3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
すね当てはストッキングによって完全に覆われていなければならない

 

先週末に行われた、わが団主催の招待試合での出来事(本部席から見ていて気がついたこと)などを、数日に分けてUPしていきます。

  

まずは、表題に書いた文章に関する出来事から。

  

いつからその状態になったのかは不明なのだけれど、ある選手の片方のストッキングが下がって、すね当てがほぼ半分見えた状態になっていました。

 

色は蛍光色で、すね当てが見えていることがはっきり判る状態でプレーに参加しているので、主審も気がついているとは思うのだけれど、主審は何も指示することなく試合が進んでいきます。

 

これ、NGです。競技規則に違反しているのを主審が見過ごしている状態です。

 

競技規則 第4条 競技者の用具

すね当て
●ストッキングによって完全に覆われている。
(後略)


 

完全に覆われていないと、プレー中に外れて怪我することになったり、あるいは外れたすね当てを踏んで他の選手が捻挫するようなことがあってはいけない、という安全面の配慮からでしょう。 

 

なので、すね当てが見えた状態でプレーに参加させることはできません。もし、すね当てが見えていた場合、競技規則を厳格に適用するのであれば、選手をピッチの外に出して、すね当てがしっかりストッキングで覆われた状態になるように直させて、次のアウトオブプレーのタイミングで、ストッキングで完全に覆われた状態になっていることを主審自身が確認した上でピッチに戻さなければなりません。

 

ま、実際問題としては、何らかの理由でストッキングが下がってすね当てが見える状態になってしまっただけなら、ストッキングをしっかり上(すね当てが見えない状態になるところ)まであげるようにその場で修正させるだけで良い(いちいちピッチの外に出す必要はない)と思いますが。

 

一応、厳格に適用するなら、と書いた根拠も掲載しておきます。

 

競技規則 第4条 競技者の用具

違反と罰則

本条に関する違反があった場合、
●プレーは、停止される必要はない。
●違反をした競技者は、主審にフィールドから離れて用具を正すように指示される。
●用具を正していなければ、その競技者はボールが次のアウトオブプレーになったとき、フィールドから離れる。
●用具を正すためにフィールドを離れるように求められた競技者は、主審の承認なくフィールドに復帰してはならない。
●主審は、競技者のフィールドへの復帰を認める前に用具が正されたことを点検する。
●競技者は、ボールがアウトオブプレーのときのみにフィールドへの復帰が認められる。

本条に関する違反によりフィールドから離れるように求められた競技者が主審の承認を得ずにフィールドに再び入った場合、その競技者は警告されなければならない。


 
 ← 私が団の保護者の方に推奨しているソフトガード。なぜ薦めているかというと、洗濯機で洗えるからです。

 

☆ 関連記事 ☆

「すね当て止めの色が・・・(2012年度の競技規則改正より、その1)」 

「シンガードストッパーなどストッキングの上に巻くものが・・・」 

 
 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1421-1465061a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック