3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
抗菌アイリス・・・河川敷グランドの必須アイテム



【第2類医薬品】抗菌アイリス使いきり 18本
大正製薬 (2014-02-20)
売り上げランキング: 1,053


これ、第2類医薬品だったので、つい最近まではamazon で取り扱っていなかったのですが、やっと取り扱いが始まったようなので、紹介しておきます。

 

私は、花粉症の影響(?)もあって、目に「ものもらいができやすい」のですが、痛みや腫れ自体は強く出ないので、人には気付かれないのと、できてそのまま放置していても2日もすれば症状はなくなります。

 

痛みが強い時や、週末にコンタクトレンズを入れる予定がある(=審判をする)時に、抗菌アイリスを点すと、早ければ翌日には腫れはほとんどなくなります。(あくまで個人の感想です)

 

いつもだいたい1回点眼して終わりなので、使い切りではない抗菌の目薬は、次回点眼する時に開封から時間が経っていることが多く、雑菌が繁殖していそうで怖いです。

 

しかし、この抗菌アイリスの使い切りタイプは、1回分ごとを切り離して使用する(開封する)ので、雑菌の繁殖などの心配はありません。

  

また、使い切りタイプではない目薬だと眼病予防の観点から貸し借りはできませんが、この使い捨てタイプなら、1回分を渡すことができるので、貸し借りが可能です。(実際に「返して」と言うかどうかは別にして。) 

 

私のように4種の指導者をしている方、あるいは4種の選手の保護者の方は、河川敷のグランドなどで試合が行われる場合、これを持っていると重宝します。

 

河川敷グランドでは目にゴミが入った場合、すぐに「きれいな水」で目を洗うことが難しいことが多いので、「きれいな水」の確保ができるまでのつなぎとして、とりあえずこの「抗菌アイリス使いきり」を点眼すれば、結膜炎などの症状が軽く済むかもしれません。(子供の場合、目にゴミが入るとすぐに強くこすってしまう傾向があるので。) 

 

なので、私はレフェリーバッグと指導用のバッグのどちらにも「抗菌アイリス使いきり」を入れています。

 

目に入ったゴミを単純に洗い流したいだけならこちらの

【第3類医薬品】アイリスCL-Iネオ 30本入
大正製薬 (1997-12-01)
売り上げランキング: 84


抗菌ではないほうでもいいのですけどね。(第3類なので、以前からネットで買えました。)

 

実は私のバッグには両方入っていて、場合によって使い分けています。(抗菌のほうは単価が高いので・・・。)

 

少年団などのドクターバッグを管理されている方は、これらの使い捨てタイプの点眼薬のご検討をどうぞ。

 

☆ 関連するタグ ☆

 
 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1720-76e75b02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック