FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判はゴールキーパーがボールを手でセービングしたからといって油断してはいけません、という例。



サッカーのコーチング系のブログならこちら
にほんブログ村 サッカーコーチ・技術
もどうぞ。

 

審判(主審)を担当している時に、ゴールキーパーがボールを手で捕球したのを確認したら、次の争点であるパントキックの「落下点を真横から監視できる位置」に速やかに移動しなければなりません。 

 

なぜ「落下点を真横から監視できる位置」なのか、というお話は別の記事で書くことにしたいと思いますが、今日は、次の争点を意識しすぎるあまり、ゴールキーパーがボールを手で捕球したからといってボール(ゴールキーパー)から目を離してはいけませんよ、という例です。(ま、紹介する映像は珍プレーといえば、珍プレーなのですが・・・。)


YouTube: Goalkeeper Scores Worst Own Goal Ever

 

(下は、予備の映像です。上の映像が削除されたり閲覧できないときにご覧ください。)


YouTube: The Worst Goalkeeper in Football History!!! - Sports Fails - Football Bloopers

  

これは、ゴールキーパーが自分でファンブルしているだけなので、完全なオウンゴールですが、相手の攻撃側競技者による反則行為(たとえば、ボールを保持しているゴールキーパーの手や身体に自分の身体を当てるような行為)があったのなら、ゴールを認めることはできません。   

 

ということで、選手としてサッカーをプレーしたことのある方なら、指導者から耳にタコができるくらい「ボールを見ながら下がれ」と言われた経験があると思いますが、主審もやはりボールを見ながら予測される落下点を真横で監視できる位置へ移動する癖をつけておかないと、オウンゴールなのか、攻撃側の不正行為があったのかを見極められず、大変なことになりますよ~、というお話です。

  

サッカー審判系のブログは、こちら
にほんブログ村 サッカー審判 
にもあります。

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ  ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



 
スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1127-edd91226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック