3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2014/01/19) 副審 × 1.0 + 主審 × 1.0
 

本日は、二男の帯同(とはいうものの、二男はピアノの発表会で出場しなかったのだけれど)で、3種の公式戦の主審を担当。試合時間は25-5-25。

 

その前に、同じ会場で行われる試合の副審も、協会から派遣されて担当。もちろん、二男たちの学校のチームが絡まない試合。

 

副審を担当した試合の主審は2級のNさん。3級インストラクターでもある方。私は本部側の副審1(A1)を担当。反対側の副審2は、派遣要請元の顧問の先生(4級)。

 

派遣要請元の先生は、担当する試合の前の試合の指揮をとっていたので、Nさんとは雑談しながら簡単に打ち合わせ。

 

私の担当するサイドでオフサイドは3回ほど。うち1回はオフサイドポジションからの戻り(通称:戻りオフサイド)が1回。

 

その会場は、A1の後ろに観客が座るのにちょうどよいベンチが置かれていて、戻りオフサイドのフラグアップをした直後に、その観客席からため息が漏れて聞こえてきた。

 

「やっぱりとられたか。きっちりしているなぁ・・・。」と。

・・・の部分は「(判定が難しい)戻りオフサイドを見逃してくれれば良いのに」という感じだった。

 

一応、3級のワッペンをつけているので、100%オフサイドのプレーを見逃す訳にはいきませんから。

 

主審担当時のお話。

 

副審は協会から派遣されてきたMさん(3級)とMさん(3級)。お二人とも慣例通り試合開始60分前に会場入りしてくださったので、かなり入念に打ち合わせをさせてもらった。

 

オフサイド関連(見逃し時、フラグキャンセル時)のところや、指し違い防止関連はいつもと同じ。ファウルサポートに関しては、あまりペアを組んだことがないお二人で、お二人のファウル基準が不明だったので、いつもとは少し変えることにした。

 

いつもは「主審の死角をつくような悪質な手の使い方をしている場合を含む、主審の視野外で反則が行われた場合は、サポートをお願いします。」という感じなのだけれど、今日は

 

「オフェンスファウル(左手で旗を振る)は積極的にお願いします。しかしディフェンスファウルは、ペナルティーエリア内外に関わらず、原則私のほうで判断します。」

という感じにしてみた。

 

というのも、ディフェンスの選手が「相手選手に強く当たれない、強いフットボールコンタクトができない選手」と指導者に思われてしまうと、「スタメン落ち」とか「しばらくチャンスをもらえない」ということになりかねないので、その部分は副審の基準を挟まず、私の基準で統一してあげられるようにしたいなぁと考えたので。

 

(4級の方ならそれほどファウルサポートをしてくださることはないのだけれど、3級の場合はサポートしてくださるファウル基準が違う可能性もあるので。)

 

ま、次回もこのような依頼にするとは限りません。あくまで今日はこんなお願いをしてみた、という感じです。(ペアを組む方と、対戦するチームなどで変化すると思います。)

 

試合内容に関して。

 

ゴールキーパーとの交錯が懸念される場合は、早めにフラグアップしてもらうようにお願いしていたので、2回ほどボールに触れる前のフラグアップがあった。

 

1回めは私の予測した通り、選手が接触することなくゴールキーパーが捕球したので、キャンセル。

 

2回目は、副審側からはゴールキーパーの近くにいるオフサイドポジションの選手に見えたかもしれないけれど、実際にはオンサイド(だったと思われる)の選手がボールに触れたと感じられたので、フラグをキャンセル。

 

試合前の打ち合わせで、2列目もオフサイドだった場合は、フラグキャンセルの合図で一旦フラグを下げて、「もう一度フラグアップ」し直してもらうようにお願いしていたので、実際にボールに触れた(私がオンサイドだと感じた)選手もオフサイドポジションにいたのであれば、下げたフラグが上がり直すハズ、と思いながら副審を確認するとフラグがあがらなかったので、私の感覚があっていた様子。(試合後に確認済み。)

 

これは無難に対応したのだけれど、ミスもあった。

 

センターサークル付近で守備に戻ろうとしていた選手と私自身がやや強く接触してしまった。お互い倒れることはなかったのだが、その選手をケアすることに気をとられ、ボールから少し目を離してしまった。その間に相手チームのカウンター攻撃となり、ボールがゴールに入ったのだけれど、副審がオフサイドフラッグを掲げている。

 

オフサイドの笛が完全に遅れてしまった状態だった。しかし、笛が遅れたからといって、ゴールを認める訳にはいかないので、タンギングしながら笛を吹いて、「ごめ~ん、笛が遅れてしまって申し訳ない、オフサイドね~」と幻のゴールを決めた選手と両ベンチにも聞こえるくらいの大声で詫びを入れた。

 

それ以外にも、2回ほど選手のドリブルを邪魔してしまったシーンがあったので、今日はボールに寄り過ぎだったのかもしれない。

 

来週も担当するので、そのあたりを少し意識して担当しようと思う。

 

他にはアドバンテージは合計4回ほど適用したと思う。うち1回は思ったほど有利にならなかったので、ロールバックすることになったけれど、ま、これはミスというよりできるだけ試合をブツギリにしないようにしようと積極的にチャレンジした結果、ということで。

 

 

◇Casio カシオ Men's W756D-1AV Referee Timer World Time スポーツウォッチ 男性用 メンズ 腕時計 (並行輸入)



 ↑ amazon でreferee watch で検索したところ表示されました。45分のカウントダウンタイマーもついているようですが、ベルトがメタルタイプなので、サッカーの審判時には不向きだと思います。

 

amazon で商品を購入される場合は、このブログの右サイドバーにある検索ボックスをぜひご利用ください。(私に3.5のアフィリエイト・フィーが入ります。購読料代わりにご協力いただけると幸いです。) 



 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。




スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1386-63ea07f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック