3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
チーム役員が決定機の阻止?!

 

昨日の記事に引き続き、スポーツ仲裁裁判ネタをもうひとつ。

 

こちらはブラジルでのお話。


YouTube: CONFUSÃO: Massagista entra em campo e tira o gol do Tupi-MG contra o Aparecidense


 

決定機の阻止を行ったのは、トレーナー(マッサージ師)の ロミウド氏。

 

ブラジルのスポーツ仲裁裁判所は、トレーナーの決定機の阻止を認め、相手チームのゴールを認める。トレーナーは、24試合のベンチ入り禁止。

 

下の映像の1分22秒~において、そのトレーナー(マッサージ師)がインタビューに応じています。(ポルトガル語?なので、なんて言っているのかは全く解りませんが・・・。) ※映像サンプルとして表示されている方ではありません。


YouTube: Massagista entra em campo e tira gol fantastico 08/09/13 (INÉDITO E EXCLUSIVO)



  

競技規則には、「得点があった時に、その得点したチームの関係者がピッチ内に侵入していた場合は、得点が認められない」という規定と、「得点があった時に、得点された(失点した)チームの関係者がピッチにに侵入していても、得点が認められる」という規定はありますが、決定的な得点の機会を、守備側チームの関係者が阻止した場合(選手ならレッドカード)は想定外だったようで、掲載されていません。

 

今回、このような出来事があったので、今後は何かルールが設定される可能性がありますね。

 

既にブラジルのスポーツ仲裁裁判所の決定で、試合後に得点が認められたようですが、もしルール化されるなら、恐らくチーム関係者が退席させられた上で、PKで再開(ただし、ボールに触れた場所による)になるのじゃないのかなぁ・・・。 

 
アディダス レフリーセット2 ブラック Z1187 770153
adidas(アディダス)
売り上げランキング: 1,354


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1474-e5be5615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック