3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
オフサイドが取り消されて得点が認められた本当の理由
 

古い話でごめんなさい。 

 

まずは、下記の映像の先頭から5分30秒~をご覧ください。


YouTube: WNT vs. Japan: Highlights - April 1, 2012



 

アメリカ代表10番(カーリ・ロイド選手)からボールが出た時に、13番(アレックス・モーガン選手)がオフサイドポジションにいたのかどうか、が問題だと言いたげなリプレイ映像で、そのリプレイ映像を見る限り、オフサイドポジションにはいなかった感じです。

 

しかし、実際には、ボールは10番(カーリ・ロイド選手)から出たのではなく、なでしこ14番(田中明日菜選手)のクリアボールを直接受けているので、オフサイドの定義には抵触しないプレーです。

 

米国サッカー協会・審判部の見解はこちら。

Laws of the Game: Referee Overrules Signal from Assistant Referee – Law 6 
(主審は副審からの合図を主審の権限で訂正する)

 

(2013.06.26 追記。映像を埋め込めることが判明しましたので、埋め込んでおきます。



追記ここまで。)

 

このプレー、もし仮に、田中選手のクリアボールがアメリカ代表10番(カーリ・ロイド選手)の足に当たってから、13番(アレックス・モーガン選手)に渡って、そのモーガン選手がロイド選手にボールが当たった時に、オフサイドポジションにいた場合は、「オフサイド」です。

 

ボールが味方競技者によって触れられるかプレーされた瞬間にオフサイドポジションにいる競技者がプレーに干渉した場合は、オフサイドになると定義されていますので、意図的なパスでなくてもオフェンス側の選手が触れた瞬間にオフサイドポジションにいたら、アウトです。

 

過去記事 「関係者が誰も気がつかなかったオフサイドほか … 2011 Referee Week in Review - Week 19 (米国サッカー協会)より」 をご確認ください。

 

☆ 関連するタグ ☆

 
 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト
コメント
コメント
No title
はじめまして、いつも勉強させていただいてます。もちろん、クリック投票もしていますよ(笑)

少し整理して質問させてください。
パスの瞬間、オフサイドポジションにいた。ボールを受ける前にディフェンダーがパスカットしようとしてボールに触れた(と判断された)場合、オフサイドは成立しないということでしょうか?
以前、同様の質問を2級インストラクターにしたところ、意図しないパスはパスではない、オフェンスのパスに触れたが方向が変わらなかった場合など、ボールの経由点として含まない。即ちオフサイドが成立すると教示いただきました。動画の田中選手の場合は明らかですが、質問の場合はどうなりますでしょうか?
2013/06/21(金) 09:15:45 | URL | 4級審判 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
4級審判 さん、はじめまして&コメントありがとうございます。そして、クリックのご協力感謝いたします。今後もクリックのご協力をよろしくお願いいたします。(笑)
 
ご質問の件に関しては、競技規則では「オフサイドポジションにいることで【利益を得た】」とみなされます。
 
過去記事
http://tom3.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/09/post_f593.html 「オフサイドか否か(その1、シュート系のボールに対するアプローチ)」

に詳しく書いてありますので、そちらをご確認ください。
 
それから
http://tom3.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/06/post_1b9b.html 「意図的なパスでなくても結果としてパスになればオフサイド」

も、ご参考にどうぞ。
 
ただし、DFが明らかにクリアをミスった場合や、明らかにゴールキーパーに手で補給させるために、胸や頭を使ってコントロールしたボールを、オフサイドポジションにいた選手がインターセプトした場合は、オフサイドとはなりません。
 
要するに、DFがコントロールしたボールなのか、コントロールできずにただ当たった(触った)だけのボールなのかを見極める必要があります。
 
前者ならオフサイドではなく、後者ならオフサイドです。 

※「パスカット」という言葉だと、DFの「コントロール状況」が「見えない」ので、あえて文中では使用しませんでした。ご了承ください。
 
どうでしょう、ご理解いただけましたでしょうか?
 
2013/06/21(金) 22:45:27 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1249-6d0e63f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック