3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
第7節の闘莉王選手のプレーについて



youtube のFC東京のオフィシャルチャンネルに映像がUPされたので、記事にしておきます。(ファイルがすぐに削除されるようなことがないと思われますので。)

 

下記映像ファイルの先頭から0分55秒付近~をご確認ください。(前半39分頃の出来事です。)


YouTube: 【ハイライト】J1リーグ第7節 東京vs名古屋


 

まずは、ハンドリングかどうか競技規則で確認します。

 

競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

ボールを手または腕で扱う

競技者が手または腕を用いて意図的にボールに触れる行為はボールを手で扱う反則である。主審は、この反則を見極めるとき、次のことを考慮しなければならない。
●ボールが手や腕の方向に動いているのではなく、手や腕がボールの方向に動く。
●相手競技者とボールの距離(予期していないボール)。
●手または腕が不必要な位置にある場合は、反則である。
●手に持った衣服やすね当てなどでボールに触れることは、反則とみなされる。
●サッカーシューズやすね当てなどを投げてボールにぶつけることは、反則とみなされる。


 

私には、ボールが闘莉王選手の方向に動いているのではなく、闘莉王選手の手がボールの方向に動いているように見えます。

 

もしかしたら、手をボールのほうに動かしたとは言い切れない、とおっしゃる方がいらっしゃるかもしれません。

 

でも、「(ボールが当たることを期待して広げている)腕がじゅうぶん不必要な位置にある」、とも判断できるので、やっぱり反則ですね。

 

ちなみに23日未明に放送された、TBSの「スーパーサッカー」では、「またもイエローカードかと思いきや・・・」というようなナレーションが入っていましたが、もし、ハンドの反則をとってカードを出すのであれば、「イエローではなくて一発レッド」 が正解です。

 

それを確認しておきましょう。

 

競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

ボールを手で扱う 

懲戒の罰則
競技者が次のように意図的にボールを手または腕で扱ったとき、反スポーツ的行為で警告されることになる。
●意図的にボールを手または腕で扱って、相手競技者がボールを受け取るのを阻止する。
●手または腕でボールを扱って得点しようとする。

しかしながら、競技者が意図的にボールを手または腕で扱って決定的な得点や決定的な得点の機会を阻止した場合、退場を命じられる。この罰則は競技者がボールを手または腕で扱うことによるものではなく、得点となりそうな状況を阻止するということによるものである。これは公正を欠いた介入で、(サッカー競技にとって)受け入れられることのできないものである。


 

(手を使って得点しようとしたらイエローカード。手を使って得点を阻止したらレッドカード。と覚えておきましょう!) 

 

厳密にはなんとも言えませんが、FC東京9番(渡邉 千真選手)のシュートはほぼ枠を捕らえていて、じゅうぶん競技規則でいうとこのろ「得点となりそうな状況」でした。それをボールを手で扱って阻止したので、「一発レッド(&FC東京のPK)」が妥当だったように思われます。 

  

主審は井上知大氏でしたか・・・。昨年の第21節でもゴールを取り消してしまうという大きなジャッジミスをされているんですよねぇ・・・。今回は、ポジショニングは悪くなかったと思うのですが・・・。ボールが闘莉王選手の手に当たった瞬間、まだ渡邉選手の死角に入り込んでいなかったように見えるのですけれどねぇ・・・。

 

それはさて置き、我々はこの判定から学びましょう。

 

前述の通り、ゴール前で守備側選手が、攻撃側選手が放ったゴールに向かってくるボールを手で防いでしまったら、一発レッドを検討しなければなりません。

 

ただし、至近距離からのシュートが、「不必要な位置にない」手や腕に「偶発的に」当たった場合は反則とはなりません。また強いシュートやフリーキックから体幹部(胸部や腹部や股間部)を守るために、身体の前面に添えられた手や腕も当然「不必要な位置にない」手になりますので、ご注意ください。

 

判断の肝というかミソというかポイントは、

「手がボールのほうに動いたのかどうか」
「当たることを期待して広げられているなど、手や腕が不必要な位置にあったのかどうか」

といったところです。 

 

以下、おまけの情報です。

 

この試合の公式記録は、こちら

http://www.j-league.or.jp/SS/jpn/j1f/201301000107103_W0201_J.html

  

カードの理由の詳細は、こちらで確認できます。

FC東京
http://www.j-league.or.jp/data/view.php?c=fctokyo&t=suspend&g=j1_1&y=2013 

名古屋
http://www.j-league.or.jp/data/view.php?c=nagoya&t=suspend&g=j1_1&y=2013

 

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 参考になったよ~、という方は、クリックのご協力を。 

 

☆ 関連記事 ☆

「2012年 Jリーグ第21節 鹿島アントラーズ vs ジュビロ磐田 の試合から」

「ハンドリング(ボールを手で扱う)とは」

「「ボールを手で扱う」に該当する例 … 2011 Referee Week in Review - Week 17 (米国サッカー協会)より」

「ボールが手の方に動いたのならセーフ … 2011 Referee Week in Review - Week 30 (米国サッカー協会)より」


adidas(アディダス) コネクト15 AF5000
adidas(アディダス) (2014-12-01)
売り上げランキング: 41,535

↑ 国際公認球(5号球)です。 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1307-d0a66910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック