FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
ペナルティーキックのボールが、ゴールに当たって跳ね返ったら・・・
 

昨日の記事で予告したお話。

 

時々、ペナルティーキックされたボールが跳ね返ることがあります。そして「跳ね返り」には大きく分けて2種類のパターンがあります。

 

1つは、ゴールキーパーがはじいた場合で、もう一つがゴール(ゴールポストまたはクロスバー)に当たって跳ね返った場合。ボールの動き的にはそれほどの差はないのですが、競技規則上は、まったく別ものになります。

 

ペナルティーキックが正常に行われたとして、

ゴールキーパーがはじいた場合(ゴールキーパーに当たって跳ね返った場合)は、何も問題はなく、そのままプレーは続行されるのですが、ゴール(ゴールポストまたはクロスバー)に当たって跳ね返った場合、とっても注意が必要になります。


 

具体的に書くと、

「ペナルティーキックが正常に行われた後、ボールがクロスバーに当たり、ペナルティーキックを行った選手の正面に跳ね返ってきたので、その選手はボールを蹴り、ボールはゴール内に入った。」という場合です。 

 

この時、主審のとる行動は?

 

笛を吹いて試合を停止し、跳ね返ったボールをキッカーが蹴った地点から、守備側チームの間接フリーキックで試合を再開しなければなりません。

  

これ、間違えると大変ですね。ルール上、得点にならないものを、「得点」としてしまうことになります。ペナルティーキックがゴールポストまたはクロスバーに当たったら、キッカーが連続して触れないかどうか、しっかり確認する必要があります。

 

では、競技規則の該当する部分を記載しておきます。

 

競技規則 第14条 ペナルティーキック

進め方

(中略)
●他の競技者がボールに触れるまで、キッカーは再びボールをプレーしてはならない。
(後略)


 

この文章をよーく考えてみましょう。キッカーのドリブルがNGなのは明確ですね。更に、クロスバーまたはゴールポストに当たって跳ね返った場合、まだ他の競技者がボールに触れていないので、この規則に抵触します。



競技規則では、同14条で更に、

 
競技規則 第14条 ペナルティーキック

違反と罰則

 

ペナルティーキックが行われたのちに、

他の競技者がボールに触れる前に、キッカーがボールに再び触れる(手による場合を除く)。

●違反の起きた場所から行う間接フリーキックが相手チームに与えられる(第13条―フリーキックの位置を参照)。
 

というように、再開方法が記載されています。
 


サッカーでは、基本的にリスタートをかけたプレーヤーが、他の競技者が触れる前に、ボールに触れると反則となります。そして、その場合の再開方法は、すべて「相手チームの間接フリーキック」です。

 

ちなみに、手で触れた場合は、「キッカーが連続して触れる」という反則よりも、「ハンドリング」の反則が優先され、直接フリーキックによる再開となる。(同時に2つ以上の違反・反則があった場合、より「重い」ほうの罰則が適用されるためである。← 第5条 主審 の 職権と任務 参照。)

 

以下、確認。

 

(ペナルティーキックが行われたのちに、)

他の競技者がボールに触れる前に、キッカーが意図的にボールを手で扱う。

●違反の起きた場所から行う直接フリーキックが相手チームに与えられる(第13条―フリーキックの位置を参照)。


 


 

☆ 関連するタグ ☆

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
はじめまして。
子供が少年団でおせわになっていて、4級審判資格を取得し、時々練習試合で笛を吹いている素人です。
サッカーのルールを勉強するのにぴったりのブログなのでブックマークさせてもらいました。

試合中のPKで蹴ったボールがキーパーにはじかれ、キッカーがさわった場合、反則になるという記述を他のサイトで見ました。ところが少年団のコーチは反則ではないとおっしゃっていて、貴方の記事でも反則ではないとされています。(キーパーは他の競技者だから?)本当はどうなんでしょうか?よろしかったらご教授お願いします。
http://www.soccerkisoku.com/soccer-rules-10.html
(下から7つめの項目)
2013/12/17(火) 13:22:51 | URL | ルール勉強中 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
ルール勉強中 さん、はじめまして&コメントありがとうございます。
  
>他のサイトで見ました。
>本当はどうなんでしょうか?
 
ネット上に書かれていることをすべて鵜呑みにされると痛い目にあいますよ。怪しいと思う情報は、疑ってかかり、自分で「裏」をとるようにしてください。(私が匿名で書いているこのブログの内容も然り。)
 
4級審判員資格をお持ちですよね? ご自身で競技規則は確認されましたか? そこには何て書いてありましたか?
 
4級審判員の「ルール勉強中」さんの信頼すべき情報は、講習会で配られた「競技規則」です。
  
私自身は、解りにくい競技規則の文章を初心者の方にも理解できるような形で記事にしているつもりです。その記事に対して、「本当はどうなんだ?」って、非常に失礼な話ですねぇ。(笑)
 
すみませんが、この記事とお手持ちの競技規則をよく比較してお読みになってください。現段階では、この記事本文に補足の必要性は感じていませんので・・・。
 
(近いうちに「だ・である」調の文章から、「です・ます」調の文章に修正しようとは思っていますが。)
 
意地悪はこのくらいにしておきましょう。
 
 
ペナルティーキックを行ったキッカーから見て、ゴールキーパーは「他の競技者」以外の何者でもないですよね。
 
このことを理解されていますか???
 
 
2013/12/17(火) 23:47:29 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/160-69cd4702
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック