3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2013/06/08) 副審 × 1.0 + 主審 × 2.0
 

本日は、三男の帯同でU10カテゴリーのリーグ戦に出かけたけれど、審判は経験の少ないお父さんたちにお任せした。学校に戻ってきた時に、ちょうど団の練習が始まる時間だったけれど、本日は指導者の人数がじゅうぶん足りている状態だったので、団の練習はお休みさせてもらいました。

 

ということで、昨日のお話です。

  

昨日の午前中、二男の帯同でU15カテゴリーの練習試合の審判を3試合担当。

 

最初は副審。主審は相手チームの保護者の方(レフェリングから判断するに、恐らく3級)。これはもともと二男の学校に割り当てられたものではなかったが、二男たちのチームのオフサイドに関して、何かアドバイスできることがないか探るため。

 

もちろん、二男たちのチームの顧問の先生だけでなく、相手チームの顧問の先生にも了承をいただいて。

 

FWや攻撃的MFの選手がきちんとオフサイドラインを意識できているのか、確認をしておこうということで、前半はA1を担当し、後半はA2を担当。

 

相手チームがしっかり最終ラインをあげてくるチームだったので、二男たちのチームの選手がオフサイドをしっかり意識できているかどうかをチェックするには、非常に有益な試合ではあったが、副審を担当するには大変だった。

 

ラインをしっかりあげてくるチームに対して、50分間でオフサイドになったのが1回だったから、まぁまぁ、といったところ。

 

中盤左からの縦パスが出るのが一瞬遅れ、その瞬間に相手チームの最終ラインがあがった。(意図的なオフサイドトラップではなかった。)左サイドを張っていた選手がパスが出るのを「留まって」待っていたので、オフサイドになってしまった。 

 

パスが出ないと分かった瞬間に、ラインを確認して単純に自陣側に戻るか、あるいは抜け出すスピードを確保するために少しフィールドの内側に移動しつつ自陣側に戻ってパスを待てれば、良かったんだけれどねぇ~。

 

ま、ラインをまったく見ていない/意識していない訳ではなかったので、大丈夫でしょう。

 

副審担当時に、ファウルサポートしなければならないような、主審の視野外で行われたファウルはなく、「あっ、自分(私)ならファウルをとるだろうなぁ」と思った瞬間に、ほぼ主審の笛が鳴っていた状態でした。

 

その直後のB戦は休憩させてもらって、続くA戦(50分ゲーム)とB戦(40分ゲーム)の主審を連続して担当。

 

主審時のお話。

 

基本的に、まもなく始まる中体連のための最終強化のための練習試合なので、試合中に両チームの選手にアドバイス的なことを伝えながらのレフェリング。

 

例えば、「今の相手の前に身体を入れるプレーは、ボールから離れ過ぎているので、オブストラクション(正確にはインピーディング)またはホールディングの反則を取られる可能性があるから、もう少しボールに近づいていつでもボールを触れる位置を維持しよう。」とか、「ゴールキーパーが先に手で捕球するのが明らかな状態で、その目の前でボール(というかボールを保持しているゴールキーパー)を蹴るフリをするのは危険な方法でプレーしようとしたことになって、イエローカードの対象になるよ」とか。

 

後者については、今考えると、イエローカードを出しておいても良かったかなぁ、と。ドリブル中の相手DFに対するキックフェイントとは全く違う行為なので。

 

その時は、ゴールキーパーがボールを手で保持できていたし、接触があったわけでもなかったので、そのまま口頭で注意というかアドバイスだけ行って、そのまま流してしまったのだけれど・・・。

 

というような選手への積極的な声かけをしていたので、カウンター攻撃に遅れることが数回あった。もちろん、練習試合でなければ、試合中にアドバイス的な話をしていないので、反省材料ということではないです。

 

反省すべき大きな反省材料はなかったと思う。

 

FWの選手がトリップされても頑張ってドリブルしようとしているシーンではきちんとプレーオンを適用したつもりだし、ヘディング時の競り合いでファウルがあったものの、セカンドボールがファウルされた選手の味方選手の足元に収まった時も、慌てて笛を吹いて試合を止めてしまうのではなく、きれいにプレーオン(アドバンテージ)のコールができたと思う。

 

練習試合だったからなのか、それともお互いクリーン(フェア)に戦うチームだったのかは不明だったけど、ヘディング時の競り合いはきれいなものが多かった。

 

さぁ、中体連ではどんな試合を担当することになるのか楽しみ。

 

 ← 昨日書いた通り、これのおかげ(?)でふくらはぎはつらなかったんだけれど、入浴時に左足の中指がつりました。





☆ 関連するタグ ☆



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト
コメント
コメント
No title
毎回楽しみに見ています

審判って奥が深くて、とてもたのしいですよね

自分も3級持っていて

夏にはユース審判として全日本少年サッカー大会のレフェリーのため静岡に行ってきたいとおもいます

毎回楽しみに見ているのでブログの更新お願いします\(^o^)/
2013/06/09(日) 18:22:54 | URL | 広島レフェリー高校生 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
広島レフェリー高校生 さん、はじめまして&コメントありがとうございます。
 
>夏にはユース審判として全日本少年サッカー大会のレフェリー

おぉ~、いいですねぇ~。うらやましい~。1次ラウンドは1人審判でなかなか大変だとは思いますが、体調面を含めてじゅうぶんな準備をされて、良いパフォーマンスをされることを期待しております。頑張ってください。
 
(やっぱり1次ラウンドでのパフォーマンスで2次ラウンドや決勝トーナメントの割り当てが受けられるようになるのかな?) 

追伸。これからも、このブログの応援をよろしくお願いいたしますね。
2013/06/10(月) 20:53:00 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1259-e7c88f78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック