3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
大迫選手の3点目は解釈の変更でオフサイドにならなかったわけではありません。

 

スルガ銀行チャンピオンシップ2013(鹿島アントラーズ vs サンパウロFC) のお話です。

 

まずは、下の映像の5分01秒~をご覧ください。



 

Jリーグサッカーキングの編集長さんが、しっかり確認や裏取りもせずに、誤解を招くような記事を書かれています。皆さん、お間違いのないように・・・。

 

問題の記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130808-00127943-soccerk-socc

http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20130808/127943.html 

 

もし、柴崎選手がボールを蹴った瞬間、大迫選手がオフサイドポジションにいたのであれば、相手DFの選手に当たっただけのボールを、オフサイドポジションにいた選手がプレーしたことになり、オフサイドの反則となります。 (下図参照。2012年度版の場合、12番の図になります。)

 

2013/2014年度版の競技規則(ガイドラインP116の図)

offside_chart_13.jpg

 

今回の場合、明らかにDFの選手に当たっただけで、コントロールをミスした(=「意図的にプレーした」)訳ではありません。

 

従って、上図の通り、オフサイドポジションにいたのであれば、「利益を得た」ことになり、オフサイドとなります。明らかにGKに手で捕球させるために、DFが胸でトラップ(=コントロール)したようなボールやクリアしようとしたがうまくクリアできなかったというボールであれば、オフサイドポジションにいた攻撃側選手が触れても、守備側選手が「意図的にプレーした」と判断されるため、オフサイドにはなりません。

 

競技規則の解説文が、2012年度版と少し変わっていますが、今回のような場合は「これまでも、これからもオフサイド」です。

 

では、なぜ得点が認められたのか。

 

理由は簡単です。大迫選手はオンサイドだった(=オフサイドポジションではなかった)からです。

 

下のスタンドから観戦されていた方がUPされている映像をご覧ください。



 

この映像の柴崎選手がシュートを放った瞬間の静止画はこちら。

20130808_001.jpg

 

拡大したものが、こちら。

20130808_002.jpg

 

柴崎選手がシュートを放った瞬間、大迫選手はオンサイドにいるのがはっきり判ります。だから、得点が認められているのです。(このプレーと競技規則の文章の見直しは、まったく関係がありません。)

 

Jリーグサッカーキングの記事を読んで勘違いされる人が出てくると困るなぁ・・・。今朝のyahooのトピックスに載っていたから見た人多いと思うのですよねぇ・・・。  

 

Jリーグサッカーキングの記事に、

「今回の新解釈では「相手競技者が意図的にセーブすることで、はね返った、方向が変わってきた、またはプレーしたボールを、すでにオフサイドポジションにいる競技者がプレーすること」はオフサイドにはならない。」

と書かれていますが、違います。

 

2013年度版の競技規則に新しく追加された解説図

offside_chart_11.jpg


にある通り、 「意図的なセーブによって、はね返った、方向が変わった、またはプレーされたボールを既にオフサイドポジションにいた攻撃側選手がボールに触れた場合はオフサイドが成立」 します。

 

オフサイドにならないのは意図的なセーブ以外の意図的なプレーの場合です。つまり、明らかにコントロールしようとしてそれがミスになった場合だけです。

 

「意図的なセーブ」と「意図的なプレー」。オフサイドを判断する時に、この違いをしっかり認識していなければなりません。前者の場合は、オフサイド(利益を得た)の対象になりますが、後者はオフサイドの対象になりません。

 

(くどいようですが、今回のプレーのように偶発的に守備側競技者に当たった場合も当然「意図的なプレー」には該当しません。)

 

ちょっと話が散らかってしまいましたので、整理しておきます。ポイントは大きく分けると2つ。

1)Jリーグサッカーキングの編集長の記事が誤っている。
 ①「新解釈」に関する競技規則の文章の引用が誤っている。
 ②「意図的なセーブ」という言葉の認識が誤っている。
2)そもそも大迫選手は、柴崎選手がシュートを放ったタイミングでオフサイドポジションにはいなかった。

 

Facebook で1,500人位の人が、「誤った記事」をおすすめしているようです。かなり拡散していると思われます。

 

Facebook やツイッターをされている方は、Jリーグサッカーキングの記事の誤った情報・認識が広がってしまわないように、このブログ記事を拡散ください。(笑)

 

最後に、スタジアム観戦されて、youtube 上に貴重な映像をUPしてくださっていた方に感謝。

 

(2013.08.09 追記。

8日の昼に、ゲキサカが

「スルガ銀行CSの決勝点、大迫はオフサイドだったか?」
http://web.gekisaka.jp/400486_123165_fl 

という記事を配信しています。こちらの記事はチェックしていませんでした。チェックしていれば、「ゲキサカ」の記事のほうが正しいです、でこの記事は終わっていたかも・・・。 



9日の夕方、Jリーグサッカーキングの編集長が、

「主審の裁量が増したオフサイド新解釈、選手はより集中が必要に」
http://www.soccer-king.jp/news/japan/japan_other/20130809/128182.html


という記事をUPして、前述の記事について言及されています。 

 

この記事が「限界」なんですかねぇ~。(元記事をしっかり修正・訂正して欲しいと思うのは、私だけ?)

 

それから、このブログ記事をご自分のブログで紹介してくださった方がいらっしゃることが、アクセスログで判明しましたので、お礼にリンクを貼っておきます。

 

「サッカーキングの訂正記事」 (かつー@ご報告 さんのブログ)
 

他にもブログでご紹介してくださっている方がいらっしゃったらごめんなさい。(その際は、トラックバックで結構ですので、送っていただけたら、この追記部分で紹介させていただきます。)

 

また、ツイッターやFacebook で記事を拡散してくださった皆様、ご協力ありがとうございました。お礼申し上げます。

 

追記ここまで。)

 


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
No title
毎回記事のアップを楽しみにしている者です。今回の「意図的なセーブ」と「意図的なプレー」の違いは何なんでしょうか?「セーブ」とはシュートブロックとして認識していますが、何がセーブで何がプレーか、単語の定義がはっきりしないとジャッジが不安定になりそうです。ご教授頂けると助かります。
2013/08/09(金) 07:45:17 | URL | ホピ #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
いつも貴重な情報をありがとうございます、新前3級審判として、とても勉強になります。
とても面白くて、タイムリーな情報の提供ありがとうございました。
オフサイドに関しては、意図的なプレーの判断も難しいですし、副審のジャッジに対し主審の判断が、重要になってきますね。
2013/08/09(金) 08:22:58 | URL | 酔走楽部 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
ありがとうございました
2013/08/09(金) 13:11:00 | URL | リクエスト #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
TOMさん、大迫選手のシーン、こんなに話題になるとは思っていませんでした。

私もYahooのトップ記事読んで「え?違ってる・・・」と
思いましたよ!


それよりもハットトリックの方がすごいな~と思うのは、私だけでしょうか!(笑)
2013/08/09(金) 23:32:26 | URL | taka #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
ホピ さん、はじめまして&コメントありがとうございます。
 
>今回の「意図的なセーブ」と「意図的なプレー」の違いは何なんでしょうか?
 
難しいご質問をありがとうございます。
 
以下、競技規則をできるだけ読もうとしている私の競技規則から読み取れる「感覚」を書かせてもらいますね。
 
「意図的なセーブ」
自らのゴールにボールが入ることを排除する動作全て。ただしその選手がボールに触れなければボールが直接自陣ゴールに入ってしまう可能性の高いボールに対するもののみ。ゴールからの距離や、自分より後方(自陣ゴール側)に味方選手がいるかどうかは、具体的な基準はなく、ボールのスピードなどの情報と合わせて総合的に判断される。
 
「意図的なプレー」
「意図的なセーブ」以外で自チームの不利な状況を脱したり、あるいは有利な状況をつくりだそうとする動作全て。
 
こんな感じじゃないでしょうか。あくまで、私個人の感覚です。
 
更新講習の時に、インストラクターにお聞きになってみてくださいませ。
 
2013/08/09(金) 23:58:07 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
酔走楽部 さん、はじめまして&コメントありがとうございます。
 
副審がフラグアップしたら、観客(特に守備側の応援者)はオフサイドがあったものだと思いこんでしまうので、フラグをキャンセルする(副審のフラグアップを採用しない)のは、非常に勇気が要ります。
 
自分の判断に100%の自信がなければ、フラグキャンセルは難しいですね。
 
今までに、GKが手で保持した/ゴールキックになった以外で、明らかに副審のフラグアップが間違えている、と判断してフラグをキャンセルしたのは2回くらいだと記憶しています。
 
あとは、オフサイドじゃないような気がするけど100%の自信がないから副審のフラグアップを採用するしかないなぁ、というのが実情ですね。
 
なので、できるだけ副審を担当してくださる方との試合前の打ち合わせを実施し、オフサイドのルールをしっかり把握されているか確認することと、その方の能力を読み取って試合に臨むようにはしていますが・・・。
 
これからは、「意図的なプレー」についても試合前に副審の方と確認する作業を入れなくてはなりませんね。
 
2013/08/10(土) 00:12:43 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
リクエストです さん、コメントありがとうございます。
 
コメント欄でお答えできるお話ではなかったので、記事にさせてもらいました。
 
朝、yahooニュースでJリーグサッカーキングの記事を読み、色々よく調べてから記事としてUPするつもりでしたが、リクエストをいただいたことでエネルギーをいただき、昨日の記事としてUPすることができました。
 
昨日は記事を早くUPしようと必死でしたので、記事をUPしたあとに書いた、コメントに対する返信がすごく事務的で雑なものになっていますね。お許しを。
 
2013/08/10(土) 00:43:23 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
taka さん、いつもコメントありがとうございます。
 
>大迫選手のシーン、こんなに話題になるとは思っていませんでした。
 
taka さん同様、朝yahooニュースを見て、「ん?」の状態でした。で、コメント欄にリクエストを頂いたこともあって、youtubeで映像を探し、慌てて記事にしたのですが、改めて調べてみると、ゲキサカの記事を見落としていました。
 
今から、8日付の記事に追記を入れる作業をしま~す。
 
>それよりもハットトリックの方がすごいな~と思うのは、私だけでしょうか!(笑)

ご本人は3点目に関し、その前のPKを外したことも含めて「恥ずかしい」という表現をされているようですが、「その瞬間にその位置にいる」という運の強さというか、そういう星の下にいらっしゃる方なのでしょう。
 
天狗にならずに今後も精進をお続けになられたら、きっとすごい選手になられる方なんだと思います。
 
2013/08/10(土) 01:00:02 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1198-4cd530b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック