3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
チェックが甘くて申し訳ありません!!(記事訂正のお詫び)
  

この記事は、一昨日の 「(問題)正しい再開方法を選択せよ(トリックPK)」 の記事の問題のネタばれが含まれています。

 

ブログのトップページからアクセスされて、まだ、「(問題)正しい再開方法を選択せよ(トリックPK)」 の記事をお読みでない方は、上記のリンクをクリックして表示される記事を先にご覧ください。

 

   

さて、2010年のJリーグ開幕戦で、サンフレッチェ広島の槙野選手および佐藤選手のペナルティーキックに関して、当時の審判委員長だった松崎康弘・元審判委員長が講談社のサイト「ゲキサカ」のコラム
http://web.gekisaka.jp/19279_758_in
内で、「佐藤選手がペナルティーエリアに入った地点から清水の間接FK」と書いてあるし、
JFAの2010.03.10付のトピックス
http://www.jfa.or.jp/jfa/topics/2010/49.html
においても「再開方法としては、佐藤選手に警告が与えられたのち、佐藤選手がペナルティーエリアに入った地点から、清水に対して間接フリーキックが与えられます。」と書かれおり、サイトの内容は本日現在もそのままになっています。

 

当時の記憶のまま、一昨日の記事をUPしたところ、コメント欄に「再開場所の修正があったような・・・」という情報をいただき、2010年度(秋)の更新講習で配布された資料を確認したところ、再開場所が「ペナルティーマーク」になっていました。 

 

更新講習の際、なぜ気づかなかったのだろう・・・。気づいていれば、その時にインストラクターに確認して絶対記事にしていたはずなのに・・・。ということはさて置き、 

 

インストラクターに確認したところ、やはり現在の見解は「ペナルティーマークから守備側チームの間接フリーキックで再開」ということでした。

 

キッカー以外の攻撃側競技者が、ペナルティーアークに侵入するのは違反ではなるものの、警告されたり、PKの権利を失うほどのものではなく、ボールがゴールに入ってもキックのやり直しとなる程度の軽微なものです。

 

やはり、セットされているボールをキッカーと認定されていない選手が「蹴った」ことが警告対象となる行為なので、「蹴った」場所であるペナルティーマークから再開、と考えるほうが妥当ですね。

 

そのことに気づくべきでした。(コメントしてくださった方の文章を見て、気づいた状態でした。)

  

ということで、記事を訂正させていただきましたので、お詫びするとともにご連絡いたします。訂正前の記事をお読みになった方には、誤った情報をお伝えしたことになっていますので、改めて記事として掲載させていただきます。

 

ということで、2006年度版のQ&Aの内容が現在は修正・変更されていることになります。

2006年度版のQ&Aをお持ちの方は、下記のように修正しておきましょう。

 

競技規則 2006/2007 Q&A 第14条 ペナルティーキック

Q.4 ペナルティーキックが行われるとき、主審が必要な合図を送った後、キックを行うと特定した競技者の味方競技者が前進し、代わりにキックを行った。主審のとるべき処置は何か?

A.4 主審はプレーを停止し、違反のキックが行われたペナルティーマークから守備側チームの間接フリーキックによって試合を再開する。その競技者を反スポーツ的行為により警告する。
 

(下線部分が、2013年6月現在の見解です。)

  

 

なお、更新講習で配布されたA3のプリント※のイメージは、過去記事 「(問題)試合中のPKで起こり得る問題」 にありますので、そちらをご確認ください。

 

※2010年度の更新講習で配布された、「ペナルティーキック 違反とその判定」というA3のプリントに、表の形式で

「キックを行うと特定した競技者の味方競技者が前進し、代わりにキックを行った場合・・・ボールがどのような結果(ゴールに入った/ゴールに入らなかった)に関わらず、競技者は警告され、ペナルティーマークからの間接フリーキックで再開」

ということが書かれています。

 

☆ 関連記事 ☆

「(問題)正しい再開方法を選択せよ(トリックPK)」

「(問題)試合中のPKで起こり得る問題」


 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1267-4b6e81e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック