3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
試合を完全に止めてから壁の操作に入らないと厄介なことになりますよ、という例 ・・・ 2010 Referee Week In Review Week 3 CLIP 2
 

直接ゴールを狙える位置で、攻撃側チームにフリーキックの権利を与えた場合の主審のとるべき動作(の例)については、審判のトレーニングなどで上級審判員の方から教えていただいた内容を元に、過去記事 「フリーキック時の壁の操作(その2)」 に詳しくまとめておきましたので、そちらを確認していただきたいのですが、そんな感じできちんと対応しないと揉める原因になりますよ、という例です。

 

下記の映像をご覧ください。

2010 Referee Week In Review Week 3 CLIP 2
 

 

主審は壁の操作に入るのであれば、次に笛が吹かれるまでは、キックを再開しない(再開できない)ことをキッカーと確認(契約)しておくべきでした。(規定の距離壁を下げた場合、再開時に笛が必要であることは、競技規則で定められています。)

 

競技規則 ガイドライン 第5条 主審 主審のシグナル 

笛の使い方

次の場合には、笛を吹くことが必要である。

(中略)
●次の場合にプレーを再開するとき
-規定の距離を下げたときのフリーキック 
(後略)


 

上記の映像の中で主審は、明らかに壁の操作を行おうとしています。

 

もし、壁の操作をするつもりがなかった(=クイックスタートを認める)のであれば、不用意に壁の後ろに回り込むべきではなかったと思います。あの位置に主審が来たら、守備側守備側選手は、当然主審が壁のコントロールをしている最中(=試合は完全に停止されていて、再開には笛が必要)だと認識してしまうので、揉める原因になってしまいますね。

 

直接ゴールが狙える位置で攻撃側チームにフリーキックの権利を与えた場合、主審にはたくさんの注意すべき項目が出てきます。簡単には書けないので、まだ読んだことがないという方は、過去記事 「フリーキック時の壁の操作(その2)」 を必ず1度は目を通しておいてくださいませ。

 

(競技規則や、市販されている審判法に関する書籍などには書かれていないことが、しっかり書けているなかなか良い記事だと思っています。といっても、上級審判員の方からアドバイスいただいたことをまとめただけなんですけど。)

  

最後に、上の映像の米国サッカー協会の見解は、

http://www.ussoccer.com/news/referee-programs/2010/04/2010-referee-week-in-review-week-3.aspx 

でご確認ください。

 

☆ 関連記事 ☆

「フリーキック時の壁の操作(その2)」 

 

 ← 「はいキミ。もう少し下がりなさい!」「すみませ~ん。自分じゃ下がれないので、運んでもらって良いですか~?」

  

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
質問です。
blogをいつも参考にさせて頂いています。

先日、4種の試合での出来事です。

PA付近でファウルがあり。FKとなりました。
クイックリスタートをされないように、守備側選手がボールの前に立ちました。
主審は守備側選手に対して、ボールから離れるように指示をし、壁のコントロールを行いました。
この時に笛が吹かれなかった為、守備側選手は試合が停止されていないと思い、ボールから離れませんでした。

壁のコントロールの際には、試合の停止を知らせる笛は必要ないのでしょうか。

ちなみに試合は笛で再開されました。

1.ファールの笛
2.試合の停止の笛(壁のコントロールの為)
3.試合再開の笛

都合3回の笛が必要だと思っていました。

どうなんでしょうか。
2016/05/16(月) 08:00:21 | URL | KKKK #PX0dMYks [ 編集 ]
Re: 質問です。

KKKK さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

> 壁のコントロールの際には、試合の停止を知らせる笛は必要ないのでしょうか。

壁を歩測などを行ってしっかり規定の距離下げた場合、競技規則のガイドライン側で規定されているので、再開時に必ず笛が必要になります。しかし、守備側競技者に「下がりましょう」とか「ボールから離れましょう」というような簡単な声かけだけを行った場合(これも一種の壁のコントロールになります)は、試合は停止していないと考えるべきだと思います。


> ちなみに試合は笛で再開されました。
>
> 1.ファールの笛
> 2.試合の停止の笛(壁のコントロールの為)
> 3.試合再開の笛
>
> 都合3回の笛が必要だと思っていました。

規定の距離壁を下げた場合の再開時には笛が必ず必要になりますが、フィールド内にいる全ての競技者に対し「笛で再開となる」というコンセンサスを得ていれば、2の笛は必須ではないと思います。(私はコンセンサスを得る目的で必ず2の笛を吹くようにはしていますが。)

というのも、ガイドラインの笛の使い方のところには、
「笛を吹くかどうかの判断は主審に任されているが、プレーの開始のために笛を吹く必要がある場合、主審は、笛のシグナルまではプレー再開とならないと競技者にはっきり伝える。」
という文章が掲載されていますので。


壁の操作に関しては、過去記事

「フリーキック時の壁の操作 (その2)」
http://tom3kyu.blog.fc2.com/blog-entry-47.html

をご覧いただくのがよろしいかと思います。


2016/05/17(火) 01:02:01 | URL | tom3 #8M5qpgQ6 [ 編集 ]
ありがとうございます。
御回答有難うございます。

2の笛の必要性について判り易い説明有難うございます。

競技者全員が確認出来る方法が必要ということですね。

審判は難しいですね・・・

今後も参考にさせて頂きたいと思います。

2016/05/17(火) 07:27:34 | URL | KKKK #PX0dMYks [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1473-2a2b6cc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック