3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
「7.相手競技者に干渉する」の図をGIF動画化
  

昨日の記事 「「6.相手競技者に干渉する」の図をGIF動画化」 では、オフサイドポジションにいた攻撃側競技者が、自陣ゴールマウスの前にいる相手ゴールキーパーの目の前にいた場合の図をGIF動画化して確認をしました。

 

今日は、ゴールキーパーの前ではあるけれど目の前じゃない、というケースです。

 
offside_chart_07.jpg

 

本日は、上の「7.相手競技者に干渉する」の図を動画GIF化します。動画化したものがこちら。  

offside_007.gif

  

昨日の「6.相手競技者に干渉する」の図では、オフサイドポジションにいた選手が、ゴールキーパーとボールの間に入ってゴールキーパーの視野からボールを消してしまう(ボールの軌道を一時的に確認できない)ような状況に陥れたため、干渉とみなされました。

 

しかし、今回のケースは、オフサイドポジションにいた攻撃側競技者本人は、ゴールキーパーの視野には入っていますが、ボールを視野から消してはいませんし、身体的な接触を用いてゴールキーパーの動きを封じて(相手競技者にチャレンジして)もいません。

 

ということで、オフサイドにはなりません。

  

以下は、余談です。

 

解説の文章が、本年度(2013年度)に見直しされ、修正がかかっています。

 

(旧文章)

攻撃側競技者(A)はオフサイドポジションにいるが、ゴールキーパーの視線を遮ったり、身振りや動きでゴールキーパーを惑わしたり、混乱させていない。

 

(新文章)

攻撃側競技者(A)はオフサイドポジションにいるが、ゴールキーパーの視線を遮ったり、ボールへ向かう相手競技者にチャレンジしていない。 

 

今までの文章では、

「ゴールキーパーは、オフサイドポジションの選手にパスが出た時のことも考えたポジショニングをしなければならない状況になっているので、『ゴールキーパーを惑わせた』」

と考えてしまう人もいるかも知れない、ということで、「身振りや動きでゴールキーパーを惑わしたり、混乱させていない。」という曖昧な文章が削除されたのだと思われます。(もちろん、あくまで私個人の見解ですが。)



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。

    

☆ 関連記事 ☆

「「相手競技者に干渉する」のFIFAの解釈」 

「「6.相手競技者に干渉する」の図をGIF動画化」 

 



 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1177-796fdd69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック