FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
【Jリーグジャッジリプレイ2019 #32-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #32-2】


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ


ハンドの反則(上級編)ボールへの接触点?【Jリーグジャッジリプレイ2019 #32-1】



明治安田生命J1リーグ第32節 FC東京vs湘南、湘南のGK富居選手がペナルティエリアの外でボールをキャッチしたかに見えたシーンをピックアップ。捕球した瞬間、富居選手の右足は完全にエリア外、ボールもエリアを越えるかどうかのギリギリの位置に。どこまでがセーフでどこからハンドの反則になるのか、自信を持って説明できますか?目からウロコのRayさんからの解説をお楽しみに。



ペナの内か外かは、「ボールの位置で判断」というのは昔からよく聞いていましたが、「ボールの接触点が内か外か」という話は、初めて聞きました。



ま、「疑わしきは罰せず」なので、「100%外」という場合以外は、GKのハンドリングはとりませんから、どうでもいい話ではありますが。



ペナルティエリア内での接触 フットボールコンタクト【Jリーグジャッジリプレイ2019 #32-2】



明治安田生命J1リーグ第32節 札幌vs 磐田、アンデルソン ロペス選手(札幌)が胸トラップからの見事なシュートを決めたシーンをピックアップ。このシーン、実際にはシュートの直前にレフェリーがホイッスル。ロペス選手の前で転倒した藤田選手(磐田)に対するロペス選手のファウルとの判定になりました。リプレイ映像を用いてこの接触はファウルを取るほどの接触だったのか、また藤田選手は何故転倒したのかを検証します。日本サッカーを強くするためのフットボールコンタクトの基準とは?Rayさんと原さんが熱く討論します。



2つめの札幌のロペス選手のプレー。ファウルを探してはいけないのだけれど、主審の位置からはロペス選手が腕を伸ばしたせいで藤田選手が倒れたように見えただろうなぁ、と。藤田選手がロペス選手の足に躓いたのを見落とす自信が、私にはありますね。(笑)









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト



◆競技規則系の過去記事のまとめ(2019年度2Q分)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2019年度の第2四半期(7~9月)分の競技規則系記事のまとめです。



2019.07.01 「【Jリーグジャッジリプレイ2019 #16-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #16-2】」

2019.07.02 「決定機阻止のサンプル(その7)(2019 J2 第14節 大宮 vs 栃木)」

2019.07.03 「決定機阻止のサンプル(その8)(2019 J2 第15節 京都 vs 山口)」

2019.07.04 「決定機の阻止のサンプル(その9)(2019 J1 第14節(磐田 vs 神戸)」

2019.07.08 「【Jリーグジャッジリプレイ2019 #17-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #17-2】」

2019.07.09 「競技規則 2019/2020 日本語版PDFがUPされました」

2019.07.10 「ファウル(ハンドリング)と不正行為の判定問題(その15)」

2019.07.12 「【Jリーグジャッジリプレイ2019 #18-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #18-2】」

2019.07.16 「ファウル(ハンドリング)と不正行為の判定問題(その16)」

2019.07.17 「決定機の阻止のサンプル(その10)(2019 J2 第20節(京都 vs 水戸)」

2019.07.18 「Inside Video Review: MLS Week 9 (2019)」

2019.07.20 「【Jリーグジャッジリプレイ2019 #19-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #19-2】」

2019.07.23 「ファウル(ハンドリング)と不正行為の判定問題(その17)」

2019.07.26 「乱暴な行為のサンプル(その3)(J3 第16節 八戸 vs 讃岐)」

2019.07.26 「【Jリーグジャッジリプレイ2019 #20-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #20-2】」

2019.07.28 「問題) VARとして主審に進言するのは?」

2019.07.30 「決定機阻止のサンプル(その11)(2019 J1 第20節 神戸 vs 横浜FM)」

2019.07.31 「Inside Video Review: MLS Week 10 (2019)」




2019.08.01 「Inside Video Review: MLS Week 11 (2019)」

2019.08.05 「Inside Video Review: MLS Week 12 (2019)」

2019.08.06 「Inside Video Review: MLS Week 13 (2019)」

2019.08.07 「7月28日付け記事のフォローアップ」

2019.08.10 「Inside Video Review: MLS Week 14 (2019)」

2019.08.11 「【Jリーグジャッジリプレイ2019 #21-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #21-2】」

2019.08.13 「Inside Video Review: MLS Week 15 (2019)」

2019.08.14 「Inside Video Review: MLS Week 16 (2019)」

2019.08.15 「Inside Video Review: MLS Week 17 (2019)」

2019.08.17 「【Jリーグジャッジリプレイ2019 #22-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #22-2】」

2019.08.19 「Inside Video Review: MLS Week 18 (2019)」

2019.08.20 「Inside Video Review: MLS Week 19 (2019)」

2019.08.22 「Inside Video Review: MLS Week 20 (2019)」

2019.08.23 「【Jリーグジャッジリプレイ2019 #23-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #23-2】」

2019.08.26 「Inside Video Review: MLS Week 21 (2019)」

2019.08.27 「「2019/2020年 サッカー競技規則 第16条‐ゴールキックにおける解釈の明確化について 」という通達がIFAB から出ています」

2019.08.28 「GKが自陣ペナルティーエリア内で認められていないのにボールを手で扱った場合、間接FKにはなるが懲戒罰はない、という文章が2019/2020年の改正で追加されていました」

2019.08.29 「決定機阻止のサンプル(その12)(2019 J2 横浜FC vs 鹿児島)」

2019.08.30 「決定機阻止のサンプル(その13)(2019 J1 第24節 名古屋 vs 横浜FM)」



2019.09.01 「【Jリーグジャッジリプレイ2019 #24-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #24-2】」

2019.09.05 「キリンチャレンジカップ2019(2019.09.05 日本代表 vs パラグアイ代表)の公式記録PDFほか」

2019.09.06 「【Jリーグジャッジリプレイ2019 #25-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #25-2】」

2019.09.08 「(問題)このゴールは認めるべき?それとも認めない?」

2019.09.10 「日本代表 vs ミャンマー代表(2019.09.10 FIFAワールドカップ・アジア予選 2次予選)の公式記録ほか」

2019.09.11 「Inside Video Review: MLS Week 22 (2019)」

2019.09.16 「Inside Video Review: MLS Week 23 (2019)」

2019.09.17 「『【Jリーグジャッジリプレイ番外編】ビデオアシスタントレフェリー特集!』 がUPされました!」

2019.09.23 「【Jリーグジャッジリプレイ2019 #26-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #26-2】」

2019.09.24 「9月8日付け記事のフォローアップ」

2019.09.26 「Inside Video Review: MLS Week 24 (2019)」








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

決定機の阻止のサンプル(その20)(2019 J2 第40節 山形 vs 長崎)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ








2019明治安田生命J2リーグ 第40節 退場に伴う ホドルフォ選手(山形)の出場停止処分について

【処分理由】
2019年11月10日(日)2019明治安田生命J2リーグ 第40節(モンテディオ山形 vs V・ファーレン長崎)の試合においてホドルフォ選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手の自陣ペナルティエリア中央手前で相手競技者を後方より反則で止め、決定的得点機会を阻止した行為は、「著しい反則行為」に相当すると判断、1試合の出場停止処分とする。




これも11/15付けでJリーグの動画サイトにUPされたJリーグジャッジリプレイの中で詳しく解説されていますので、そちらをご確認ください。(下の映像のリンクをクリックすると、当該のシーンについての部分から再生されます。)



原さんは最後まで納得されていませんが、現在の競技規則では、「そう規定されている」ので仕方がありません。



競技規則 2019/2020 第12条 ファウルと不正行為

得点、または、決定的な得点の機会の阻止

競技者が、ハンドの反則により、相手チームの得点、または、決定的な得点の機会を阻止した場合、反則が起きた場所にかかわらず、その競技者は退場を命じられる。

競技者が相手競技者に対して反則を犯し、相手競技者の決定的な得点の機会を阻止し、主審がペナルティーキックを与えた場合、その反則がボールをプレーしようと試みて犯された反則だった場合、反則を犯した競技者は警告される。それ以外のあらゆる状況(押 さえる、引っぱる、押す、または、ボールをプレーする可能性がないなど)においては、反則を犯した競技者は退場させられなければならない。

競技者、退場となった競技者、交代要員または交代して退いた競技者が主審から必要な承認を得ることなく競技のフィールドに入り、プレーまたは相手競技者を妨害し、相手チームの得点あるいは決定的な得点の機会を阻止した場合、退場の対象となる反則を犯したことになる。

次の状況を考慮に入れなければならない:
◦ 反則とゴールとの距離
◦ プレーの方向
◦ ボールをキープできる、または、コントロールできる可能性
◦ 守備側競技者の位置と数




  ← 本日現在、「赤」と「青」が「黒」より安くなっています。安いので、「あわせ買い対象」になってしまっていますが。
 


上の動画GIFの元になっているJリーグの公式アカウントのハイライト映像はこちら。





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。

  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

Inside Video Review: MLS Week 31 (2019)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ








上記映像の元記事は、米国プロ審判協会のこちら。
WATCH // Inside Video Review: MLS Week 31



1つめと2つめの映像はオフサイドorオンサイドのお話。



3つめは、主審の視野外での乱暴な行為(一発レッド相当の行為)が行われた際の、VARの介入。



4つめがハンドリングのグレーゾーン。VARは身体から不自然に離れた手が下がり始めた瞬間にボールが当たっているので、ペナルティーが与えられるべきだとしてレビューを推奨。しかしレビューを見た主審は、最初は確かに自分自身を大きく見せるために広げられた腕だったが、守備側競技者の太ももにボールが当たった瞬間には、手は自然な位置に移動していたとして、自身の決定を翻しませんでした。



米国プロ審判協会も、主審の最初の判定は「明らかな誤りではなかった」として、レビューは推奨されるべきではなかった、という見解を示しています。



これらの4つの映像については、米国プロ審判協会の別の独立した記事
The Definitive Angle: MLS Week 31
でも触れられていますので、ぜひそちらもご覧ください。



[カシオ] 腕時計 スタンダード W-735H-1AJF ブラック
CASIO(カシオ) (2014-10-17)
売り上げランキング: 190

 ← amazonの在庫が復活したようです。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

決定機の阻止のサンプル(その19)(2019 J1 第30節 札幌 vs 名古屋)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2019明治安田生命J1リーグ 第30節(北海道コンサドーレ札幌 vs 名古屋グランパス)の試合の映像です。



2019明治安田生命J1リーグ 第30節 退場に伴う 吉田 豊選手(名古屋)の出場停止処分について

【処分理由】
2019年11月2日(土)2019明治安田生命J1リーグ 第30節(北海道コンサドーレ札幌 vs 名古屋グランパス)の試合において吉田 豊選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手の自陣ペナルティエリア内に侵入した相手競技者を後方より反則で止め、決定的得点機会を阻止した行為は、「著しい反則行為」に相当すると判断、1試合の出場停止処分とする。




なぜ3重罰(PK+退場+次節出場停止)になってしまうかという解説については、11/8にJリーグの動画サイトにUPされたJリーグジャッジリプレイの中で詳しく解説されていますので、そちらをご確認ください。





上記動画GIFの元になっている、Jリーグ公式アカウントのハイライト映像はこちら。










にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

決定機の阻止のサンプル(その18)(2019 J1 第30節 清水 vs 磐田)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2019明治安田生命J1リーグ 第30節(清水エスパルス vs ジュビロ磐田)の試合の映像です。







2019明治安田生命J1リーグ 第30節 退場に伴う ファン ソッコ選手(清水)の出場停止処分について

【処分理由】
2019年11月2日(土)2019明治安田生命J1リーグ 第30節(清水エスパルス vs ジュビロ磐田)の試合においてファン ソッコ選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手の自陣ペナルティエリア中央手前で相手競技者を後方より反則で止め、決定的得点機会を阻止した行為は、「著しい反則行為」に相当すると判断、1試合の出場停止処分とする。



いわゆる DOGSO です。
※DOGSO・・・Denial of an obvious goalscoring opportunity(得点、または、決定的な得点の機会の阻止)



競技規則を確認します。

競技規則 2019/2020 第12条 ファウルと不正行為

得点、または、決定的な得点の機会の阻止

競技者が、ハンドの反則により、相手チームの得点、または、決定的な得点の機会を阻止した場合、反則が起きた場所にかかわらず、その競技者は退場を命じられる。

競技者が相手競技者に対して反則を犯し、相手競技者の決定的な得点の機会を阻止し、主審がペナルティーキックを与えた場合、その反則がボールをプレーしようと試みて犯された反則だった場合、反則を犯した競技者は警告される。それ以外のあらゆる状況(押 さえる、引っぱる、押す、または、ボールをプレーする可能性がないなど)においては、反則を犯した競技者は退場させられなければならない。

競技者、退場となった競技者、交代要員または交代して退いた競技者が主審から必要な承認を得ることなく競技のフィールドに入り、プレーまたは相手競技者を妨害し、相手チームの得点あるいは決定的な得点の機会を阻止した場合、退場の対象となる反則を犯したことになる。

次の状況を考慮に入れなければならない:
◦ 反則とゴールとの距離
◦ プレーの方向
◦ ボールをキープできる、または、コントロールできる可能性
◦ 守備側競技者の位置と数




上記GIF動画の元になっている、Jリーグ公式チャンネルのハイライト映像はこちら。





[カシオ] 腕時計 スタンダード W-735H-8AJF グレー
CASIO(カシオ) (2014-10-17)
売り上げランキング: 236

 ← 現在amazonの「黒」の在庫が切れいているようです。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

キリンチャレンジカップ2019(2019.11.19 日本代表 vs ベネズエラ代表)の公式記録PDFほか


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ





この試合の公式記録PDFはこちら
2019.11.19 日本代表 vs ベネズエラ代表



Jリーグの日本代表のサイトはこちら


主審:Mohd Amirul Izwan Bin Yaacob(マレーシア) さん
副審1:Mohd Yusri Bin Muhamad(マレーシア) さん
副審2:Shayusupov Sanjar(ウズベキスタン) さん
第4審:Kasimov Sherzod(ウズベキスタン) さん

(日本協会の
担当審判員紹介 ~キリンチャレンジカップ2019 SAMURAI BLUE(日本代表) 対 ベネズエラ代表
の記事より抜粋)



ちなみに、前述のJリーグのサイトでは
主審:モフド アミルル イズワン さん
副審1:モフド ユスリさん
副審2:サンジャル シャユスポフさん
第4の審判員:シェルゾド カシモフさん
という表記になっています。



モフド アミルル イズワン 主審が提示したイエローカードは5枚。



前半33分45秒付近。(画面に時計は出ていませんし、イエローカードの提示シーンも映像はありませんが。)

日本代表17番(佐々木 翔選手)に出されたイエローカードは、ラフプレー(反スポーツ的行為)。ボールを追おうとするベネズエラ代表7番(ダルウィン マチス選手)の顔を後ろ手にはたいて、同選手の顔を傷つけた行為が、「無謀に」「打った」という判断。



前半46分05秒付近。

ベネズエラ代表3番(ミケル ビジャヌエバ選手)に出されたイエローカードは、公式記録上は、「反スポーツ的行為」となっています。日本のスローインが素早く行われることを防ぐという意図よりも、偶然を装って後ろから原口選手の足を引っかけるという悪質さをとって、「反スポーツ的行為」としたものと思われます。



後半2分 秒付近。

日本代表13番(橋本 拳人選手)に出されたイエローカードは、「繰り返し」。主審は3本の指を立ててます。ま、試合開始早々の0分44秒付近で、ベネズエラ代表7番(ダルウィン マチス選手)にも思いっきりイエロー気味のファウルタックルしてましたからねぇ。細かくチェックしていませんが、「プレーが荒い」と開始早々目をつけられていたのかも。



後半4分44秒付近。

ベネズエラ代表5番(ベルナルド マンサノ選手)に出されたイエローカードは、「反スポーツ的行為」。いわゆるチャンス潰し。日本代表10番(中島 翔哉選手)に突破されると日本代表の大きなチャンスとなるため、その攻撃を妨害したため、
◦ 相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害、または阻止するためにファウルを犯す。ただし、ボールをプレーしようと試みて反則を犯し、主審がペナルティーキックを与えた場合を除く。
に抵触したという判断。




後半44分24秒付近。

ベネズエラ代表8番(トマス リンコン選手)に出されたイエローカードは、「反スポーツ的行為」。やはり日本代表10番(中島 翔哉選手)に突破されることを恐れて、ファウルで大きなチャンスとなる攻撃を妨害したため。



とりあえず、カードが出たところのみチェックしました。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

キリンチャレンジカップ2019(2019.09.05 日本代表 vs パラグアイ代表)の公式記録PDFほか

☆ 関連するタグ ☆

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #31-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #31-2】


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




2019年11月15日に、Jリーグの動画サイトにUPされた、ジャッジリプレイの映像の紹介です。

今回は、特に補足情報はなし、ということで。





明治安田生命J2リーグ第40節 山形vs長崎で発生したDOGSO(決定的な得点の機会の阻止)による退場のシーンをピックアップ。ロングフィードから裏に抜け出した呉屋選手(選手)をホドルフォ選手(山形)が後ろから追いかけるかたちに。ペナルティエリアに入る前にホドルフォ選手が呉屋選手を転倒させてしまい、レフェリーはレッドカードを提示。この番組で何度も取り上げてきたDOGSOのシーンですが、今回はプレーの方向は少し外側に。こうした状況の場合、DOGSOの4要件の一つ<プレーの方向>を満たしていると考えるのか、上川 徹が徹底解説します。





明治安田生命J1リーグ第31節 鳥栖vs松本、開始4分に発生した小野選手(鳥栖)のシーンをピックアップ。DFのクリアが至近距離で小野選手の顔面にヒット、その流れで小野選手はシュートを決めるも主審はハンドの反則があったとの判定。レフェリーがハンドの反則があったと判定したのはどの瞬間だったのか、そしてボールが手にヒットした事実はあったのか?得点になるケースでは攻撃側は手の位置がどこにあるケースだとハンドの反則を取られるか、は是非理解しておきたいポイントです。




[アディダス] コパ 19.4 TF BTF81 メンズ
adidas
売り上げランキング: 84,761





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2019/11/17) U11 


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、近隣のチームを招いてU7カテゴリーの試合の引率をする予定だったのだけれど、本日Tコーチの代わりに体育館で5年生の練習を担当することになっていた監督がご家庭の事情で早退することになったので、そちらを引き継ぐことになりました。(U7のほうは、I コーチに引き継ぎました。)



最初からU7を I コーチにお願いしてもよかったのだけれど、このところ取り組んできた1対1の練習の効果を確認したかったので、最初の1試合だけでも2年生(U7)の現在の状況をチェックしておこうということで。



ま、結果としては、予想通りあまり状況に変化がなかったのですが・・・。さて、どう改善していくかなぁ・・・。



1試合終えたところで(2時15分頃)、体育館に移動して5年生の練習を担当。本日の5年生の参加者は9名。



最初は、昨日の4年生の練習でも実施した、Tic Tac Toe。約30分。ウォーミングアップと、瞬時の判断、コーチングを養うメニューとして。



続いて監督から、「5年生のボールトラップの技術が全体的に低いので、できればそれを改善するようなメニューを実施して欲しい。」というような感じの引継ぎを受けたので、やっぱり昨日の4年生の練習メニューで行った、FWがゴールを背にした状態で足元に強めのグラウンダーのボールをターンしながらトラップしてすぐさまシュートする練習。



本日もやはり、ゴールの右サイドからのボールを、右足でトラップしながら左足で270度ターンして、すぎさま左足でシュート。逆側も実施。都度、壁に立てかけるセーフティーマットの位置を変更しながら。



3時50分からミニゲーム。10分×2本。体育館の全面を利用。APT(Actual Playing Time)を最大限にするため、壁から跳ね返ったボールはすべてインプレー。(但し、意図的に壁を使うのは禁止)



練習終了、4時20分。



サッカー大好きな子どもが勉強も好きになる本
藤代圭一
ジービー (2018-12-18)
売り上げランキング: 50,500





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2019/11/16) U10


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、お休みの I コーチの代わりに、4年生を担当。本日の4年生の参加者は7名。



最初に選手たちにリフティング練習をしておいてもらって、その間にTicTacToeの準備。



途中、何度かチーム分けを変更して、約40分。本当は30分程度で終わる予定だったのだけれど、選手たちの要望に応えて、10分ほど延長。



続いては、私が1人の選手とパス交換をし、90度ずれた方向から残り6人(3組のペア)がパス交換して横から私たちのボールに当てる練習。いつも担当している2年生だとそんなにボールに当てられることはないのだけれど、4年生にもなると結構ボールにあてられてしまう。フェイント動作を入れるなどして、当てられないように努力はしたのだけれど。



しばらく実施したあと、2m離れた位置にそれぞれボールを置き、まず最初に左側のボールを軽く蹴り、すぐさま右に2m移動して、右側のボールを蹴って、先に蹴ったボールに当てる練習。先に蹴ったボールが弱すぎても強すぎてもダメなので、マーカーなどでゾーンを設定。



次は、ゴールを背にした状態で、足元に強いグラウンダーのボールが来た時に、ボールの勢いを吸収しながら、トラップしながら反転してすぐにシュートする練習。トラップをボールが来たほうに弾いてしまえば、ノーチャンス。足元に収め切っても窮屈な体勢になって強いシュートが打てなくなる。



最初はゴールの真反対側からのボール。その後は左サイドからのボールをゴールを背にした状態で左足でトラップしながら270度ターンして、右足でシュート。最後は右サイドからのボールをやはりゴールを背にした状態で右足でトラップしながら270度ターンして、左足でシュート。



3時30分からミニゲーム(20分間)。練習終了、4時5分。



少年サッカーは9割親で決まる
島沢優子
カンゼン
売り上げランキング: 76,398




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆