3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
アドバンテージの適用やクイックスタートの保障ばかりを意識し過ぎてもいけない・・・2010 Referee Week In Review Week 1 Clip2


 

今日のお話は、難易度がやや高めのお話です。

 

このブログでは、ファウルが行われた場合、慌てて笛を吹かずに、ちょっと様子を見てアドバンテージが適用できそうなら「アドバンテージを適用」してあげましょう、とかファウルされた側がクイックスタートする権利を保証してあげましょう、というような記事を書いています。

 

しかし、あくまでこれらを実行するには状況に応じた判断が必要です。

 

今日の映像は、素早い笛が、続けて起こる別のファウルを未然に防ぐこともありますよ、という例のようです。

2010 Referee Week In Review Week 1 Clip2
 

  

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 本日分のクリックはお済みですか?

 

四つん這いになってボールを足で抱え込んだので、相手競技者に満足のいくプレーをさせず、また自らを危険に晒しているので相手チームに間接フリーキックの権利が与えられる反則です。(過去記事 「四つん這いのままプレーを続けたら・・・。」 参照)

 

しかし、主審の笛が遅れたために、ボールを抱え込んで横たわっている選手の横っ腹に蹴りがお見舞いされてしまっています。

 

四つん這いのまま(倒れた状態のまま)ボールを足で抱え込むのは反則ですが、(主審が笛を吹かずにプレーが継続していて)そのボールを奪うためにその選手を蹴ってしまえば、蹴った方の選手の反則です。

 

4種の試合では、倒れた選手が起き上がる気配を見せないまま、しばらくボールを抱え込んだ状態が継続していても、ファウル認定されず、そのまま流されていることが多いです。 

 

ボールを奪うため、という大義名分で、相手側選手に対する反則行為が誘発される恐れがあるので、倒れた状態のままボールを抱え込む行為を放置せず、素早くファウル認定して対応しましょう。(過去記事 「四つん這いのままプレーを続けたら・・・。」 参照) 

 

もちろん、まずは立ちあがるように促して、それでも立ち上がろうとしないでボールを足や身体で抱え込んだ場合です。(立っている状態で、たまたま足の間にボールが挟まって、ぴょんぴょん跳ねてボールを運ぼうとするようなものは、放っておいてもOKだと思います。)

 

ただ、四つん這いのままプレーすることが反則だということは、あまり知られていないのですよねぇ・・・。選手にも指導者にも。

 

 

米国サッカー協会の記事の原文をご覧になりたい方は、

http://www.ussoccer.com/news/referee-programs/2010/04/2010-referee-week-in-review-week-1.aspx

をどうぞ。

 

☆ 関連記事 ☆

「四つん這いのままプレーを続けたら・・・。」

 



 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1162-800665cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック