FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
練習内容(2010/06/27) U9
 

 

本日の全体練習は、監督が実施。最初は1~3年生を3つの組に分けてコーン倒し。その後、ボールを使った運動神経刺激系メニュー。股の下でボールを落とさないように持ち替え、など。

 

今日は、指導者がたくさんいたので、低学年の全体練習のお手伝いを途中で抜けて、早く来て自主練習していた4年生と5年生と一緒に、「無回転シュート」の練習。本田選手の活躍の影響で、日本中のいたるところで発生しているであろう、「無回転シュート」の練習を、ここでも。

 

無回転シュートの「こつ」のようなものを解説しているのを、テレビでちらっと見たので、その時の解説と映像の記憶を元に、子供たちにアドバイス。

 

シュート時の足は、インステップキックではなく、どちらかというとインサイドキック。

ボールの重心を、足の面で捉える。

足の面で捉えたら、その足の面を押し出すようにして、長くボールに触れているようなキックになるよう意識する。

 

コツはなんとなく解ったのだが、実際に蹴れるかどうかは別問題。なかなか難しい。子供たちから、「コーチのボール、いっぱい回転してるじゃん。」 と、つっこまれる。

 

悔しいので、「あったりまえじゃん。そんなに簡単に無回転シュートが打てるような技術やセンスがあったら、プロの選手になってるよ!」と、大人げなく反論。

 

足のインパクト時にある一定以上のスピード、ボールの重心を捉える技術、ボールを長く押し出す技術、これらの条件が全てそろった場合に、無回転シュートになるらしいが・・・。

 

子供たちのほうが、回転の少ないボールを蹴っている。トホホ・・・。 

 

1時50分からの学年別メニューにおいて、私の担当は3年生。本日の3年生の参加は11名。

 

約10分間で、ボールタッチ系とストレッチ系メニューを実施。その後、スローインを足でトラップする練習。

 

2人組みで3mほど離れた距離から片方の選手がスローインで相手の足元にボールを投げて、もう片方の選手がそのボールを、足でトラップ。

 

11人なので、1人は私とペア。ローテーションで、ペアを変更。私のところにきた際に、スローインとボールトラップのチェックを行い、1人づつアドバイス。約20分。



給水休憩後の2時30分から約50分間、相手ゴールキックをカット(トラップ)して、マルセイユ・ルーレットのターンを入れて、その直後にシュートを打つ練習を実施。

 

ゴールから向かって右側と左側にマーカーを置き、左右に交互にボールを出し、右サイドおよび左サイドからゴールのある中央に向かうイメージでの練習。

 

トラップ、(マルセイユ)ターン、シュートをスムーズに行えるようになることを目標に何度も練習。

 

途中からは、子供たちの要請により、ゴールにキーパーを配置。そして、トラップ・ターン・シュートをスムーズに行うことができて、更にシュートがゴールに入ったら、ゴールキーパーと交替できるというルールで実施。

 

給水休憩後の3時40分から、ミニゲームを実施。今日も、ゴールを広くして、マルセイユターンからのシュート以外は得点にならない、というルール。

 

練習終了4時10分。

 

 
スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/130-b5e2dada
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック