FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
日本代表 vs コロンビア代表の試合(2014/06/25 ワールドカップブラジル大会 グループ C)の公式記録ほか

 

 

この試合のハイライト映像は、こちら

http://www.fifa.com/worldcup/videos/highlights/match=300186457/index.html

で確認できます。

 

 

この試合の公式記録PDFは、こちら

http://resources.fifa.com/mm/document/tournament/competition/02/38/44/48/eng_37_0624_jpn-col_fulltime.pdf 

 

審判団は、ポルトガルの審判団。 Pedro PROENCA主審

 

前半15分34秒付近。

今野選手に出されたイエローカードは、反スポーツ的行為かなぁ。

●戦術的な目的で、相手競技者に干渉する、また大きなチャンスとなる攻撃の芽を摘むファウルを犯す。 

今野選手がボールに触れることができていないのを、あの位置から主審はよく見れましたねぇ、という感じです。

 

もしかしたら、ボールに先に触れた/触れないではなく、ボールと一緒に相手競技者の足ごと掬ってしまえ、という意図を感じたのかもしれません。

 

もしそうなら、チャンス芽潰しではなく、ラフプレー(無謀なタックル)としての警告ですね。

   

後半17分15秒付近。

コロンビア代表13番に出されたイエローカードは、恐らくラフプレー。

恐らくというのは、映像でみる限り、両者の倒れ方は派手だったけれど、どこがどう当たって倒れたのかがよくわかりません。

 

反スポーツ的行為(●戦術的な目的で、相手競技者に干渉する、また大きなチャンスとなる攻撃の芽を摘むファウルを犯す。)として罰するには、DFの枚数は足りていたし、プレーの方向も、ゴール方向とは少しずれていたように感じるので、その可能性は少ないと思われます。

 

なので、消去法でラフプレー。

 

カードは2枚でしたが、かつーさんのところの記事で書かれている通り、あと2枚くらい出ていてもおかしくないプレーがありました。

 

前半45分29秒付近。

長谷部選手のトラップミスのあとのレイトタックルは、次のアウトオブプレーのタイミングを待っているうちに、日本の同点ゴール&タイムアップ(前半終了)となったので、もしかしたら、

「あっ、いっけねぇ~。イエローカードで警告するのを忘れて前半終了のホイッスル吹いちゃった。」

なのかもしれません。(あくまで、想像です。)

 

それから、後半15分19秒付近。

岡崎選手が鼻血を出すきっかけとなったプレー。バランスをとるために広げた腕にしては高すぎる位置なので、明らかに岡崎選手の顔にあてにいっているような腕の振り方ですが、主審の位置からでは確認は難しいと思われます。

 

かつーさんが指摘されているように、副審がサポートすべきファウルで、ファウルサポートと同時に、インカムでカードも提示するよう助言すべきだったのではないかなぁ、と思います。(ちなみにカードの種類は、肘を曲げて当てに行っていないので、レッド(過剰な力)ではなくイエロー(無謀に)が妥当かなぁ、という感じです。)

 

あと、かつーさんが、ウェイトが長いと書かれている後半7分21秒付近の部分をちょっとレフェリー側の立場で。

 

まず、コロンビアの13番(グアリン選手)の後ろから吉田選手が右足をかけてトリップしたところでファウル確定。しかし、グアリン選手が倒れてもすぐ起き上がってプレーを続けようとしたので、その意思を尊重してウェイト。(本来なら、このタイミングで「プレーオン」のコール。)

 

ところが、岡崎選手が寄せて、グアリン選手が有利な状況を確保できなかったので、ここでロールバックの笛。

 

「プレーオン」のコールが省略されていると考えれば、それほどウェイトが長いとは感じないかも。

 

というか、ロールバックしなくて済むように、ファウルされたほうのチームが完全に有利な状況になるのを待ってから「プレーオン」をかけているような感じです。

 

その最たるケースが前述の前半45分30秒付近の長谷部選手のファウルの時ですね。コロンビア11番(クアドラード選手)がボールを受けて3タッチでクロスを入れるのですが、アドバンテージのコールは2タッチめのタイミングで、「そのタイミングでコール?」というくらい遅いコールです。

 

本来なら、クアドラード選手の方向にボールが転がっていった時点でアドバンテージのコールをしても良いくらいなので、3秒以上遅いタイミングでコールしている感じです。

 

それからポジショニングについては、笑っちゃうくらいプレーに巻き込まれていましたねぇ。ボールにも選手にも当たりまくりで。

 

ってか、普通は先にボールを通過させるようなシーンで、何度もボールよりも前に出てしまっているし、バイタルエリアもお構いなしでポジションとってるので、選手は邪魔だったろうなぁ・・・。

 

って、土曜日の試合で、ボールに当たるわ、ドリブルの邪魔するわ、だった私は人のことを偉そうに言える立場にはないのですが。

 

審判系のブログは
「にほんブログ村 サッカー審判」
にもあります。

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。 

 



 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。




スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
No title
初めて投稿させていただきます。楽しく拝見しております。
ラフプレー(C2)に区分けしているのは、日本だけだそうです。
サッカーの競技規則では12条に書かれた反則で、不用意を超えて無謀と判断されれば、反スポとなります(C1)
また、「プレーオン」の言葉が通じるのは、日本だけのようです。『アドバンテージ』でないと、外国人には通じません。
よろしくお願いします。
2014/06/29(日) 19:32:05 | URL | 森孝之 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
森 さん、はじめまして&コメントありがとうございます。
 
>ラフプレー(C2)に区分けしているのは、日本だけだそうです。
 
はい、存じております。
 
ただ、日本国内で審判員として活動する場合、過去記事
http://tom3.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/06/post_55f4.html
に書いた通り、審判報告書にはラフプレーをその他の反スポーツ的行為と分けて記載しなければなりません。
 
このブログは、3級審判員資格取得を目指す方向けに書いている面もあるので、審判報告書に区別して記載する必要がなくならない限り、ラフプレーはその他の反スポーツ的行為と区別して記載しておくつもりです。
 
>『アドバンテージ』でないと、外国人には通じません。
 
「プレーオン」という言葉は、競技規則の日本語版付録の部分でのみ使用されていて、本文およびガイドライン側には記載されていませんね。 
 
今度、AFCの割り当てを受けて活動されている方に会った時に、聞いてみます。(次、いつお会いできるか解らないのですけれど・・・。)
 
ま、国際標準に合わせたほうが良いと日本協会が考えるなら、日本語版付録の表記を見直すとともに、「ロスタイム→アディショナルタイム」同様、通達が出るでしょうね。
 
情報ありがとうございます。
 
2014/06/29(日) 22:32:55 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
コメントを頂き、ありがとうございます。
私は、英語が全くダメです。年に一度ぐらい、埼玉国際ジュニア大会を経験するのですが、ボディーランゲージです(笑)
これからも、よろしくお願いします^_^
2014/06/30(月) 23:18:52 | URL | 森孝之 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1580-4d7b8784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック