3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
フェアプレーとその場合の再開方法(2014ドイツ・ブンデスリーガ第24節ニュルンベルク対ヴェルダー・ブレーメンの試合から)
 

3年ほど前に、「ペナルティーキックを宣告したのに選手本人がファウルされていないと言ったらどう対応しますか?」  という記事を書いているのですが、ブンデスリーガで似たような出来事があったようです。

 

(ブンデスリーガ公式チャネルの映像)


YouTube: Fair Play Hero Hunt Rejects Penalty

 

3年前の記事で紹介したプレーとは少し違います。

 

今回のものは、「相手選手の足が出てきたので、思わず足をかけられたふりをして倒れてしまったのだけれど、冷静に考えたらフェアじゃないから、主審に事実を申告したよ。」という感じじゃないでしょうか。

 

主審はきちんとペナルティーエリアまで走り込んでいるのですが、ちょっと早く突っ込み過ぎていて、運悪くプレーを串刺しで見てしまう位置に入り込んでしまったようで、シミュレーションを見抜けませんでした。

 

(串刺し・・・守備側選手-ハント選手-主審 の3人を結ぶ線の角度が180度になっています。守備側-ハント選手-主審の角度が160~145度くらいになる位置で監視できていれば、シミュレーションを見抜けていたんじゃないですかね。)

 

なんか、公式チャネルの紹介映像を見る限りでは、主審はPKの宣告を取り消して、ニュルンベルクのフリーキックを宣告し直しているように見受けられますが、もしそうなら、正しい再開方法ではないと思われます。

 

多分、普通の人はそんなことを意識してこの映像をご覧にならないと思いますが、このブログは審判のブログなので、そのあたりを検証しておきます。

 

PKと思って笛を吹いたけれど、副審の助言でPKではなくシミュレーションと判断し、当該選手にイエローカードを提示した、というのであれば、反則が行われた場所から行う守備側チームの間接フリーキックで問題ないと思います。(直接FKではなく、間接FK。過去記事 「(問題)シミュレーションで選手を警告したあとの再開方法は?」 参照。)

 

しかし、今回は自己申告を受けて、判定を訂正しているので、イエローカードを提示する訳にはいかないと思います。(そんなことをしたら、自己申告というフェアプレーをする選手がいなくなってしまいますのでね。)

 

ということで、「主審自身が誤って笛を吹いたことにする」しかないんじゃないかな、と。(過去記事 「ドロップボールになるケース」 参照。) 

  

従って今回は、笛を吹いた時にボールがあった地点、つまりペナルティーエリアの内側かつゴールエリアの外側付近でボールをドロップするのが正しい再開方法だと思われます。

 

なお、こういうケースのドロップボール場合、攻撃側選手と守備側選手の両方を呼ぶ必要はありません。(過去記事 「ドロップボールのやり方」 参照。)

 

私なら、ハント選手を呼んで、ボールをゴールラインの外に蹴り出してもらうように指示(要請)すると思います。そうすれば次はゴールキックでの再開になるので。(ちなみに、ドロップボールから直接ボールがゴールに入っても、得点は認められません。 過去記事 「ドロップボールから直接ゴールに入っても得点にはならない(2012年度の競技規則の改正より、その2)」

 

ゴールキーパーだけを呼んで、ドロップ後に手で捕球させるということもできますが、その場合、その直後に行われるであろうパントキックの落下点(争点)を監視できるポジションへの到達が間に合わなくなる恐れがあります。

 

(あらかじめゴールキーパーにポジションにつくまで2~3秒パントキックを待ってもうらうように要請しておくことで、遅れることを回避するということもできますが、必ずしもパントキックを待ってくれるという保証はありませんのでね。)

 

何を隠そう、「ペナルティーキックを宣告したのに選手本人がファウルされていないと言ったらどう対応しますか?」  という記事で紹介している映像では、主審はゴールキックで再開になるようなドロップボールをしているのです。

  

 

最後に。

ブンデスリーガの公式チャネルの映像の編集の仕方では、ハント選手のフェアプレーがメインで、清武選手のフェアプレーをおまけ的な扱いで報じているような感じがしますが、私はむしろ「(前半17分の)清武選手のフェアプレーがあったから、ハント選手はいったんシミュレーションを試みてしまったものの、清武選手のフェアプレーを思い出し、その精神に刺激されて『自身のプレーがフェアではない』と思いとどまり主審に自己申告したのでは?」と思っています。

 

ま、そんなことはどうでもいいか。両選手に拍手を送るつもりで、 

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← こちらのクリックのご協力を。

 

上記のプレーを伝えるニュース記事 

ブンデスリーガ、清武とハントのフェアプレーに賛辞「真のスポーツマンシップ」 (SOCCER KING)

清武らのフェアプレーに称賛の声、ブンデス公式が取り上げる (ゲキサカ)

 
アディダス フェアプレー EDT SP 100ml
アディダス
売り上げランキング: 810,919


 

☆ 関連記事 ☆

「(問題)シミュレーションで選手を警告したあとの再開方法は?」 

「ドロップボールになるケース」  

「ドロップボールのやり方」 

「ドロップボールから直接ゴールに入っても得点にはならない(2012年度の競技規則の改正より、その2)」 

「ペナルティーキックを宣告したのに選手本人がファウルされていないと言ったらどう対応しますか?」 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1336-08228305
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック