3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
セレモニー形式のフリーキック時の確認手順 ・・・ 2010 REFEREE WEEK IN REVIEW - WEEK 20 の CLIP3 より

ブログ村への登録を旧アドレスから新アドレスに変更したため、旧アドレスのブログからのクリックがポイントに加算されません。
 
ということで、すみませんが引っ越し祝いのつもりで

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← のクリックのご協力をお願いいたします。

 

さて、FC2ブログに引っ越して最初の記事は、やはりREFEREE WEEK IN REVIEWの記事の紹介です。(gooブログは、下のように米国サッカー協会の映像を埋め込むことができなかったので・・・。)
 

◆clip3 



 
ちょっと厳しいような気もしますが、不必要な位置にあった腕(あるいは当たることを期待して広げられていた腕)にボールが当たったということで、再びフリーキックとなります。その時の手順を確認しています。 


米国サッカー協会の解説

http://www.ussoccer.com/stories/2014/03/17/13/04/2010-referee-week-in-review-20

では、

 

主審は、

1)ボールから10ヤードの距離下げるために後ろ向きでさがる。

2)次の争点となる場所と(キッカーがボールの位置を前にずらさないように)ボールを同じように監視しながら、後ろ向きにさがるだけでなく、壁の端で距離をコントロールしている間もこれらの監視を継続する。

3)10ヤードの距離を測り終えたら、壁の前を横切り、守備側競技者たちと目を合わせるだけでなく、手のジェスチャーで彼らの責任(インプレーまでボールに近づけないこと)を視覚的に補強します。 

4)壁とボールのところにいるキッカー選手と予測される争点を、選手の動きを妨げることなく監視できる効果的な場所に移動して再開する。

というようなことが書かれています。 

(できるだけ直訳で済ませようとしましたが、ところどころ言葉を追加したり意訳しています。)

 
 

で、訳していて思ったのですが、セレモニー形式のフリーキック時に主審が確認しなければならないことや注意しなければならないことに関しては、米国サッカー協会のページを見てもらうより、過去記事を見てもらったほうが、解りやすいのではないかなぁ、と。

 

ということで、手前味噌ですが、過去記事

「フリーキック時の壁の操作 (その2)」

をどうぞ。

 

ちなみに、注意しなければならないこととか、色んなケースについて書いているので、少し記事が長いのですが、その記事の内容をしっかりマスター(把握)できていれば、フリーキックの時に迷ったり、悩んだりすることはないと思います。(きっと・・・。たぶん・・・。) 



 
☆ 関連記事 ☆

「フリーキック時の壁の操作 (その2)」
 
 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



 
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆ フリーキックセレモニー形式

コメント
コメント
TOM3様

お引越し作業、お疲れ様でございます。私がレフリーの楽しさなどを覚えたのも、こちらのブログがあったからこそで、今後も応援させて頂きます。

先日の出来事ですが、U12の公式戦に4年生の息子と数名の招集された4年生の選手達を引き連れて参加しました。
そのゲーム中、我がチームの相手ゴール前でもらったFKのシーンで目にした事です。
外から観ていても分かる程、壁がきちんと7m以上ポイントから離れていましたが、主審(他チームのベテランのコーチさん)が歩測を開始し、壁を前に出す様に修正していました。

選手育成の観点から、TMではその修正も構わないと思いますが、公式戦ではフェアなジャッジの観点から(?)ダメではないのか?と疑問に思い、質問させて頂きました。

宜しくお願い致します。
2014/10/30(木) 07:11:45 | URL | Mada4Q #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
Mada4Q さん、いつもコメントありがとうございます

選手がフリーキック時に規定の距離離れていない場合、主審は規定の距離下げなければなりませんが、規定の距離以上離れている場合は、「ここまで前に来れるよ」という必要はないですね。

(壁を前に移動させていた方に、インストラクターが「不要」と言っていたのを聞いたことはあります。)

最初から離れていた場合は、そのまま壁から離れて笛を吹けば良いと思いますが、いったん試合を止めて壁に下がるように指示したら、壁が下がりすぎてしまった、という場合は主審の壁の操作方法(下げ方)に問題があった可能性もあるので、なんとも言えないですね。

ちなみに、先週末、私が担当した試合でも、壁の操作に入った途端、壁の選手たちが、勝手に下がっていって、ボールから10ヤード以上離れたので、壁の操作を途中でやめて、その場から離れて再開の笛を吹きました。もし途中で再び壁が前進した場合は壁の操作をやり直すつもりでしっかり監視しながら対応しましたが。

壁の操作は、慣れていない審判員の方には、非常に難しいと思います。あまり目くじらを立てず、それも含めてサッカーと思って、子供たちを見守ってあげてください。(ただし、ご自分が担当する試合では、そのような「間違い」がないように努力してあげてください。)
2014/10/31(金) 00:21:38 | URL | tom3 #- [ 編集 ]
すみません、お礼のコメントを失念しておりました。

ありがとうございます。経験豊富なTOM3様のリアルなご教授は、とても理解しやすく助かっております。

Mada4Q
2014/11/04(火) 22:37:45 | URL | Mada4Q #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> すみません、お礼のコメントを失念しておりました。

ご丁寧にどうも。m(_ _)m
2014/11/05(水) 21:45:47 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1776-c19670fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック