3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
業務連絡です。2013年度の更新講習のWEB受付が開始されました。
  

 

我が団の審判員資格をお持ちの保護者の皆様へ

 

平素は、団の審判活動にご協力いただきまして、誠にありがとうございます。

 

2013年度の審判員資格の更新講習のWEB受付が開始されました。2012年度以前に審判員資格を取得された方は、この更新講習を受講しなければ、2014年度における資格を失います。忘れないようにして、必ず受講してください。

 

http://www.jfa.jp/jfatop/kickoff.html 



更新講習のWEB受付で、ご都合の良い日時の講習会の申し込みを完了したら、必ず団の審判部長の携帯アドレスに、その旨ご連絡ください。(私のアドレスには送ってこないでくださ~い。)

 

連絡は、「講習会の受講申し込みが完了した。」ことだけで結構です。「どの講習会を申し込んだ」とか「講習会を受講してきました」という連絡は不要です。(皆様大人ですので、申し込みをしたあときちんと受講してくださる、と信頼しております。)

 

(連絡しないと、2週間おきに、『まだ講習会の申し込みをしていないのですか?』という催促のメールが来ますよ~。)

 

更新講習を受講せず、来年度の資格を失効させてしまうと、再び新規に4級審判員資格を取得していただくことになり、時間も費用も「倍以上」かかってしまいます。

 

団で費用負担していますので、「うっかり失効」させることのないようにお願いいたします。(「うっかり」の場合には、再取得の費用を自己負担していただく可能性がありますので、ご注意ください。)

 

それから、私の所属している都道府県の場合、今年度新規に審判員資格を取得された方は、更新講習は「必須ではなく任意」なのですが、今年度はオフサイドに関する部分の解釈の変更についての解説があるはずなので、できるだけ更新講習をご受講ください。

 

※所属されている都道府県によっては、更新講習のWEB申し込みの期間が異なる可能性があります。

  

☆ 関連記事 ☆

「2013/2014年 競技規則の改正について ・・・JFAトピックス より」

 

☆ 関連するタグ ☆

 
 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト
コメント
コメント
No title
初めてコメントさせて頂きます。
いつも拝見する度勉強させて頂いております。

質問ですが、8月28日に行われたJ1第23節
横浜FマリノスVS浦和レッズの試合、中村俊輔選手の一点目の場面、浦和の選手がクリアしたボールが中村選手に当たりオフサイドポジションにいたマルキーニョス選手が反応したように見え、那須選手のプレーに干渉したように見えたのですが。オフサイドでないで正しかったのでしょうか?
初歩的な質問で申し訳ありません。
参考動画0:58頃より
http://www.youtube.com/watch?v=ik6x7XAuHbQ
2013/09/02(月) 18:06:30 | URL | masamasa #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
masamasa さん、ごめんなさい、コメントにURLが記載されていたため、自動的にスパムとして判断され、コメント一覧に表示されず、気がつくのが遅れて返信コメントが遅くなってしまい、申し訳ありません。お許しを。
 
あらためまして、コメントありがとうございます。
 
映像を確認しました。
 
難しいですねぇ~。中村選手の足に当たっているので、オフサイドポジションにいたマルキーニョス選手が直接ボールに触れていれば、もちろんオフサイドが成立するのですが、那須選手への干渉のタイミングは微妙です。
 
那須選手がボールに触れる前に、マルキーニョス選手の身体が那須選手にしっかり接触していれば、確実にオフサイドが成立するのですが、ご紹介いただいた映像ではなんとも言えないですね。
 
今のオフサイドのフラグアップの判断の基準としては、「原則としてボールや相手競技者に確実に触れる/接触するまで待て」という感じなのですよねぇ・・・。
 
それ以前に、那須選手が足元にボールを置き過ぎなので、副審のほうからすれば、マルキーニョス選手が身体的な接触をしてくる前に、既に那須選手はボールに触れているもんだ、と感じているような気がします。
 
(あの位置であのようなプレーをしたら、副審にオフサイドをとってもらえなくても仕方がないような気がするのですが・・・。)
 
ごめんなさい、ご満足のいただける回答になっていないと思いますが、ご紹介いただいた映像を見る限り、オフサイドポジションにいたマルキーニョス選手の那須選手への干渉が明確には確認できないので、オフサイドとは言い切れない、という感じです。
 
(私が副審なら、フラグアップして主審に通知することはいたしません。)
 
最後に、余談ですが、オフサイドポジションにいた攻撃側競技者がボールを追うことは、反則ではなく認められている行為です。
 
過去記事
http://tom3.blog.ocn.ne.jp/blog/2013/05/post_e388.html
の②の部分に
「オフサイドポジションの競技者が単にボールを追うことは、プレーではない。」と定義されています。
 
ご参考まで。
 
2013/09/04(水) 01:58:12 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1173-3a1341bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック