3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
競技規則 2013/2014 書店版

 

やっと最新版の競技規則が書店で購入できるようになったようです。

 

審判員資格を更新すれば、毎年夏に最新版が日本サッカー協会から郵送されてくるので、普通は書店版を購入する必要はありません。

 

しかし、まだ資格をお持ちでない方で、どうしても製本された状態のものが欲しいという方は、
こちら ↓ の書店版をどうぞ。

 ← 現在は最新版が出ています。ご注意ください。

 

製本された状態のものではなく、データだけで良いという方は、(公財)日本サッカー協会の競技規則のところ にPDFファイルが保管されていますので、そちらをダウンロードすればOKです。(もちろん、無料です。)

 

ただし、PDF化されているのは、競技規則本文と、競技規則の解釈と審判員のためのガイドラインだけで、日本語版付録の部分は、PDFが用意されていませんので、ご注意ください。

 

協会から郵送された最新版を紛失したり破損したという方は、Kickoff (JFA Web登録サイト)で物品購入申請をすれば、1,000円+郵送料(210円?)で購入できます。そちらのほうが、書店版を購入するより少しだけ安く購入できます。 

 

書店版は、郵送されてきた(2014年度に審判員資格取得講習会受講時に配られる)ものとほぼ同じです。表紙カバーがついていることと、書店販売用にバーコードと金額表示が最終ページに記載されている、という違いがあるだけで、あとは一緒です。(今年度版はまだチェックしていませんが・・・)

 

来年度に新規に審判員資格を取得しようと思っていらっしゃる方は、慌てて購入しなくても、講習会受講時に同じものが手に入ります。

 

これから審判員資格を取得しようかなぁ、とお考えの方は、競技規則よりも「サッカーレフェリーズ」の本をお薦めします。(講習会時に副教材として配られる可能性はありますが・・・。)

 ← 現在は最新版が出ています。ご注意ください。

 

この本は、試合の流れに沿って解説されていて、競技規則には書かれていないのだけれど現場で必要な知識などが盛り込まれている教材、といえます。

 

詳しくは、過去記事 

「『サッカーレフェリーズ』 という本」 および

「『サッカーレフェリーズ』という本(その2)」 をご覧ください。

 

☆ 関連記事 ☆

「本「サッカーレフェリーズ」の2012/2013年度版」

「『サッカーレフェリーズ』 という本」

「『サッカーレフェリーズ』という本(その2)」

「サッカーのルールを自分で学習する方法」



 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
No title

TOM3さま。

いつも楽しく拝見させてもらってます(^o^)

競技規則について、二点ほど質問させて下さい。

「第12条には、相手を抑える…や、ハンドリング…他にもあるが、それらはどのような事を考慮にいれて判断するべきか?」と質問されたのですが、TOM3さんならどうお答えになりますか?

もう一点…

「競技規則の精神とは?」とも質問されましたが、なんと答えていいのかわからなくて・・・

正解というか、TOM3さん的なお答えを聞かせて下さい。

よろしくお願いします(’-’*)♪
2013/12/06(金) 14:55:28 | URL | RESPECT #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
RESPECT さん、コメントありがとうございます。
 
まず、お断りしておきますが、私はインストラクターの資格を持っていませんので、ご了承ください。
 
>「第12条には、(中略)、それらはどのような事を考慮にいれて判断するべきか?」
 
う~ん、難しい。3級を目指す人あるいは3級以上の人に対する問いかけなんでしょうねぇ・・・。
 
まずはカテゴリー。4種のU-10以下なのか、U-12以下なのか、3種以上なのかというような選手の年代。育成年代なのか、そうではないのか。
 
次に試合の種類。リーグ戦なのか、トーナメント戦なのか。次のステージにつながる試合なのか、そうではないのか。
  
その試合のどのタイミング(序盤、中盤、終盤)で行われたものなのか。(その試合の中でのその選手のファウルの状況や逆にファウルを受けている状況も。)選手を落ち着かせるための「間(ま)」が必要なのか、そうではないのか。
 
得点の状況。
 
試合前に得られた情報はあったのか、なかったのか。例えば、ラフプレーの多い選手、異議を唱えることが多い選手、カードの累積状況など。
 
ファウルはファウルとして認定すべきだけれど、その背景にあるものなど、主審がそれまでに得られた全ての情報を考慮して判断できるのが望ましい、という感じですかねぇ~。
 
>「競技規則の精神とは?」
 
これは、答えを知っています。上級審判の間では有名(?)なお話です。審判活動でアンテナを高く張っていると、これからも何回も聞くことになると思いますよ~。
 
簡単に言うと「安全・公平・喜び」の3つの精神です。
 
安全・・・相手も自分もみんなが怪我することなくプレーができる。
公平・・・両チーム、選手、みんなに公平・平等である。
喜び・・・みんなが楽しくプレーできる。
 
(私の場合、安全・公平はすぐに思い出せるのですが、最後の「喜び」がよく「え~っと、何だったっけ?」となります。)
 
2013/12/06(金) 23:27:11 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title

TOM3さま。

素晴らしいご回答、ありがとうございました♪

言われてみれば・・・と、思うことばかりですが、いざ問われるとなかなか答えることが出来なくて・・・

とても勉強になります(^o^)


競技規則の精神とは・・・なるほどです(’-’*)

私は初めて耳にしましたが、有名な話(?)なんですね(^o^)

今後、審判活動をしていくうえで、しっかり心得るようにしていきます。



質問させてもらって、本当によかったです(´▽`)

ありがとうございました。
2013/12/07(土) 13:37:47 | URL | RESPECT #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
質問主の方から、解答例(模範解答?)をお聞きすることができた暁には、ぜひご連絡くださいね。>RESPECT さん。
 
 
2013/12/07(土) 18:39:43 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1435-7073392c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック