FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
2019年のJリーグジャッジリプレイのまとめ


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







2019年にJリーグの公式アカウントにUPされた、Jリーグジャッジリプレイの動画を紹介した記事のまとめです。



最初の頃は、丁寧に補足情報などを載せていましたが、後半は明らかに手を抜いて記事を作っています(笑)。ま、私の補足情報はさておき、元の映像の確認だけでも「振り返り」をどうぞ。



Jリーグジャッジ「リプレイ」VAR編(その1)&(その2)

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #1-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #1-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #2-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #2-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #3-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #3-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #4-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #4-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #5-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #5-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #6-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #6-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #7-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #7-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #8-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #8-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #9-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #9-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #10-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #10-2】(その1)

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #10-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #10-2】(その2)

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #10-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #10-2】(その3)

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #11-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #11-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #12】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #13-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #13-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #14-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #14-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #15-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #15-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #16-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #16-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #17-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #17-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #18-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #18-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #19-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #19-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #20-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #20-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #21-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #21-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #22-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #22-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #23-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #23-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #24-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #24-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #25-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #25-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #26-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #26-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #27-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #27-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #28-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #28-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #29-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #29-2】

ルヴァンカップ決勝VAR大特集(前編)【Jリーグジャッジリプレイ番外編】ルヴァンカップ決勝VAR大特集(後編)【Jリーグジャッジリプレイ番外編】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #30-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #30-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #31-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #31-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #32-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #32-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #33-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #33-2】

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #34-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #34-2】



 



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト



決定機の阻止のサンプル(その21)(2019 J1 第34節 横浜FM vs FC東京 )


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







2019明治安田生命J1リーグ 第34節(横浜F・マリノス vs FC東京)の試合の映像です。





2019明治安田生命J1リーグ 第34節 退場に伴う 朴 一圭選手(横浜FM)の出場停止処分について

【処分理由】
2019年12月7日(土)2019明治安田生命J1リーグ 第34節(横浜F・マリノス vs FC東京)の試合において朴 一圭選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手の自陣ペナルティエリア手前にて、1対1の状況であった相手競技者を反則で止めた行為は、「著しい反則行為」に相当すると判断、1試合の出場停止処分とする。
ただし、同大会の同チームの出場する試合が終了したこと、出場停止処分の対象となる同レベルの大会がないこと、また停止処分となる対象試合が1試合で翌シーズンへ繰り越さないことから、同選手の出場を停止する試合はなしとする。




解説は、【Jリーグジャッジリプレイ2019 #34-2】をご覧ください。





競技規則 2019/2020 第12条 ファウルと不正行為

得点、または、決定的な得点の機会の阻止

競技者が、ハンドの反則により、相手チームの得点、または、決定的な得点の機会を阻止した場合、反則が起きた場所にかかわらず、その競技者は退場を命じられる。

競技者が相手競技者に対して反則を犯し、相手競技者の決定的な得点の機会を阻止し、主審がペナルティーキックを与えた場合、その反則がボールをプレーしようと試みて犯された反則だった場合、反則を犯した競技者は警告される。それ以外のあらゆる状況(押 さえる、引っぱる、押す、または、ボールをプレーする可能性がないなど)においては、反則を犯した競技者は退場させられなければならない。

競技者、退場となった競技者、交代要員または交代して退いた競技者が主審から必要な承認を得ることなく競技のフィールドに入り、プレーまたは相手競技者を妨害し、相手チームの得点あるいは決定的な得点の機会を阻止した場合、退場の対象となる反則を犯したことになる。

次の状況を考慮に入れなければならない:
◦ 反則とゴールとの距離
◦ プレーの方向
◦ ボールをキープできる、または、コントロールできる可能性
◦ 守備側競技者の位置と数




最初のGIF動画の元になっている横浜F・マリノスの公式アカウントのハイライト映像はこちら。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

GLM 超軽量 薄型 PC ノートパソコン を購入!


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



現在、このブログはデスクトップ型(正確にはミニタワー型)のPCで書いています。ブログを書き始めた頃は、dynabookの地デジチューナー付きのノートで書いていましたが・・・。



現在のデスクトップPCをもう少し使う予定ではあるものの、ちょっと安くて使い勝手の良いノートPCを探していました。amazonのレビューを参考に検討した結果、下のノートにしました。




Windows10 Pro 64Bitで、Microsoft Office 2019 (Office 365 Pro) 正規永久版が搭載されていて、面倒なセットアップ作業なしでいきなり使える状態で届きました。(Microsoft Office 2019 Professional なので、Excel、Word、PowerPoint、はもちろん Accessも入っています。) リカバリ(再インストール)時に必要なIDとパスワードも同封されています。

KINGSOFT InternetSecurity (無期限版)もプリインストールされていて、永久ライセンスカードが同封されています。

ちなみにメモリが8ギガで、256メガギガのSSDが搭載されているので、起動はとってもスムーズです。

動画の編集は試していませんが、youtube のJリーグジャッジリプレイは問題なく再生できました。



そのうち、もっと詳しいレビューを書こうと思いますが、まずはスナップショット。

GM_note_pc_003.jpg

この化粧箱にプチプチ(エアーパッキン)が1重巻かれた状態で送られてきたので、「マジ?」と思いましたが、問題なく動きました。



GM_note_pc_002.jpg

アダプターが結構小さいのはありがたい。



GM_note_pc_001.jpg

「薄型」というのは感じますが、「超軽量」というほどは軽くないように思います。











にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2019/12/22) 蹴り納め


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ






本日は、わが団の2019年の練習の最終日。そう、蹴り納め。



私は、家の用事で1時間遅れで練習に参加。私が到着したとき、ちょうどグランドの半分(40×60m)の広さで、紅白戦が開始となった。最初の試合は、1年生と一部の2年生を半分に分けて対戦。私とBコーチが、ゴールキーパーとしてピッチに入って、監督がレフェリー。15分ハーフを2本。



その後、続けて3年生と2年生の一部で紅白戦。私は再びゴールキーパーとして参戦。(反対側はSコーチ) この紅白戦は選手の人数は6対7だったので、積極的にプレーに参加。この試合も15分ハーフを2本。



その後、4年生 vs 5年生の紅白戦。(この間、休憩していたら汗が引いて体温が奪われました。)



選手たちは、それぞれの紅白戦のあと、育成会の保護者の皆さんが用意してくださったお菓子の詰め合わせをもらって解散(帰宅)。



それでは、2020年1月5日の初蹴りで、会いましょう!!!




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

審判記録(2019/12/15) 主審 × 1.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ








本日は、所属する地区の協会から派遣されて、社会人(シニア)の公式戦の主審を1本担当。副審は、同じく協会派遣で、お二人とも3級。試合前に、もちろんしっかり打ち合わせを実施。



試合中の主な出来事。

中盤の右サイド、ほぼハーフウェーライン付近のタッチライン沿いでの出来事。ボールも選手も右サイドにかなり寄った状態になっていた。しばらくして攻撃側の右の中盤の選手がタッチライン沿いに、右のFWの選手に縦パスを出した。その選手の5mほど先には守備側競技者がいて、縦パスを阻止するべくタッチライン側に身体を少しずらしたものの、ボールはその守備側競技者の腰の付近をかすめたものの結果として攻撃側のFWの選手にパスが通た形となった。



しかし、その攻撃側FWはオフサイドポジションにいたようで、副審がすぐにフラグアップ。



瞬間的に、「意図的なプレー」だとしてフラグアップをキャンセルすることも考えたのだけれど、結構至近距離で強い(スピードが速い)ボールで、守備側競技者は身体をライン側に寄せてパスコースを狭めるのが精一杯で、とてもボールをプレーするという余裕は感じられず、また、副審のフラグアップを確認した守備側競技者が明らかにボールを追うの止めていたのも感じ取れたため、笛を吹いて、オフサイドをコール。



記事を書きながら振り返っているのだけれど、守備側競技者は攻撃側中盤の選手によってボールが蹴られてから身体をボールの方向に動かしたというよりは、縦パスが蹴られることを予測して、ボールが蹴られる前からタッチライン側に身体を移動させていた中で、ボールが腰付近をかすめた感じなので、「(守備側競技者からの)跳ね返り」でオフサイドにして問題なかった、と思います。



でも、もしボールがひざより下側をかすめていたら・・・、う~ん、瞬間的に「意図的なプレー」と「跳ね返り」を判断するのって、難しい。



右のコーナーエリアから5mほどゴール側に入った場所から攻撃側チームのフリーキックとなり、セレモニー形式で再開することになった。



再開場所を確定し、キッカーにボールをセットさせてから、壁の操作に入った。かなり壁が既定の位置より前だったので、私が身体の横に出している左腕に当たるまで、壁の2人に下がるように指示して待っていたところ、私に近い位置側にいた選手に左足の甲を思いっきりスパイクで踏まれてしまった。あー痛かった。(涙)



下がるように指示しているときは、近い側の選手の足に注意しましょう、皆様。



反省材料としては、けが人(ボールを同時に蹴ってしまってひざを負傷した選手)の対応(ベンチから医療スタッフを呼び入れる)が少し遅れた(副審1のAさんに言われるまで、ベンチに声を掛けなかった)のが1番大きい反省材料。



「たいしたことがないだろう、すぐに復帰できるのでは?」と思い込んでしまったことと、ベンチ側のタッチラインまで30cmのところだったので、ダメ(プレー続行ができない)なら、そのままタッチラインの外に出てもらえばいいか、と思ってしまったのだけれど、相当痛かったようで、人の手を借りないと動けないほど重傷だった様子。ケガの程度の判断を誤りました。反省。



といったところが本日の主な出来事。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

EAFF E-1 サッカー選手権 2019 決勝大会 第3節 日本代表 vs 韓国代表(2019.12.18)の試合データほか


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ









Jリーグのサイトはこちら

日本協会のサイトはこちら

東アジアサッカー連盟のサイトはこちら




主審:イルギス タンタシェフ さん(ウズベキスタン)
副審1:コー ミンキアット さん(シンガポール)
副審2:ジョージ ラクリンディス さん(オーストラリア)
第4の審判員:ムハンマド タキ さん(シンガポール)



イルギス タンタシェフ主審が提示したイエローカードのみ確認しておきます。



前半39分20秒付近。

日本代表8番(井手口 陽介選手)に出されたイエローカードは、ラフプレー。不用意に肩より上に上げてしまった腕(肘)が、後方からアプローチしてきた韓国代表5番(ソン ジュノ選手)の顔面を捉えてしまい、それが「無謀なストライキング」と見なされました。もったいないプレー。



後半7分23秒付近。

韓国代表18番(イ ジョンヒョプ選手)に出されたイエローカードもラフプレー。ボールをプレーし終えた日本代表22番(橋岡 大樹選手)の後方から遅れてアプローチした上に、更に左足で橋岡選手の左足を刈っています。明らかにボールがなかったほうの足なので、レッドカードでもおかしくないプレーだと思います。



どうも、このイルギス タンタシェフ 主審のラフなプレーに寛容というか「過剰な力で」の基準が高すぎるような気がします。中国戦のカンフーサッカーもイエローどまりだったし・・・。







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

EAFF E-1 サッカー選手権 2019 決勝大会 第3節 日本女子代表 vs 韓国女子代表(2019.12.17)の試合データほか


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







日本協会のサイトはこちら

東アジアサッカー連盟のサイトはこちら



主審:ジャクウィッツ さん(オーストラリア)
副審1:モハマド ナシル さん(シンガポール)
副審2:ヒンチョン さん(タイ)
第4の審判員:羅碧芝 さん(香港)

※審判団の情報は、フジテレビの画面の表示より。



前半19分53秒付近。

韓国代表13番(JANG Chang選手)に出されたイエローカードは、LIVE映像では確認できていませんが、リプレイ映像を見る限り、反スポーツ的行為。日本代表17番(三浦 成美選手)が、恐らく中盤右サイドをドリブルで突破しようとしていたところを、戦術的に押さえてチャンスを妨害したことが、
◦ 相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害、または阻止するためにファウルを犯す。ただし、ボールをプレーしようと試みて反則を犯し、主審がペナルティーキックを与えた場合を除く。(反スポーツ的行為)
に抵触したという判断。



前半43分02秒付近。

日本代表15番(田中 美南選手)に出されたイエローカードは、ラフプレー。韓国代表13番(JANG Chang選手)がスライディング気味にボールをプレーし終えたところに、アフターでタックルした行為が、「無謀に」行われたと判断されました。しかも、(回避行動はとっているように見えるものの)スパイクの裏を相手選手に当ててしまっているので、イエローカードが出るのは妥当なところです。



後半40分41秒付近。

韓国代表4番(SHIM Seoyeon選手)に出されたイエローカードは、反スポーツ的行為。

後ろにゴールキーパーがいる状態なので、DOGSOは否定されます。SPA。
◦ 相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害、または阻止するためにボールを手または腕で扱う。(反スポーツ的行為)
に抵触したという判断なのですが、2019/2020年度の改正で、ハンドリングの反則の部分が変わっているので、注意が必要です。



競技規則 2019/2020 第12条 ファウルと不正行為

ボールを手または腕で扱う
競技者が次のことを行った場合、反則となる。
(中略)
これらの反則を除き、次のようにボールが競技者の手や腕に触れた場合は、通常は反則ではない:
◦ 競技者自身の頭または体(足を含む)から直接触れる。
(後略)


と明記されたので、「ん?セーフじゃないの?」と思ってしまいがちなのですが、その前の部分に、



競技者が次のことを行った場合、通常は反則となる:
◦ 次のように手や腕でボールに触れたとき:
・ 手や腕を用いて競技者の体を不自然に大きくした。
(後略)




つまり、
「脚(太もも付近)に当たって跳ね返ったボールが腕に当たっているので、一瞬セーフのような気がするのだけれど、そもそも腕を広げて自分の体を不自然に大きくしている状態だったので、この場合の腕はアウトですよ~。」
という主審の判断だと思います。



ま、シュートコースに入ってブロックの姿勢をとるのであれば、腕を後ろにまわして、できれば後ろで腕を組むというのがハンドリングを取られないコツというか大原則になりますね。(後ろにGKがいなければ、DOGSOで「PK+退場」になってしまいますから。)



ということで、カードが出ている部分のみ、大急ぎで録画を確認しました。



 



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

【Jリーグジャッジリプレイ2019 #34-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #34-2】


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ






2019年12月13日にJリーグの動画サイトにUPされた、Jリーグジャッジリプレイ2019 #34 の映像の紹介です。



ポドルスキ選手の転倒はPK?【Jリーグジャッジリプレイ2019 #34-1】

明治安田生命J1リーグ第34節 神戸vs磐田、ポドルスキ選手(神戸)がPKを獲得したシーンをピックアップ。古橋選手(神戸)の左サイドからの折り返しをダイレクトでシュートを狙ったポドルスキ選手、ビジャ選手(神戸)。後方からそれを阻止しようとエベシリオ選手(磐田)が懸命なディフェンス。結果、ポドルスキ選手は体勢を崩し転倒したため、主審はPKの判定を下しました。映像で振り返ると、エベシリオ選手のとポドルスキ選手の接触はあるものの、ポドルスキ選手の足を払ってしまったのばビジャ選手だったのでは?という疑問が。レフェリーは何を見てファウルの判定を下したのか、上川 徹が徹底解説します。






優勝が懸かった大一番 パク イルギュ選手がDOGSOで退場【Jリーグジャッジリプレイ2019 #34-2】

今シーズンの優勝を分ける最終戦、明治安田生命J1リーグ第34節 横浜FMvsFC東京の試合から横浜FMのGKパク イルギュ選手に退場の判定が下されたシーンをピックアップ。大一番でGKの退場という大きな決断を下すことになった審判団。最初は流されたこのプレーが警告→退場と判断が変わりました。結果的には横浜FMが優勝を成し遂げましたが、今期の優勝を左右しかねない大きな決断を下した裏側にはどのような判断があったのか。DOGSOの4要件を満たしていたのかを再検証。今シーズンのジャッジリプレイを締めくくるにふさわしい充実の議論にご注目ください。Jリーグアウォーズで表彰された今シーズンの最優秀主審、副審についても取り上げます。




 



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

練習内容(2019/12/15) U7


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







本日は、朝から協会の審判割り当てを受けて、シニアの試合の主審を務めていたため、団の練習には1時間30分遅れで参加。今月は、週末に協会の割り当てや仕事、更には家の都合、体調不良などでほとんど練習に参加できていなかったので、かなり久しぶりの練習参加。



私が到着したとき、2年生の練習は監督が担当してくれていました。監督がパントキックおよびドロップキックでのバー当て(ゴールのクロスバーを狙うこと)メニューを実施していたので、最初はそのお手伝い。



2時45分からは、私が単独で担当。本日の2年生の参加者は、6名。ちょっと少な目。子供会の行事に参加している選手も何人かいた様子。(わが団の場合、基本的に子供会や家庭の行事で団の練習を休むことはまったく問題ありません。)



今日練習した内容を選手たちから聞いて、まだ「1対1」をやっていない、ということだったので急いで小さなピッチを作って、1対1を実施。6人なので全員が全員と対戦するのを3セット実施。得点されたら罰ゲームが2倍、どちらのゴールにもボールが入らず、ボールがピッチから出てしまったら、両者罰ゲーム。
(罰ゲームの内容は、1回戦目:腕立て伏せ1回、2回戦目:腕を伸ばしてグー&パーを10回、3回戦目:大の字ジャンプ1回。)



続いて、強めのグラウンダーのパスをワントラップして、シュートする練習。とにかくクッションコントロール(別に言葉を覚える必要はなし)をしっかり身体で覚えてもらうために、何度も何度も繰り返しの練習。たまたま、今日は左利きの選手が2人ともお休みしていたので、左足でトラップして右足でシュートするというパターンを中心に練習。



3時30分から、20分間ミニゲーム。ただし、基本アウトオブプレーにならない方式(倒したコーンに後ろからでも横からでも当たれば得点となる方式で、タッチライン&ゴールラインなしのピッチ)で実施。



練習終了、4時5分。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

EAFF E-1 サッカー選手権 2019 決勝大会 第2節 日本代表 vs 香港代表(2019.12.14)の試合データほか


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ






東アジアサッカー連盟がUPしているハイライト映像はこちら。






Jリーグのサイトはこちら

日本協会のサイトはこちら

東アジアサッカー連盟のサイトはこちら



主審:ヤーコブ さん(マレーシア)
副審1:ムハマド さん(マレーシア)
副審2:ゴールドリック さん(オーストラリア)
第4の審判員:エヴァンス さん(オーストラリア)



ヤーコブ 主審が提示したイエローカードは1枚。



前半30分03秒付近。

香港代表17番(チャン シウクワン 選手)に出されたイエローカードは、ラフプレー。ボールをプレーし終えた日本代表16番(相馬 勇紀選手)に遅れてタックルした行為が「無謀に」行われた、という判断。身体を強く当てたタックルではなかったものの、相馬選手の足の軌道上にスパイクの裏を置きに行っていたので、アウトです。



取り急ぎ、カードが提示されたところのみ。



  



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆