3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
マルチボールシステムとは
 

一昨日の記事で、マルチボールシステムについて触れたので、もう少し詳しい内容を書いておきます。 

 

日本代表のなどの試合(国際Aマッチ)やJリーグの試合などの試合で、ボールがピッチから大きく外れると、再開場所の近くから、当たり前のように別のボールが出てきます。

 

Jリーグの場合は、合計7個のボールで行われています。

 

2014 J1・J2リーグ戦試合実施要項

第21条〔試合球〕
ホームクラブは、キックオフ時刻の 120 分前までにJリーグの指定する試合球を7個用意し、試合をマルチボールシステムにて行う。


   

当然、試合前に主審によって、すべてのボールが競技規則の第2条、

競技規則 第2条 ボール

品質と規格

ボールは、次のものとする。
●球形
●皮革または他の適切な材質
●外周は、70㎝(28インチ)以下、68㎝(27インチ)以上
●重さは、試合開始時に450ℊ(16オンス)以下、410ℊ(14オンス)以上
●空気圧は、海面の高さの気圧で、0.6∼1.1気圧(600∼1100ℊ /㎠:8.5∼15.6ポンド/平方インチ) 


で規定されている条件を満たしているか、確認されます。

 

競技規則上は、マルチボールシステムという表現はありませんが、「追加のボール」として表現され、規定されています。

 

競技規則 ガイドライン 第2条 ボール 

追加のボール

試合中に、追加的に使用されるボールはフィールドの外に配置することができるが、それらは第 2 条の要件を満たしており、その使用は主審のコントロール下にあるものとする。



adidas(アディダス)ブラズーカ 試合球 AS590
adidas(アディダス) (2013-12-06)
売り上げランキング: 18,231

 ← 5号球です。4種用(少年用)のボールではありませんので、お間違いなく。



  
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1632-73102aab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック