3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
(問題)正しい再開方法を選択せよ(トリックPK)

 

本日行われたブルガリア戦で出された4枚のイエローカードに関して、速報ベースでUPしておきます。

 

長友選手以外の3枚は、多分「ラフプレー」(反スポーツ的行為)だと思います。ただ、長友選手は「(副審への)異議」かなぁ~、という感じです。詳しくは、公式記録が出てから記事としてUPします。

 

 

今日は、明日の記事でUPすることにして、昨夜放送されたバラエティー番組を見ていて思いついた(思い出した)内容を。

 

マツコ&有吉の怒り新党の「新・3大〇〇調査会」のコーナーは、「日本人が知っておくべき!新・3大サンフレッチェ広島の奇策」
というものでした。

 

その中の2010年のJリーグの開幕戦のトリックPKに関しては、このブログでも記事にしています。皆さん、記事の内容を覚えていますか?(関連記事参照)

 

番組内でも「反則だった」ということは触れていましたが、本来行われるべきだった再開方法などには触れられていません。

 

ということで、復習問題です。


YouTube: 2010 J1 開幕節 広島×清水 PKシーン


 

このようなペナルティーキック(キッカー以外の選手がペナルティーキックを行いボールがゴールに入った)が行われたあと、再開方法や懲戒について正しいものを選択せよ。

 

1)ペナルティーエリア内に侵入してキックを行った攻撃側競技者(佐藤選手)を警告し、ペナルティーキックをやり直す。

2)もともとのキッカー(槙野選手)を警告し、ペナルティーキックをやり直す。

3)もともとのキッカーとペナルティーエリア内に侵入してキックを行った攻撃側競技者の両者を警告し、ペナルティーキックをやり直す。

4)懲戒なしでペナルティーキックをやり直す。

5)ペナルティーエリア内に侵入してキックを行った攻撃側競技者を警告し、ペナルティーマークから守備側チームの間接フリーキックで再開する。

6)ペナルティーエリア内に侵入してキックを行った攻撃側競技者を警告し、その競技者が侵入したペナルティーエリア(またはペナルティーアーク)の境界から守備側チームの間接フリーキックで再開する。 

 

  

 (正解が見えてしまわないように、改行を入れています)

 



 

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ  ← 正解を見る前に、必ずクリックのご協力をお願いいたします。

 

 

 

 (正解が見えてしまわないように、改行を入れています)

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ  ← クリックがお済みの方は、以下にお進みください。(笑)

 

  

正解は、6)です。 5)です。(← 5/31 緊急訂正!)(更に追記。現在、念のため確認中です。今しばらくお待ちください。← 確認がとれました。現在の見解は5)で間違いないようです。)

 

5)か6)で悩んだ方が多かったのでは?と思います。

  

本当は、1)5)6)の3つだけの選択肢にしようかと考えたのですが、ちょっと簡単すぎるかな? ということで、あえて「キックをやり直す」という間違った再開方法の選択肢を増やして、「あれ?やり直しだっけ?」と頭の中を混乱(要するにヒッカケ)させようと試みましたが、いかがでしたか?

 

「やられた!」という方も、「そんなヒッカケには惑わされなかったぞ!」という方も、

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ  ← こちらのバナークリックのご協力をお願いいたします。

 

詳しい解説については、過去記事 「佐藤寿人選手のトリックPKは反則」 をご確認ください。(後ほど訂正記事をUPします。← 5/31 緊急追記!)

(更に追記。過去記事 「(問題)試合中のPKで起こり得る問題」 の中の、 

「2010年に行なわれた更新講習で配布された「ペナルティーキック 違反とその判定(主審がPKを行なう合図をして、ボールがインプレーになる前に、次の状況が起きたとき)」というA3サイズのプリント」 

の図で、

「キックを行うと特定した競技者の味方競技者が前進し、代わりにキックを行った場合・・・ボールがどのような結果(ゴールに入った/ゴールに入らなかった)に関わらず、競技者は警告され、ペナルティーマークからの間接フリーキックで再開しなさい」

という意味の図になっています。  ) 


 

なお、なんで「やり直しじゃないの?」という方は、上記の記事の補足記事 「佐藤寿人選手のトリックPKに関するおまけ」 もご覧ください。

 

 

さて、それでは、審判報告書に記載する「警告の理由」は?

 

  

(正解が見えてしまわないように改行を入れています) 

 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ  ← クリックはお済みですか?

 

 

 

(正解が見えてしまわないように改行を入れています) 

 

 

 

「反スポーツ的行為」です。「ペナルティーキックの開始方法そのものが、相手を惑わせる不正行為」とみなされます。

 

そのあたりの詳しいことは、過去記事 「佐藤寿人選手のトリックPKに関するおまけ」 に詳しく解説していますので、そちらをご覧ください。 

 

 

前述の番組では、AFCチャンピョンズリーグの試合も、「3大」の1つに選ばれていました。 


YouTube: AFCチャンピオンズリーグ サンフレッチェ広島 トリックPK



このPKに関しては、番組では「サッカー協会に問い合わせが殺到し、協会はボールが前に蹴り出されているので競技規則上PKは成立している、よって問題なしと回答した」と、とれるような内容でした。

 

えっ~?

 

いやいや、キックが行われる前に、槙野選手がエリア内に侵入しているので、広島側の違反があったことは間違いんですけれど・・・。

 

詳しくは過去記事 「今度のトリックPKも・・・。」 をご覧ください。

  

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ  ← 間違えた方も、正解した方もクリックはお済みですよね?



   

☆ 関連記事 ☆

「佐藤寿人選手のトリックPKは反則」

「佐藤寿人選手のトリックPKに関するおまけ」

「今度のトリックPKも・・・。」 

「昨日の記事のおまけ(トリックPK)」

「ペナルティーキック時の注意事項 進め方編」

「フリーキックはボールを持ち上げる方法でも行なうことができる」

「リスタート者がインプレー後に続けてボールに触れてしまったら・・・」 

 

サンフレッチェ広島F.Cあるある
亀谷哲弘
TOブックス
売り上げランキング: 446,060


 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
No title
記事のアップをいつも楽しみにしている者です。
今回の記事(アンケート)の佐藤選手によるPKのいはんについてですが、当初JFAから発表があったのは⑥の回答で間違いがありませんが、その後、改めて⑤の再開方法に訂正されませんでしたっけ?私の勘違いかもしれませんが、当時はJFAからの発表がバタバタしていた記憶があり、2006年Q&Aとも照らし合わせて確認したりしたものですが、自分の頭の中で、進入した違反ではなく、特定されたキッカー以外がPKを行った事にたいする違反で、蹴られた地点、すなわちPKマークからの相手チームの間接FKで再開だと整理していました。間違いかもしれませんが、一度ご確認頂けると良いかも知れません。以上、不躾なコメントとなり失礼しました。次の記事も楽しみにしております。
2013/05/31(金) 08:15:56 | URL | ろう #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
ろう さん、ありがとうございます。
 
記事を簡単に修正させていただきました。あとできちんと過去記事も含めて修正させてもらいます!
 
とりいそぎ、お礼のみ。
 
2013/05/31(金) 10:10:55 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
ろう さん、改めまして、コメント&情報ありがとうございました。
 
本日付けの記事に書いた通り、ろう さんから頂いた情報の通りでした。(インストラクターに確認しました。)
 
このブログを読んでいただいている方には、誤った情報をお伝えしてしまうことになりましたが、ろう さんのおかげで、誤った情報を発信し続けることなく、情報を訂正することができました。
 
本当に感謝し、お礼申し上げます。ありがとうございました。
 
これからも、ぜひこのブログの応援をよろしくお願いいたします。
 
2013/06/01(土) 16:25:04 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1269-5b679829
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック