウルのほうが先に行われたということで、守備側チームのフリーキック(接触が確認された場合は、警告+直接FK、接触が確認されなければ、カードなし+間接FK)で問題ないような気がします。(私なら、恐らく現場で接触が確認できたと思うので、警告+守備側直接FKにしたかなぁ、という感じです。)



プロのレベルなら、この程度の接触は「許容範囲」ということで、重大な判定の誤りではない、ということなのでしょうか、規律委員会でも主審の判定を取り消すことなく、そのまま土井選手に対して1試合の出場停止処分を決定しているようです。



最後に競技規則を載せておきます。

競技規則 2019/2020 第12条 ファウルと不正行為

得点、または、決定的な得点の機会の阻止

競技者が、ハンドの反則により、相手チームの得点、または、決定的な得点の機会を阻止した場合、反則が起きた場所にかかわらず、その競技者は退場を命じられる。

競技者が相手競技者に対して反則を犯し、相手競技者の決定的な得点の機会を阻止し、主審がペナルティーキックを与えた場合、その反則がボールをプレーしようと試みて犯された反則だった場合、反則を犯した競技者は警告される。それ以外のあらゆる状況(押 さえる、引っぱる、押す、または、ボールをプレーする可能性がないなど)においては、反則を犯した競技者は退場させられなければならない。

競技者、退場となった競技者、交代要員または交代して退いた競技者が主審から必要な承認を得ることなく競技のフィールドに入り、プレーまたは相手競技者を妨害し、相手チームの得点あるいは決定的な得点の機会を阻止した場合、退場の対象となる反則を犯したことになる。

次の状況を考慮に入れなければならない:
◦ 反則とゴールとの距離
◦ プレーの方向
◦ ボールをキープできる、または、コントロールできる可能性
◦ 守備側競技者の位置と数









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト