FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判時の積極的な給水と、給水タイム中の監視項目など
 

 

ワールドカップの決勝トーナメントで、日本代表チームが負けてしまったので、ブログの背景を元に戻すことに。一応、応援の気持ちを表す意味で、選択できる背景のうち、侍ブルーに近いものに変更していましたよ~。

 

さて、今日の記事は、これからの数ヶ月間だけ注意が必要になることについて。

 

これから夏場にかけては、2種(高校生)以下の試合では、天候によっては飲水(給水)タイムが設けられる。

 

注)飲水(給水)タイム:試合の前半または後半の中間付近において、ボールがアウトオブプレーになった際、主審が試合を中断し、選手などに水分補給させる時間のこと。

 

テレビで放映されるプロの試合などでは、「飲水(給水)タイム」なんてものはなく、選手は試合中、フィールドから1m以上離れた場所に置かれているボトルを、試合が途切れたタイミング(選手交代、負傷者の搬出などやその他のアウトオブプレーのタイミング)で水分を補給しています。

 

このブログを見てくださっている、我が団の保護者審判の方には、審判を担当される際、試合前とハーフタイム時はもちろん、飲水(給水)タイム時も給水をとることをお勧めします。

 

ただし、以下の事に注意することを忘れないでください。詳しくは、競技規則の「日本語版付録」に「暑熱下でのユース以下の試合での飲水」という項目があるので、そちらをご確認いただきたいのですが、一部抜粋・要約して掲載します。(JFAのホームページでPDFファイルを探したのだけれど、見つかりませんでした。)

 

暑熱下でのユース以下の試合での飲水



1) ・・・暑熱下の試合では、前、後半それぞれ半分の時間を経過したころ、試合の流れの中で両チームに有利・不利が生じないようなボールがアウトオブプレーのときに、選手に指示を出して全員に飲水をさせる。・・・

2) 選手はあらかじめラインの外におかれているボトルをとるか、それぞれのチームのベンチ前でベンチのチーム関係者から容器を受け取って、ライン上で飲水する。

3) 主審、副審もこのときに飲水してよい。・・・

・・・ 

5) 30秒ないし1分程度ですばやく飲水させ、選手にポジションにつくよう指示して、なるべく早く試合を再開する。

・・・ 

7) 引水を行う場合は、試合前(あるいはハーフタイム時)に両チームにその旨を連絡して準備を依頼しておく。

8) この処置はあくまでも飲水のためであって、休憩や戦術などの指示を与える時間ではないことをチームに徹底させる。


  

上記のことに注意しながら、自分たち(審判団)も飲水(給水)しましょう。なかでも一番注意していただきたいのは、ベンチの指導者が飲水中の選手に指示を出し、選手のフィールドへの復帰が遅れる、といったシーンをよく見かけます。

 

給水タイムに入ったら、両チームのベンチに対し、「飲水(給水)タイム中、選手への指示は行わないようにして、すみやかに選手をフィールドに戻してください。」と、クギをさしておくのも予防としては有効だと思います。

 

そして、ベンチ側の副審(A1)と主審で協力し、ベンチの指導者が飲水(給水)タイム中に選手に指示を出して、ゲームの再開が遅れないようにします。(自分達も飲水しながらでOKです。)

 

具体的には、副審(A1)が、本部から見て右側のベンチのすぐそばで監視し、主審は本部から見て左側のベンチのすぐそばで監視すればOKです。

 

それから、あくまで試合のハーフの途中ですので、出場中の選手が、フィールド外に出ないようにすることと、控え選手がフィールド内に立ち入らないように監視する必要もあります。(ですので、給水(飲水)タイムをとる場合は、試合前にベンチの指導者に対して、給水タイムに入ったら、ボトルをベンチ前のタッチラインに並べるように要請しておく必要もあります。)

 

なお、飲水(給水)タイムをロスタイムに入れるか入れないかは、大会によって異なりますので、審判は事前に主催者などに確認をしておきましょう。(U-12以下のリーグ戦などの場合、ランニングタイム扱い(ロスタイムとして扱わない)のことが多い様です。) 

 

(2010.09.08 追記。飲水(給水)タイムは、原則としてロスタイム扱いになります。大会規定などで規定されていない場合は、飲水タイム分をロスタイムとして追加しなければなりません。)

 

(2010.09.08 追記。飲水(給水)タイム中の選手交代に関する記事をUPしました。その記事は、こちら。) 
 

 

ちなみに、審判員の飲水については、2005年度に「通達」が改めて出されており、こちらはJFAのホームページに掲載されているので、リンクを貼っておきます。

 

「試合中における審判員の飲水について」(05.07.29)

ご確認ください。http://www.jfa.or.jp/match/rules/pdf/law_soccer_050729.pdf 

 

☆ 関連記事 ☆ 

「飲水(給水)タイムのとりかた(の例)」

「飲水(給水)タイムの際に選手交代は可能」 

「飲水に関する通達が改定されました」

「飲水タイムや選手交代などオフィシャル系の試合停止後は、笛の合図で再開しましょう」

 

☆ 関連するタグ ☆

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/129-ac0b136d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック