3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
イエローカードをもらわないようにしながら、ペナルティーエリア周辺での相手チームのクイックスタートを防ぐ方法

   

先週の土曜日のお話。

 

ペナルティーエリア付近で、ファウルをしてしまった場合に、審判からイエローカードを喰らわずに、相手チームにクイックスタートされてしまわないようにするには、というテーマで勉強会(?)をしてきました。二男の中学校で。

 

たまたま、団の練習がなかったのと、二男の部活の練習が午後からという2つの条件が揃ったので、二男経由で新キャプテンに打診したところ、「ぜひ」というお返事をいただいた。

  

基本的には、過去記事 「フリーキック時の壁の操作(その2)」 を選手目線に置き換えて説明&デモしてきただけなんですけれど、その勉強会(?)の内容を記事にしておきます。  

 

 

「守備体制が整うまでフリーキックが開始されない」 ことが最終目標(テーマ)。

そのためには、

相手キッカーが主審に「壁が近い」とアピールし、主審が試合を停止して「壁の操作」に入ってくれれば目標達成。(規定の距離下げたあとのフリーキックによる再開時は、必ず「笛」が必要になるため。)

 

 

以下、あくまで私の個人的な見解に基づいて書いています。参考にしていただいても構いませんが、書いてある通りに指導(あるいは実施)したら、審判からイエローカードで警告された、ということになっても、私は責任は負いませんので、ご了承ください。

 

まず、クイックスタートが認められる条件を確認しておきます。

1)正しい再開場所からスタートされる

2)ボールがきちんと停止した状態からスタートされる

3)フリーキックのもととなるファウルが、懲戒罰の対象となる反則ではない

これら3つの条件が全て揃った時のみ。 

 

なので、この条件を満たしていなければ、クイックスタートが不正に行われた、と守備側は主審にアピールすることは可能です。もちろん、そのアピールが通るかどうかは別問題ですが。(特に再開場所は、主審によってかなり許容範囲が異なるので。)

  
 

まず、ボールに最も近い選手(通常、ファウルをしてしまった選手であることが多い)は、再開ポイントとゴールの間に立つ。そしてクイックスタートに備えてボールを見ながら、少しずつゆっくり後退する。(クイックスタートを警戒しながらゆっくり後退して規定の距離離れようとしているので、基本的に警告されることはないハズ。)

 

間違っても、主審がボールから離れるように指示しているにも関わらず、ボールの前に立ちはだかったまま動かずにいる(規定の距離違反)、ということはしないことと、もし万一相手チームがクイックスタートした場合も、規定の距離離れていない状態で足を出してボールをインターセプト(遅延行為)しないことを確認。

 

あくまでキッカーに「邪魔だなぁ~」と思わせることだけが目的。

 

続いて、その他の守備側選手の動きを確認。まずは、主審によって試合が停止され、フリーキックが笛で再開されることが明示されるまでは、基本的に相手チームがクイックスタートをしかけてくる可能性を考慮しながら、既定の距離より少し前と思われる位置に移動し壁の役割をする。

 

(二男達のチームの選手で実際にロールプレイングをしてみたところ、明らかに 9.15m 以上離れて壁を作ってしまっているケースが・・・。壁が規定の距離より遠い場合は、主審は試合を停止しないからねっ!)

 

この2本立てで、セレモニー形式でのフリーキックの再開となることを狙う。しかし、それでも相手チームがクイックスタートをしかけてくる可能性はあるので、じゅうぶん注意する。

 

以上の動作をすれば、審判からイエローカードで警告されずに、相手チームのクイックスタートを阻止できる可能性が高まります。

 

クイックスタートの可能性が消滅したら、あとはゆっくり自分たちが守りやすい体制を整えます。

 

実際に、ゴールキーパーが素早く壁の枚数を指示し、更に位置を微調整するといったところも、選手達にロールプレイングさせて、やり方を伝授。1回だけではなく、何回もロールプレイング。

 

最初は、右サイドから崩された場合を想定してロールプレイング。

 

基本的な動きが確認できたあとは、実際の流れの中に近い状態で実施。

 

攻撃側は横パスでボールを回しておき、縦に突破してきたところでわざとファウル(今回は怪我しないようにホールディングやプッシングの反則)をして、そこで笛を吹いて、セレモニー形式の再開を狙う動作を行って、壁を作って、壁が下げられて、笛で再開後フリーキックという一連の流れを、何度もロールプレイング。

 

それから、ゴールエリア内でバックパスを手で捕球してしまった場合、などゴールエリアの境界から行われる相手チームの間接フリーキック時の守備の仕方などもレクチャー。

 

あとは、その他の知らないとイエローカードで警告されることを一通り簡単に説明。

 

例えば、審判の判定ミスに対するリアクションの取り方など(こんな反応は異議とみなされる可能性があるけれど、これなら全然問題ないとか、審判に媚を売る必要はないけれど、審判を敵に回す必要はない、といったような内容など)を伝授。

 

60分間ほどを予定していたのだけれど、質疑応答が終わって気がつけば、90分経っていました。

 

みんな熱心に聞いてくれてありがとう。まもなくはじまる新人戦で頑張ってね~。

 

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。

 


☆ 関連記事 ☆

「フリーキック時の壁の操作(その2)」

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。




スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1157-c0518d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック