3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2014/02/16) 副審 × 1.0
 

  

本日は、所属する地区の協会から派遣されて、2種女子の都道府県大会の副審(A1)を担当。試合時間は35-10-35。同点の場合は延長およびPK戦。

 

主審はTさん、反対側の副審はMさんでいづれも3級。お二人とも何度かご一緒させていただいている方々。

 

都道府県大会にしては珍しく(?)第四審判員は配置されていないので、選手交代の場合は原則として副審1を担当する私が、都度走ってきて交代して入場する選手の用具チェックを行うことを確認。(主審のほうが近い位置にいる場合は、主審が確認するということを確認。)

 

あとは、普段と同じような打ち合わせ内容。

 

用具チェック時のお話。 

 

私が用具チェックを担当したチームのゴールキーパーのすね当てを確認したところ、年季の入ったストッキングの一部(というかところどころ)に穴があいていて、そこからすね当ての端の部分が少し出ている状態だった。

  

競技規則 第4条 競技者の用具

すね当て

●ストッキングによって完全に覆われている。

(中略)


 

一部が露出しているので、「完全に覆われている」とは言えない状態。さて、どうしたものか。あまり目くじらをたてるつもりはないけれど・・・。私だけで判断しないほうがよさそうに感じたので、一応主審にも確認してもらった。

 

主審も交えて簡単に協議。

 

選手本人に、「ちょっとストッキングに触れてもいいかな?」と了解をとってから、ストッキングの穴の位置をずらしたところ、とりあえず、すね当ての端が飛び出ている状態は改善された。ま、これなら良いかな、という状態になったので、入場を了承。

 

恐らく、ゴールキーパー用のユニフォームとセットでストッキングも歴代引き継がれているのでしょう。そろそろストッキングは買い替えてあげてくださいな。

 

試合中の主な出来事。

 

オフサイドおよびファウルサポートは私のサイドもA2サイドもなし。(ファウル自体が非常に少ない試合だった。) 

 

試合前に、指し違い防止について打ち合わせしたにもかかわらず、指し違いになってしまった。私が攻める向きを完全に勘違いしたため。ゴメンナサイ!

 

選手交代は、試合終了直前に2回行われたが、2回とも私がハーフウェーライン付近にいる時に要請されたものだったので、ハーフウェーまでのダッシュを要求されずに済んだ。

 
アレルシャット 花粉イオンでブロック 160回分
フマキラー (2012-11-13)
売り上げランキング: 24,754

 ↑ 持って行ってたのに、
使うの忘れた~。orz

 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。




 
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1358-aa5f2c0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック