3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
競技者が試合中のボールに試合に関係のないボールをぶつけると

 

昨日の記事の関連記事です。 

 

(ご注意!)この記事には、訂正版の記事が存在します。

以下の内容はご覧にならずに、訂正版側の記事をご覧ください。(ちなみに、より深く競技規則を理解されたい、という方は両方の記事を見比べていただいても結構ですが。)


 

訂正版の記事はこちら

【訂正記事】競技者が試合中のボールに試合に関係のないボールをぶつけると

 

----- これより下は、訂正前の記事です。



下の映像は、マルチボールシステムゆえ発生したといえるトラブルですが、私たちが担当するような試合でも、絶対に起きないプレーではない(試合に関係のないボールを排除せずに手で持ったままプレーし、試合球にぶつけるということがありうる)ので、紹介しておきます。


YouTube: Ryan Donk stops Hugo Almeida via throwing second ball in Kasımpaşa - Beşiktaş football match

  

これ、試合球に試合と関係のないボールが当たったという現象ととらえるのではなく、ボールをプレーしようとしている相手競技者に物を投げつけた、と捉えるべきだと思います。(映像の主審はペナルティーキックではなく、ドロップボールで再開したという情報がありますが・・・) 

 

競技規則 第12条 ファウルと不正行為

物(またはボール)を投げる反則

ボールがインプレー中、競技者、交代要員、交代して退いた競技者が物を相手競技者やその他の者に対して無謀に投げつけた場合、主審はプレーを停止し、その競技者、交代要員、交代して退いた競技者を警告しなければならない。

ボールがインプレー中、競技者、交代要員、交代して退いた競技者が物を相手競技者やその他の者に過剰な力をもって投げた場合、主審はプレーを停止し、乱暴な行為でその競技者、交代要員、交代して退いた競技者に退場を命じなければならない。  

プレーの再開

●自分のペナルティーエリア内に立っている競技者がペナルティーエリア外に立っている相手競技者に物を投げた場合、主審はプレーを停止し、物が当たった、または当たったであろう場所から行われる相手チームの直接フリーキックでプレーを再開する。

●自分のペナルティーエリア外に立っている競技者がペナルティーエリア内に立っている相手競技者に物を投げた場合、主審はペナルティーキックでプレーを再開する。

(後略)


 

なので、上記の映像の場合、ボールを投げた(ぶつけた)選手を、反スポーツ的行為(「無謀に投げつけた」)で警告し、攻撃側チームにペナルティーキックを与えるべきかな、と思います。 

  

ボールボーイによって誤って投げ入れられたり、ウォーミングアップのために使われていたボールがピッチ内に入って、試合球にあたるもしくはプレーの妨げになった場合は、ドロップボールで間違いないのですが。

 

以下、試合球以外のボールが試合球に当たった場合の規定を確認しておきます。 

 

競技規則 ガイドライン 第5条 主審

職権と任務

(中略)

試合中、試合球以外のボール、その他の物、または動物がフィールドに入り、プレーの邪魔になった場合に限り、主審は試合を停止しなければならない。プレーは、試合が停止されたとき、試合球があった位置からドロップボールにより再開されなければならない。ただし、ゴールエリア内でプレーが停止された場合は、主審はプレーを停止したときにボールがあった地点に最も近いゴールラインに平行なゴールエリアのライン上でボールをドロップする。

試合中、試合球以外のボール、その他の物、または動物がフィールドに入ったがプレーの邪魔にならなかった場合、主審はできるだけ早い機会に排除させなければならない。
 

 

2010年までは第2条(ボール)のガイドラインのところに掲載されていたのですが、ボールもその他の物もプレーの邪魔になったら同じなので、2011年からは第5条(主審、職権と任務)のガイドラインのところに掲載されるようになりました。

 
adidas(アディダス) コネクト15 AF5000
adidas(アディダス) (2014-12-01)
売り上げランキング: 9,188


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
No title
物を投げてボールに当てたんだから、ハンドでは?
2014/05/09(金) 19:30:09 | URL | うら #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
うら さん、はじめまして&コメントありがとうございます。
 
確かに、
「ボールを手または腕で扱う」のところに、
 
「サッカーシューズやすね当てなどを投げてボールにぶつけることは、反則とみなされる。」
とあるのですが、その前の文章が、
「手に持った衣服やすね当てなどでボールに触れることは、反則とみなされる。」
となっていて、ここの定義(「ボールを手または腕で扱う」)は、
「第4条で選手本人がピッチ内に持ち込むことが認められている『基本的な用具』を使ってボールに触れる、ボールに当てる行為は、手で触れるのと同じことになる反則ですよ」と規定しているような気がするのです。
 
今回は、試合球以外の、偶発的にフィールドに入り込んだ「(本人の基本的用具以外の)物」を使っているので、やはり
 
「物(またはボール)を投げる反則」
 
のほうに当てはめて考えたほうが良いような気がするのです。
 
どちらに当てはめて考えても、「反スポで警告+FK(またはPK)」には変わりがないのですが・・・。 
 
 
2014/05/09(金) 23:57:51 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
英語版を見てみると「ボールを手または腕で扱う」の

「手に持った衣服やすね当てなど」 は
an object held in the hand(clothing, shinguard, etc)
「サッカーシューズやすね当てなど」 は
object(boot, shinguard, etc)

となっていて、"object"、物を投げてボールに当てることを規定しているのではないでしょうか。(容易に想像できる物が基本的用具であっただけで。)

また
「物(またはボール)を投げる反則」の英語版では
a player throws an object at an opponent or other person
となっており、人に物を投げる行為について書かれています。


つまり、物を投げた場合、投げた先が、人なのかボールなのかで区別されているんではないでしょうか。
2014/05/10(土) 02:37:41 | URL | うら #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
うら さん、ありがとうございます。
 
FIFAの原文をあたってみました。ご指摘の通りだと思います。早速訂正記事をUPいたしました。
 
ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします!
2014/05/10(土) 11:12:03 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1631-be836bd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック