3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
FIFA Club World Cup Morocco 2013 開幕戦(Raja Casablanca 2:1 Auckland City FC)の決勝点は・・・

モロッコで、FIFA Club World Cup 2013 が開催されています。

 

この大会の開幕戦は、ラジャ・カサブランカ(開催国王者)対 オークランドシティ(オセアニア王者)で行われました。

 

試合は、ラジャ・カサブランカが2対1で勝利しました。

 

FIFAのハイライトではカットされてしまっているのですが、これ、レフェリー(ジャマイカガンビアの Bakary GASSAMA 主審)のファインプレーで決勝点が生まれているのです。

 

下の映像の先頭から3分5秒~をご覧ください。 


YouTube: Gols - Raja Casablanca 2 x 1 Auckland City - Mundial de Clubes - 11/12/2013



 

ラジャ・カサブランカの5番(Mohsine MOUTAOUALI 選手)が足を刈られて倒されますが、ボールはラジャ・カサブランカの16番(Mohamed OULHAJ 選手)の前に転がります。

 

OULHAJ 選手がボールに触れようとしますが、倒れてもすぐに起き上がって再びボールに駆け寄ってきたMOUTAOUALI 選手がそのままドリブルを継続しようとしたのを確認したGASSAMA 主審は、笛で試合を止めずにプレーオン(アドバンテージ)を適用。(映像の中で「笛のような音」が聞こえますが、主審の笛ではありません。)

 

そのプレーオンからそのままゴールに繋がりました。

 

倒されてもプレーを続けたMOUTAOUALI 選手、ゴールキーパーがはじいたボールに反応してゴールを決めた18番(Abdelilah HAFIDI 選手)も、もちろん素晴らしいのですが、プレーを止めなかった(アドバンテージを適用した)GASSAMA 主審も素晴らしいパフォーマンスでした。

 

これ、審判として実際に笛を吹いたことのある人にしか解ってもらえないかも知れないのですが、なかなか難しいんですよねぇ・・・。

 

選手が明らかにファウルされて倒された場合、思わず笛を吹いて止めてしまうことが多いんですよ。普段からアドバンテージを適用する、ということに慣れていないと。

  

おそらく、どのメディアもGASSAMA 主審の素晴らしいパフォーマンスに言及しない/していないと思いますので、私が言及しておくことにします。

  

おまけのお話。

  

レフェリーがファウル直後にすぐに笛を吹かなかったシーンに出くわして、「笛が遅いじゃないか!この下手くそ審判!」と思ったことのあるサポーターさんもいらっしゃるかも知れないのですが、レフェリーはあえてワンテンポ待って、アドバンテージを適用したほうがファウルされたチームの有利な状況になるのか/ならないのかを見極めている場合があります。

 

「ファウル→即『笛』」だけがレフェリーの仕事ではない、ということをぜひ知っておいてくださいませ。

 
 

☆ 関連するタグ ☆

 
 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1422-23cad1c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック