3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
コンフェデレーションズカップ2013のハイライト集
 

FIFAのサイトに、コンフェデレーションズカップ2013のハイライト集があります。

  

決勝戦(ブラジル代表 対 スペイン代表 戦)

http://www.fifa.com/confederationscup/highlights/video/video=2125329/index.html

 

上記のハイライトの映像の2分04秒付近のスペイン代表3番(ジェラール・ピケ選手)のプレーに対して、主審のBjorn KUIPERS 氏がレッドカードを提示した理由は、

1)「決定的な得点の機会の阻止」

または

2)「著しく不正なファウルプレー」

のどちらかの理由であることは間違いないと思います。

 

「プレーの方向が若干ゴールから外れているかなぁ。」&「まだ、中央のCBの選手が対応できる可能性が残っていたかなぁ。」という気がするので、「決定機の阻止」という理由ではないのではないかなぁ、という気がします。

 

プレーをスロー映像で確認すると、ピケ選手が完全にボールに触れられない状況になっているにも関わらず、最後まで足を伸ばして完全にネイマール選手のすねの部分を蹴り上げに行ったように見えるので、

 

いかなる競技者もボールに挑むときに、過剰な力や相手競技者の安全に危険を及ぼす方法で、相手競技者に対し片足もしくは両足を使って前、横、あるいは後から突進した場合、著しく不正なファウルプレーを犯したことになる。

 

という部分に該当する、という判断かなぁ、という感じです。(ちなみに、私なら「イエロー止まり」にしていたかなぁ・・・。) 

 

  

3位決定戦(ウルグアイ代表 対 イタリア代表 戦)

http://www.fifa.com/confederationscup/highlights/video/video=2124136/index.html 

この試合は、累積2枚によるレッドカードが提示されているのですが、2枚目のイエローカードが出たプレーについては、ハイライトの映像だけでは何とも言えないですねぇ・・・。  

 

 

残念ながら日本代表はグループステージで敗退してしまいましたが、ハイライトはUPされています。試合を見逃した、という方は下記のリンク先でご確認ください。

 

対 ブラジル代表 戦

http://www.fifa.com/confederationscup/highlights/video/video=2110292/index.html

  

対 イタリア代表 戦

http://www.fifa.com/confederationscup/highlights/video/video=2113515/index.html

 

対 メキシコ代表 戦

http://www.fifa.com/confederationscup/highlights/video/video=2116328/index.html

 
[アディダス] adidas 11クエストラ TRX TF
adidas(アディダス)
売り上げランキング: 84,039



 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
No title

TOM3さま。

いつも拝見させてもらってまして、競技規則の勉強にとても重宝させて頂いてます(^O^)

今回の題材とは無関係ですが、少年チームの指導者をされているとのことで、質問させて頂きます♪

子供に指導するにあたって、何か気をつけていらっしゃる事はありますか?

また、技術以外に子供たちに学んでもらいたい事はございますか?

あと、チーム指導に関しての信念なんかはございますか?

質問ばかりして申し訳ありませんが、よろしくお願いしますm(__)m

RESPECT
2013/07/06(土) 17:20:08 | URL | RESPECT #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
RESPECT さん、はじめまして&コメントありがとうございます。
 
なかなか難しいご質問をありがとうございます。(笑)
 
ブログをご覧になっていただくとお解りのように、指導者としての活動より審判員としての活動のほうに力を入れているので、参考になるかどうか解りませんが、過去に書いた記事をご紹介させていただきながらお答えさせていただきます。
  
>子供に指導するにあたって、何か気をつけていらっしゃる事はありますか?
 
日本サッカー協会がU-12カテゴリーを担当している指導者に10カ条の項目を示しています。過去記事
http://tom3.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/12/post_4bb9.html
でご確認ください。
 
>また、技術以外に子供たちに学んでもらいたい事はございますか?
 
たくさんあります。基本的には、JFA(公益財団法人日本サッカー協会)が、サッカーをしている子どもの保護者の方々に向けて発信している「めざせ!ベストサポーター」 という小冊子に書かれているようなことですけど・・・。
 
過去記事
http://tom3.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/12/post_6c33.html
をご覧ください。
 
>あと、チーム指導に関しての信念なんかはございますか?
 
これも一言では言い表せないものがありますが、100人の選手に100本の「ものさし」を持って指導にあたるようにしている(その子に応じた指導をする、という気持ち)ということと、
 
過去記事
http://tom3.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/05/post_f9b8.html
に書いているのが、我が団の責任者の基本的な理念です。
 
 
http://tom3.blog.ocn.ne.jp/blog/2013/02/post_0089.html

http://tom3.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/01/post_91cd.html
そして
http://tom3.blog.ocn.ne.jp/blog/2013/02/post_2463.html
の記事で紹介している本も、私の指導バイブルです。
 
それから最後に、
http://tom3.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/01/post_9ead.html
に書いてあるのですが、
「子どもの心に火をつける」ような指導ができると良いなぁ、と思っています。でも実際のところはどうでしょうかねぇ・・・。
 
以上、ご参考になりましたでしょうか?
 
2013/07/06(土) 20:23:59 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
TOM3さま。

ご回答、ありがとうございました(^_^ゞ

是非とも参考にさせて頂きます♪

今後とも、面白くて勉強になるブログを楽しみにしています(*^^*)
2013/07/06(土) 23:34:07 | URL | RESPECT #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
これからも、このブログの応援をよろしくお願いいたします。
2013/07/07(日) 21:00:42 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1233-64d5c700
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック