FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
練習内容(2010/06/19) U9
 

 

本日の低学年の全体練習は、監督が実施。全体練習のメニューは、鬼ごっこ系メニューと、ボールを使った運動神経刺激系のメニュー。

 

2時からの学年別メニューで、私は3年生を担当。今日のメニューは、ドリブル(マルセイユ・ルーレット)と、ボールトラップ。

 

まず、最初に、ボールタッチ系のメニューをさせている間に、コーンとマーカーを配置して、次のメニューの準備。

 

中央にコーンを1つ配置し、両方向からドリブルを開始して、コーンの横を同時にすり抜ける練習。

 

ボール跨ぎのフェイント、マルセイユ・ルーレットでコーン横を通過。このところ、ドリブルのテーマを、マルセイユ・ルーレットにしている。徹底的に身体に覚え込ませるために、「これでもかっ!」というくらい、反復練習中。

 

右回り、左回りのターンの両方を練習。コーンの横を通過する際、コーンから離れすぎて通過してしまうので、コーンの横左右1mくらいのところに、マーカーを配置して、コーンとマーカーの間を通過するように練習。

 

ペアになる相手と、同じタイミングでドリブルを開始し、同じタイミングでコーンの横を通過するように指示。これは、「常に顔をあげてまわりを見る」意識をもってもらうため。

 

よって、スタート時も笛はなし。子供たちには、スタートの笛は吹かないから、前のペアのドリブルが終わったら、ペアと同時にスタートしなさい、とだけ伝えて見守る。「言われてやる」という受動的な練習ではなく、「自ら積極的にやる」という能動的な練習を目指して。

 

最終的にはアイコンタクトだけでスタートできるようになってもらいたいが、今は声や手をあげて合図することでも「よし」としている。

 

以前は、「おい。次は誰だっ。」というようなこともあったが、今日はそのようなシーンがほとんどなかった。ただし、自分の番がくるまで地面に「お絵かき」している選手はまだいるけれど・・・。うまい友達の「技」を見て・盗んで欲しいのだけれど・・・。

 

このメニューの最後は、コーンの前に私が立って、マルセイユ・ルーレットのチェック。うまく私をかわすことができた選手から、給水休憩。

 

給水休憩後の2時からは、ドリブルでゴール前まで行き、ゴール前のコーンの横でマルセイユ・ルーレットしたのち、すぐにシュートを打つ練習。イメージとしては、ドリブルでゴールキーパーの前までいった際、ゴールキーパーをマルセイユ・ルーレットでかわしてシュートするような感じ。

 

ターンのあと、自分の身体がどこを向いているのか、を瞬時に判断する、というか、ターンしながら常に自分の身体の向いている向きを意識してプレーしてもらうため、何度も繰り返して練習。

 

もちろん、右回りだけでなく、逆側で左回りのルーレットも同時に練習。

 

給水休憩後の2時50分からは、ボールトラップの練習。まだ、ボールトラップの練習を開始して間もないので、基礎的な練習。

 

イメージとしては、相手チームのゴールキックをカット(トラップ)して、すぐさまドリブルを開始するためのボールトラップ。

 

ボールを足の裏で完全に止めるきることができる選手は多い。しかし、そのトラップでは、素早いドリブルの開始ができない。正面方向からくるボールを、いかに自分のドリブルしたい方向に「適切なスピード」で跳ね返すか。これが大切。

 

ボールの勢いを止めきってしまえば、素早いドリブルにつながらず、その間に相手選手に身体を寄せられてしまい、窮屈なプレーを強いられてしまう。かといって、強く跳ね返しすぎると、自分の身体からボールが離れすぎてしまい、結果としてボールを奪われることになる。

 

先のようなシーンでは、ボールを跳ね返す強さは「強すぎず、弱すぎず」そして、相手選手のいない「自分が余裕をもってボールをコントロールできる」方向にトラップすることが大切。

 

自分に向かってくるボールの強さは、千差万別。強さに応じた足の捌きが必要になる。

  

まずは、感触をつかんでもらうため、スタート位置から私がボールを蹴った瞬間に前に飛び出し、指定された付近でボールをトラップし、その位置から2~3m先に書かれた直径1m程度の円の中にボールを止められればOK。

 

もう少し強く跳ね返すトラップのほうが実戦的なのだが、正確に狙った場所にトラップするという意識をもってもらいたいので、この練習を実施。

 

トラップしたボールの跳ね返りが強すぎたり、弱すぎたり、なかなかちょうど良い強さにならない。習うより慣れろ、ということで、繰り返し何度も練習。

 

次は、ボールをトラップ後にドリブルを開始する練習。ゴール前までドリブルし、最後はやっぱりマルセイユ・ルーレットをしてからのシュート。(まだまだ、ルーレットに拘るよ~。)

 

最後の給水休憩をとり、3時50分からミニゲーム。やっぱりマルセイユ・ルーレットにこだわったゲーム。

 

ゴールの間隔を広くとり、マルセイユ・ルーレットからのシュートがゴールに入った場合のみ「得点」。それ以外はノーゴール。

 

練習終了(4時20分)。

 

 
スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/135-08e6cbc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック