3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2013/08/04) 主審 × 1.0
  

本日は、三男の帯同で、お隣の少年団チームが主催するU-10カテゴリーの大会、いわゆる招待試合の主審を担当。

  

トーナメント戦で、1つ前の試合の敗者が次の試合の主審を担当する、「負け審判」方式。

 

三男たちのチームの戦績によっては、主審を2回担当する可能性があったのだけれど、戦績が「初戦:負け、次戦:勝ち」となったため、審判は1回だけで済んだ。(2試合目も負けるつもり満々(?)で、着替えを済ませて本部の位置で準備していたのだけれど、PK戦の末、勝利したのでそそくさと撤収。)

 

8人制の1人審判制(予備審判つき)。予備審判は、チームメイトのお父さん(4級)。 

 

久しぶりの1人制審判。(記録を確認すると、昨年11月以来なので、約9カ月ぶりじゃん!)

 

できるだけ角度をつけること&展開を予測することを意識することで、とにかくオフサイドを見落とさないように気をつけよう、ということをメインに考え、あとは1人なので、「対角」は意識しない、ということも考慮。

 

では、出来事など。

 

U-10なので、アドバンテージの適用の仕方を気をつけなければ、とは思っていました。で、実際にアドバンテージを適用したほうがよいシーンで、両手でアドバンテージの際のシグナルを出しながら思わず「プレーオーーン!」と叫んでしまったところ、付近の選手の動きが止まってしまった。

 

「あ、いっけね~」と思いながら、すぐ「続けましょう!」と言い直したところ、ファウルされた選手の有利な状況が継続したので、そのままプレーを継続。

 

2回目からは、アドバンテージを適用していることが、ベンチの指導者にだけ判ればいいかな、ということで、アドバンテージのシグナルは出すものの、それほど大きくない声で「続けましょう!」という言い方に変更して実施。

 

シグナルを出しておいたのは、ロールバックすることになった時の保険。でも、合計3回ほどアドバンテージを適用したけれど、ロールバックしなければならない状況にはならなかった。

 

それから、本当はイエローカード対象のプレーだったけれど、実際にはカード提示しなかったプレーが1回。

 

攻撃側選手のファウルをとった。ファウルの理由を説明しながら(←説明する必要はないのだけれど)、守備側選手に再開ポイントを示して、ボールが正しくセットされるのを確認しながら私自身のポジションにバックステップで移動していると、ファウルを犯した選手が、ボールに歩み寄って行く。

 

都道府県大会の予選なら「即イエロー提示(遅延行為)」するのだけれど、「ピ、ピッ」と笛を吹いて、「ボールから離れて! 本当ならイエローカードだよ。」と注意だけ実施。U-10の招待試合なのでね。

 

で、オフサイドについては、片方のチームのセンターバックの選手が、かなり引いて守備をしていたこともあり、試合を通してオフサイドは1度もなかった。(「しまった、見切れなかった」というものはなかった、と思う。)

 

といったところが、本日の主な内容。

特に大きなミスはなかった、と思う。 

 

☆ 関連するタグ ☆



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1202-75f1a1a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック