FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
自分自身を大きく見せるために広げられた手にボールが当たるとアウト ・・・ 2010 Referee Week In Review Week 10 Clip3 より


 

2010 Referee Week In Review Week 10 Clip1&2 は、腕を武器として使うとレッドカードですよ、というお話でした。

 

Clip3 は、自分自身を大きく見せるために広げられた手や腕にボールが当たった場合、審判はファウルを認定しなければならないし、もしそれが自陣ペナルティーエリア内で守備側競技者が犯したものであれば、「反スポーツ的行為」としてイエローカードを提示することも検討しなければなりませんよ、というお話です。

 
2010 Referee Week In Review Week 10 Clip3




まずは、決定的な得点の機会の阻止にあたるかどうか。 

 

プレーの方向などが「決定機の阻止が成立するための条件」を満たさないので、このハンドリングはレッドカード対象のプレーにはなりません。(詳しくは、過去記事 「大きなチャンスとなる攻撃の芽を摘むファウルと得点の機会の阻止の「違い」 …  2011 Referee Week in Review - Week 26 (米国サッカー協会)より」 参照。)

 

決定機の阻止に関する日本語の競技規則の文章を覚えるより、英語のほうが簡単かも。

・Number of Defenders
Distance to goal
Distance to ball
Direction of play 

 

ということで、決定機の阻止かどうかの次に検討しなければならないのが、こちら。

 

競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

反スポーツ的行為に対する警告

(中略)

ボールを手または腕で扱って、相手競技者がボールを受け取るのを妨げる、また攻撃の展開を防ぐ(ゴールキーパーが自分のペナルティーエリアにあるボールを扱う場合を除く)。

(後略)


 

身体を大きく見せるために広げた手にボールを当てたことによって、相手競技者がボールを受け取るのを妨げ、明らかに攻撃の展開を阻止しているので、イエローカードが妥当でしょう。 

 

ちなみに、米国サッカー協会は、主審のポジショニングの悪さも指摘しています。 



米国サッカー協会の見解は、こちら

http://www.ussoccer.com/news/referee-programs/2010/06/2010-referee-week-in-review-week-9.aspx

でご確認ください。





 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1333-5436bd0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック