3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
レフェリーの最適なポジション ・・・ 2010 Referee Week In Review Week 5 Clip 1
  


2010 Referee Week In Review Week 5 Clip 1


 

審判初心者の方は、まずは「ボールの近くでプレーを監視」するということをテーマにして、レフェリングを行ってください。

 

プレーに巻き込まれそうになったら、というか巻き込まれる気配を感じたら、早めに素早くバックステップやサイドステップを使って、巻き込まれる前にその場所から上手く逃れましょう。

 

で、慣れてきたら、次は最適な場所からプレーを監視することをテーマにしましょう。この「最適な」というのがとっても難しいのです。

 

副審とプレーを同じ方向から監視しない位置。

予想される次の争点に遅れない位置。

守備側選手と攻撃側選手が串刺しの位置にならない(例:攻撃側選手の陰に守備側選手が入り込んでしまわない)位置。

ボールをキープしている選手のパスコースを邪魔しない位置。

などなど。

  

刻々と変化する状況の中で、プレーを監視しながらすべての項目をクリアする位置を見つけ出してそこに位置取りすることはなかなかできません。というか、無理です。その時何を優先しなければならないのかを瞬時に判断して、最適な位置を割り出して自分の居場所を見つけだしましょう。

   

特に主審自身がパスコースに入り込んでしまい、攻撃側チームの大きなチャンスをつぶしたり、あるいはボールに当たってしまって守備側チームのピンチを招くという事態だけは避けましょう。

 

そのためには、ボールまわりのプレーを監視しつつ、周囲の選手の動きも確認することが必要です。ただ、周囲の選手の動きを確認することを意識し過ぎると、ボールまわりのファウルを見落としかねないので、ご注意を。

  

上の映像における、ボールが当たってしまったときの、本来ならいるべきだった「最適な位置」は下図の赤〇付近

2010_referee_week_in_review_week_5_001.jpg

ということが、米国サッカー協会のページで解説されています。

http://www.ussoccer.com/news/referee-programs/2010/04/2010-referee-week-in-review-week-5.aspx 

でどうぞ。


  


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1439-e4f2a0a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック