3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
副審はシグナルをするために旗を持ち替えなければならなくなった場合、腰より低い位置で反対の手に持ち替えなければならない
 

右利きの人は、ボールがタッチラインを越えたことを主審に通らせるため、フラグを右手で真上に上げて合図をすることが多いと思います。

 

自分が担当しているサイドのゴールを守っているチームを守備側チーム(ディフェンス側)としたとき、攻撃側チームのスローインの場合は、右手で真上にフラグアップしたあと、そのままゆっくり右手を水平から30~45度になるようにシグナルすればOKなのですが、守備側チームのスローインの場合に、頭の上でフラグを右手から左手に持ち替えてシグナルしている方が非常にたくさんおられます。

 

「ダメ」ではないのですが・・・。

 

3級審判員を目指す方は、「腰より低い位置で持ち替えなおしてからシグナル」するように習慣つけましょう。 

 

というか、持ち替えしなくて済むように、「最初から左手で真上に上げて合図」できるのが理想です。

  

(ちなみに、インストラクターや上級の審判員の方に言わせると、「ボールがタッチラインを越えたときに、真上にフラグアップしなくて良い。そのままダイレクトに指して構わない。」という感じのようですが・・・。)

 

競技規則 ガイドライン 第6条 副審 副審のシグナル

フラグテクニックとチームワーク

(中略)

副審は、次のシグナルを示す方の手で旗を上げなければならない。状況が変り、次のシグナルをもう一方の手で行わなければならなくなった場合、副審は腰より低い位置で反対の手に旗を持ち替えるものとする。

(後略)


 

ちなみに、英語版(FIFA版)では、後半の文章は、

If circumstances change and the other hand must be used for the next signal, the assistant referee should move his flag to the opposite hand below the waist. 

 

となっていて、must ではなく should 、いわゆる「義務」を表すshould が使われているので、「腰より低い位置でフラグを反対側の手に動かすべき」となっています。

 

4級審判員の方は、努力目標という感じですが、3級昇格を目指す人はしっかり励行しましょう!

 

ちなみに副審は、フィールドに正対しているとき、原則として「フラグを左手」で持っていなければなりません。

 

競技規則には、「フィールドに正対しているときは、左手で」というようなことは書かれていませんが、これは、自分(副審)の身体で主審の視野からフラグを隠してしまわないよう、常に主審から見えるようにしなければならないので、必然的にそうなります。

 

これも、3級を目指そうと思っている方は、ぜひ覚えておいてください。

 

☆ 関連記事 ☆

「副審はフラグを頭上で持ち替えてはならない」 

 

[カシオ]CASIO 腕時計 PHYS フィズ TIMERS11 RFT-100-1JF



☆ 関連するタグ ☆

 
 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1414-dea35e0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック