3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
試合引率記録(2013/11/04) U10 
 

本日は、4年生(U10カテゴリー)の公式戦を引率。我が団の4年生は2チームエントリーしているので、片方のチームを担当。

 

前期は保護者として観客席から試合をみていたのだけれど、ちょっとパスを通すことを意識しすぎるあまり、パスの受け手がいないところに蹴ったり、そんな狭いところプロでも通せないよ、と思われるようなところを通そうとして、結局相手選手にボールを奪われてピンチになって失点する、というパターンが非常に多かった。

 

パスを出す方は目の前の選手との勝負より、パスの出し場所を探すことばかり意識しているし、パスを受けるほうは、パスをもらおうとすることだけ意識しているので、ボールを持っている選手から距離を取ろうとばかりする。

 

だから、ボールをキープしている選手がボールを奪われると、何人もの選手が遠い位置で逆を突かれた形になるので、「戻れない」。戻る(寄せる)選手が少ないから、相手チームは簡単にこちらのゴールにたどり着く。



そこで、今日は思いっきて「パス禁止」の指示を出し、少し自分でボールを運ぶということをチャレンジしてもらうことにした。そしてもうひとつ「(ボールを)取られたら、取られた選手が責任を持ってボールを奪い返しにいく」ということも指示。

 

今日のテーマはこの2つ。

 

パス禁止にしておいたが、前を完全に塞がれて、どうしようもなくなった時に、ほぼ無意識的に真横にいて前が空いている味方選手の前にボールが出る(パスが通る)シーンが何度かあって、大きなチャンスになることもあった。

 

もちろん、今日の指示には反しているが、それはそれで構わない。

 

「パス禁止」の本当の意味は「(闇雲にボールを蹴って)パス(だと言い訳すること)禁止」なので。

 

顔を上げて状況を判断して、確実に通せると思うところに自然にパスを通せたのなら、何の問題もない。

 

全体的にボールを失う時間が少なかったのと、闇雲に蹴って返って大ピンチを招く、というシーンがほとんどなかった。

 

今日の試合の相手チームは、「ボールを持たせると厄介だ」と思われる選手が1人だったので、なんとか勝つことができたのだけれど、そういう選手が2人以上いるチームや、普段から徹底的にパスの練習をしているチームが相手だと、そう簡単には勝たせてもらえないだろうなぁ。

 

なので、もう少し個人個人のボールキープ力と、ドリブル突破力をUPさせたいな、という感じ。 

 

まずは、1対1の場合は原則として「勝負」し、2人以上の相手選手に寄せられた場合に周囲を見渡すことができて「確実にパス」が通せるようになる。

 

そんな感じで後期は戦っていくことにしよう。 

 

本日の結果、1勝0敗0分。

 

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1463-2ad24c82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック