FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
FUTURO 2013 - Learning Modules - Severity of Fouls - Video Examples より(その2、Video2)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



少し古い教材なのですが、ファウルおよび懲戒罰の判定の練習にどうぞ。

Video 2



今回のシリーズは、アンケート形式にしませんので、あしからず。正解が見えてしまわないように、改行を入れておきます。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 




FIFAの見解は、
Video 2 - Reckless Tackle (Yellow Card)
This should be a yellow card for a reckless tackle. The right foot comes down and makes contact at the ankle / leg. If the contact starts to come up higher on the leg, a red card should be considered.
判断としては、「無謀なタックル(イエローカード)」
理由としては、「右足が下がって足首/脚に接触している。もし接触が脚のより高い位置であったならば、レッドカードが提示されるべきだった。」

です。
※『』内を範囲選択すると、白文字が反転して解説をご覧になることができます。




この記事は、
WV(West Virginia ) Soccer State Referee Program の
FUTURO 2013 - Learning Modules - Severity of Fouls - Video Examples
を元に作成しています。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。





  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

スポンサーサイト



FUTURO 2013 - Learning Modules - Severity of Fouls - Video Examples より(その1、Video1)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



少し古い教材なのですが、ファウルおよび懲戒罰の判定の練習にどうぞ。

Video 1



今回のシリーズは、アンケート形式にしませんので、あしからず。正解が見えてしまわないように、改行を入れておきます。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 




FIFAの見解は、
Video 1 - Reckless Tackle (Yellow Card)
The left leg sweeps through on the ground after the ball is played.
判断としては、「無謀なタックル(イエローカード)」
理由としては、「ボールをプレーしたあと、左足が地面をスイープして(相手の足をすくって)しまった」

です。
※『』内を範囲選択すると、白文字が反転して解説をご覧になることができます。



この記事は、
WV(West Virginia ) Soccer State Referee Program の
FUTURO 2013 - Learning Modules - Severity of Fouls - Video Examples
を元に作成しています。


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。





  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

DOGSO大特集 大﨑選手のプレーはDOGSO?【Jリーグジャッジリプレイ2020 #5】


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







DOGSO大特集 大﨑選手のプレーはDOGSO?【Jリーグジャッジリプレイ2020 #5】



新型コロナウイルスの影響でJリーグは中断中ですが、今週もジャッジリプレイは配信中!今回のテーマは昨年大きな反響をいただいた「DOGSO」(徹底的な得点の機会の阻止)。2019年のJリーグで発生した事象を比較しながら、DOGSOの4要件を再確認していきます。そして今回はスペシャルゲストとして那須 大亮さんが番組初登場!J1通算400試合出場という素晴らしい記録を達成した那須さんの貴重な懐かし映像も見られる今回のジャッジリプレイは必見です。



やっぱり深野さんの解説は分かりやすくて良いですねぇ・・・。



副審のオフサイド判定もそうですが、サッカーの審判は、「瞬間の映像」を脳内で巻き戻して再生する能力を求められます。



もし、脳内で「瞬間の映像」を巻き戻して再生する能力を鍛えたいという方は、米国プロ審判協会のオフサイド・テストのページがトレーニングに最適です。

https://www.proassistantreferees.com/perception-test-5/

選択肢を選ぶとすぐに正解は「緑」、不正解なら「赤」(実際にはピンク?)に反転するので、正解・不正解が瞬時に分かります。ちなみに、No.15(&16)、No17(&18)は「激ムズ」です。(フラッシュラグをしっかり補正できないと正解は選べません。)







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

EP-706A が活動停止に・・・。


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







本日の更新は、完全に自分用のメモです。



2014年の12月に、1年落ちで新品購入したエプソンのプリンター(EP-706A)が、
『廃インク吸収パッドの限界エラー』
を表示して、活動を完全に停止してしまいました。(あれ、間もなく廃インク吸収パッドの限界になるよ、っていうアラームはいつ出てたんだっけ・・・。ま、EP-710を購入済みだったので、あまり意識していなかった・・・。)



印刷している最中に、急に活動停止になるので、ほんとに質が悪い。



バラシて廃インク吸収パッドをクリーニング(洗って乾かすか、コットンパフなどで置き換える)して、リセットツールを千円ほどで購入してリセットする方法もあるようなのだけれど、EP-706Aは丸5年使ったし、未開封のEP-710Aの箱も邪魔になっていたので、今回はそのままリプレースすることに。(平日の夜中だった、ということもあります。)



家の中に、PCが増えてきたので、もう一台プリンターを増設するのもアリかな。そうすれば、1台が活動停止しても困らないだろうから。



 ← とりあえず、現行モデル。2020年モデルが出て値段が下がったら(11月頃?)購入しようかな、と。



ん、EP-712Aって、L版写真の印刷コスト29.5円なんだ。(ちなみに、EP-711以前は26.5円。)ま、私の場合、写真は写真屋さんで印刷しているので、そもそも純正のインクを使ってませんけどね。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

CELLSTAR レーザ受信機 AL-01(レーザー式オービス対応) という商品


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







今のところ、まだレーザー式のオービスを見かけたことはない(気がする)のですが、近所のループコイルやHシステムのオービスがどんどん撤去されているのを目の当たりにすると、これからお見かけすることが増えてくるのかなぁ、と。



レーザー式オービス対応の探知機がいっぱい出てきましたねぇ・・・。



とりあえず、レーザー式オービス対応の探知機としては、

  

こんな感じの値段。



ブログで確認したところ、3年半前に1万3千円くらいで、コムテックの ZERO600Vという製品を購入していました。(過去記事 「コムテック レーダー探知機 3.2インチ液晶・Gセンサー搭載 ZERO600V(リモコン付) という商品」 参照)



今レーザー式オービス対応の物に買い換えるのはちょっとコストパフォーマンスが悪いなぁ・・・、と思っていました。で、よくよく調べてみると、セルスターからレーザー式オービスのみに反応する受信機が出ていることを発見。



これならレーザー対応の探知機の半額以下で購入できるので、しばらくコムテックのZERO600Vと併用することに。



ちなみに、外部入力付きのセルスター製のセーフティーレーザーをお使いの方は、そちらから電源がとれます。私はコムテック製なので、シガーソケットから電源をとらなくてはなりませんが。



以下、スナップショット。

cellstar_LA01_001.jpg

cellstar_LA01_002.jpg

cellstar_LA01_003.jpg




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

遠藤選手(長野)のプレーはハンドの反則?【Jリーグジャッジリプレイ2020 #4-1】ゴール前の加藤選手(群馬)はオフサイド?【Jリーグジャッジリプレイ2020 #4-2】


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







2020年03月20日(金)に、Jリーグの動画サイトにUPされた映像の紹介です。

遠藤選手(長野)のプレーはハンドの反則?【Jリーグジャッジリプレイ2020 #4-1】



新型コロナウイルスの影響でJリーグはまだ中断中ですが、今週もジャッジリプレイは配信中!今回のテーマは「ハンドの反則」。昨シーズンの競技規則改正で、一部のケースでは自分の体から直接手にボールが当たった場合はハンドの反則とはならない、との変更がありました。昨シーズン中に発生した似たような2例を比較し、どのようなケースはハンドの反則となりどのようなケースはならないか、理解を深めます。キーワードは「意図的なプレー」。



あくまで、個人的な見解ですが、遠藤選手(長野)は滑り込みながら少しは自分の体を大きく見せることを期待した位置に右腕をもっていっているんじゃないかなぁ、という気がします。つまり、競技規則的には、「・手や腕を用いて競技者の体を不自然に大きくした。」を適用すべきシーンかな、と。



そうすれば、意図的かどうかなんて考えなくても、「通常は反則」で済む話になるのですよねぇ・・・。



ゴール前の加藤選手(群馬)はオフサイド?【Jリーグジャッジリプレイ2020 #4-2】



先週お届けしたオフサイド特集を受けて、サポーターの方からご投稿いただいた2019明治安田生命J3リーグ 第11節 群馬 vs鳥取 13分のシーンが今回のテーマ。ヘディングシュートをゴール前でプッシュしに行った加藤選手(群馬)のポジションはオフサイド。ボールに触れば確実にオフサイドとなるシーンですが、加藤選手はボールに触れずそのままゴールイン。この場合、相手競技者への影響を与えたかどうかがオフサイドの判定の分かれ道となります。主審、副審はどのようにこのプレーを見たか。またどのように判定されるべきだったか、オフサイドへの理解を深められる面白い事象です。


 ← 割り当ても団の練習もないので、ドローンでも買って操作の練習でもしようかな。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

Inside Video Review: Week 2(2020)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







Inside Video Review: Week 2



1つめの映像。

主審の死角で行われたプレーがハンドリングになるのかどうか。ハンドリングの場合、DOGSOになるのかどうか。プレーが切れず、ハンドリングの反則を犯したチームのほうが得点してしまった、というケース。最終的に得点は認められず、ハンドリング(手が肩付近まで上がっているし、手が明らかにボールの方向に動いています)がDOGSOとなりました。


2つめの映像。

2019/2020ルールより、競技者から跳ね返ったボールがナチュラルポジションの手や腕に当たった場合、原則反則とはならなくなりましたが、攻撃側の相手ゴールに直結した場合に限り反則となる、というルールが適用されたケース。



3つめの映像。

日本協会は、PK時のゴールキーパーの飛び出しに関しては、あまりシビアにとらない、という感じでしたが、米国プロ審判協会は、結構シビアにとっているような気がします。



4つめの映像。

最初は飛び込んだほうのファウルかな、と感じていましたが、よくよく映像を見てみると、突っ込んでこられたほうが、相手の足をスパイクの裏で踏みつけていた、というプレー。

VARはレッド相当として、レビューをレコメンド。レビューを確認した主審が、「(主審自身が下した)『ノーファウル』の判定は確かに間違いだが、VARの『レッド相当』の判定も正しくない。レビューを見た結果として、『イエローカード』を提示することにした。」という映像。

もっとも妥当な判定だと思いますが、VARは「レッドカードか否か」にしか介入できないことになっているハズなので、これでイエローカードを提示するのはアリなんでしょうかねぇ・・・。(一応、Definitive Angleの記事でも、この場合はイエローカードは正しい結果だと書かれていますが・・・。)

ま、「明らかな間違い」であることは間違いない。



上記4つの映像については、米国プロ審判協会の別の独立した記事
The Definitive Angle: MLS Week 2
でも触れられていますので、ぜひそちらもご覧ください。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。





  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

ゴール前のパトリック選手はオフサイド? 【Jリーグジャッジリプレイ2020 #3】


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







2020年03月13日(金)に、Jリーグの動画サイトにUPされた映像の紹介です。DAZNの番組のほうでは、プレミアリーグ(?)のオフサイド判定(?)に関する内容もあったようですが、著作権関係の問題でしょうか、youtubeにUPされている映像ではカットされているようです。

なので、吉田さんの「さっき言ったオフサイドの項目を1つ1つ消していくと、どれも該当しない・・・。」(3分50秒~)というくだりのつながりが今一つこの映像の魅力を減少させている感が否めませんが、それでも吉田さんの解説の分かりやすさが溢れた映像になっています。

ゴール前のパトリック選手はオフサイド? 【Jリーグジャッジリプレイ2020 #3】



新型コロナウイルスの影響でJリーグは中断中ですが、ジャッジリプレイは毎週配信。 今週はオフサイド特集です。2019シーズンに発生したオフサイド関連の事象を題材に、オフサイドへの理解を深めます。2019明治安田生命J1リーグ第1節 広島vs清水、サロモンソン選手のゴールのシーン。豪快なシュートがゴールネットに突き刺さりましたがGKの前にはパトリック選手が。パトリック選手は相手GKに影響を与えたのか?2019JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第5節 G大阪vs清水の三浦選手のゴールのシーンも扱います。

吉田さんの、「私がレフェリーだったらどこを見ているか、ということを説明していいですか」の言葉のあとに続く、攻撃側選手がゴールに向かってシュートを放つタイミングでの主審が意識しなければならない項目は、非常に参考になります。



そうそう、吉田主審といえば、黄色のFOX40を愛用されていました。クラッシックのほうなのか、ミニのほうなのかまでは調べていませんが・・・。

 

↑ 左がFOX40クラッシック、右がFOX40ミニ。amazonの写真ではミニのほうが大きく見えますが、実際は名前の通りミニのほうが小さいです。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

2020 SheBelieves Cup 日本女子代表 vs アメリカ女子代表 (2020.3.11)の試合データほか


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







2020 SheBelieves Cup では、第2戦のイングランド戦でも、両チームに1枚づつカードが出ているようなのですが、録画をし損ねてしまったので、第3戦のアメリカ戦のみ記事化しておきます。



日本協会のサイトのこの試合のデータはこちら


相変わらず、日本協会のサイトでは、審判団の情報はなし。


ということで、BS1の画面を元に、審判団の情報を記載しておきます。


主審:ボルハス さん(ホンジュラス)
副審1:パレージョ さん(ホンジュラス)
副審2:ブリオネス さん(メキシコ)
第4の審判員:グスマン さん(ニカラグア)


ボルハス主審が提示したイエローカードは、3枚。カードの部分のみを振り返っておきます。




(押さえる反則なので、ファウルの強さの程度で出される)ラフプレーではなく、あくまでペナ内に切り込まれるのを防ぐために、戦術的にファウルで止めた(チャンス潰し)でのカードとなります。




遅れ気味に入ったタックルが深く入ってしまったので、ラフ。




最後に足を上げていなければ、接触の程度は軽かっただろうし、ボールもフリーな状態にいたアメリカの味方選手に渡っていたので、プレーは止められずそのまま(カードなしで)アドバンテージが適用されていた可能性も。







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆

Inside Video Review: Week 1(2020)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ








Inside Video Review: Week 1



1つめのオフサイドの判定の映像は、フリーキックからのボールは問題なし。そのあとの頭で合わせたボールに対するオフサイド。


2つめは、下がったオフサイドラインに吸収されて、見かけ上オフサイドではなかったように見えるパターン。もちろんオフサイド。


1つめも2つめも、どちらもFACT(事実)であるので、レビューは必要がないように思われますが、VARはレビューをレコメンドしてます。


3つめ、4つめもオフサイド。こちらは、レビューをしていないようですが・・・。


5つめは、世界中で「なぜレッドカードではないのか?」と話題になったプレー。ゴールに向かって蹴られたボールが、「間違いなくゴールに入る」と判断できるだけの条件が整っていない、と判断して私もイエロー止まりにするだろうなぁ、と思っていました。



米国プロ審判協会は、
The Definitive Angle: MLS Week 1
の記事の中で、イエローカードが正しい判断だったという理由を、すごく丁寧に解説しています。(下に転載しておきますので、ご自分で読んでご確認ください。)



以下、前述の米国プロ審判協会の記事より転載

PRO’s Decision: The non-red card for Willis was the correct decision for the following reasons:

・The Laws of the Game state a player should be sent off if he/she deliberately handles the ball (including the goalkeeper outside the penalty area), which either denies a goal or denies an obvious goalscoring opportunity.

・In this situation, Barco had a shot towards goal from near to the halfway line, approximately 55 yards from the goal. The ‘opportunity’ was taken at the moment the shot was hit (there was no further ‘opportunity’ as there were no other Atlanta United players ahead of the shot who could have run onto the ball after it was struck towards goal). Within the commonly-accepted practical application of the Laws of the Game, after a shot has been made towards goal, any subsequent offense is not considered DOGSO (Denial of an Obvious Goalscoring Opportunity) but is considered under the other part of the law, namely was a goal denied. As such, in this case, there was no DOGSO, but consideration had to be given as to whether a goal was denied.

・The key question is whether the goalkeeper denied a goal by handling the ball outside the penalty area? For this offense to be penalized, the referee would need to have a level of certainty that the ball was entering the goal. This is much easier to conclude when the offense takes place nearer to goal, but at 55 yards out, it’s very difficult to know.

・In this case, there was a defender chasing back who, in the opinion of the referee, was likely to have been able to intercept the ball prior to it reaching the goal, if the shot was on-frame.

・The handball offense ‘may’ have stopped the ball going into the goal, but equally, it may not have. The ball may have fallen short of the goal, or have gone wide, or the defender who was chasing back may have intercepted it. The Laws of the Game don’t state that a player can be sent off who ‘may’ have stopped a goal; they state that a player will be sent off who denies a goal. The uncertainty in this case caused by the distance from goal and the deep position of the defender who was chasing back resulted in the referee correctly concluding that he could not penalize the goalkeeper for an offense of denying a goal.


転載ここまで。







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

☆ 関連するタグ ☆