3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判時にcasio RTF-100(サッカー対応ストップウォッチ内蔵)を使いこなす


[カシオ]CASIO 腕時計 PHYS フィズ TIMERS11 RFT-100-1JF
CASIO(カシオ) (2007-03-22)
売り上げランキング: 30



昨日の記事のつづきです。



casio RTF-100(サッカー対応ストップウォッチ内蔵)については、

操作説明書
http://support.casio.jp/storage/pdf/002/qw2993.pdf



製品情報
http://casio.jp/wat/products/phys/rft100/

で、ある程度のことは解るのですが、サッカーの審判用として使った場合にどうか、ということを整理して書いておきます。



まず、RTF-100 では、

1)ストップウォッチモード
2)プリセットタイマーモード
3)タイマーモード

の3つのモードで時間が計測でき、それぞれ設定した時刻でバイブレーション(アラーム)を作動させることが可能です。



しかし、実際の審判時に使う場合は、1)の

ストップウォッチモード (モード表示:≪STW≫)

しか使ってはいけません!



そして、その際、きちんと「ターゲットタイム」(モード表示:≪TGT≫)を設定しましょう。そうすれば、ターゲットタイムに到達した瞬間にバイブレーションが作動してくれます。(ターゲットタイムを設定しないかぎり、ストップウォッチモードでのバイブレーションが機能しません。)



なぜ「ストップウォッチモードしか使ってはいけない」のか、ということになるのですが、それぞれのモードでの試合時におけるボタン操作や画面表示状態を説明することで、その理由を説明したいと思います。



まず
2)プリセットタイマーモード
について。


あらかじめ設定された時刻(10分、12分、15分、20分、25分、30分、35分、40分、45分のいずれか)をセットして、スタートさせることで、タイマーがカウントダウンし、0秒になったところで10秒間のバイブレーションが作動します。


しかし、タイマーはゼロにはならず、再び設定した時刻からのカウントダウンスタートになります。アディショナルタイムを加算してハーフを終了しなければならない場合、加算するアディショナルタイム分が経過したことを、試合中に暗算(減算)する必要があります。


また、アディショナルタイムに加算するために、試合中に≪START/STOP≫ ボタンを押してしまうと、試合(ハーフ)開始からの経過時間が分らなくなり、正規の終了時間(ハーフ時間)までに第4の審判員にアディショナルタイムを通知するのが難しくなってしまいます。(通知するタイミングがわかりにくくなる。)


そして、万一試合再開時に、時計を再始動し忘れると、いつゲーム(ハーフ)を終了させて良いのか、まったく分からなくなってパニックに陥ってしまいます。


ということで、ベンチで指導者として、あるいは観戦時に時計を止めずに使うのであれば問題ありませんが、審判時には不向きなモードです。



続いては、
3)タイマーモード
について。


タイマーモードに関しては、セットしたタイマー時間(最大9個まで)が順番にタイムアップして計測が自動で終了となる「リピートタイマー」と計測が終了とならずにループする「オートリピートタイマー」の2パターンが設定可能です。


たとえば、4種(U12)の試合用として、「20分-5分-20分」というセットにした場合、途中アディショナルタイムを≪START/STOP≫ ボタンを押さずに時間管理してしまうと、次のタイマーが自動的にどんどんスタートしていく形になるので、結局どこか途中で≪START/STOP≫ ボタンを押して細かく調整する羽目になるため、試合においてリピートタイマーを利用するのは避けたほうが良さそうです。


そして、やはりこのモードもカウントダウン(減算計測)なので、途中で≪START/STOP≫ ボタンを押した場合、正規の終了時間が分からなくなってしまいます。


指導者がトレーニングマッチで、おおよその目安の時間として使ったり、あるいはランニングのトレーニングでインターバルトレーニングをする場合などには、非常に便利なタイマーだとは思いますが。



それでは、
1)ストップウォッチモード
について。


基本的には、普通のストップウォッチですが、先に書いた通り、ターゲットタイム(目標時間、試合時間)を設定することで、タイムアップ時刻を知らせてくれます。そしてタイムアップになってもストップウォッチは時間の計測を続けます。


試合を中断することになった場合、≪START/STOP≫ ボタンを押せば、上段側の計測時間は停止しますが、下段側のメインの表示は、停止せず時間計測を継続します。


ですので、万一試合再開時に≪START/STOP≫ ボタンを押し忘れても、試合開始からどれだけ経過したかが一目でわかるので、試合中に時間を完全に見失う可能性は非常に低いと思います。


試合が再開になって、≪START/STOP≫ ボタンを押すと、再び上段側の計測が始まるので、上段の表示タイムと下段の表示タイムの「差」がアディショナルタイムとして加算すべき時間となります。


さて、上段側と下段側(メイン表示)のどちらの表示がターゲットタイムになったときにバイブレーション機能が作動するのかというと、下段側です。つまり、途中で≪START/STOP≫ ボタンを押して中断したかどうかにかかわらず、最初にストップウォッチで時間計測を開始してから何分後にバイブレーション(アラーム)で知らせるか、というのが「ターゲットタイム」です。


20分ハーフの試合で、開始から20分が経過した時に通知を受けたければ、ターゲットタイムを「20」にすればよいし、第4の審判員に加算するアディショナルタイムを知らせるために、終了1分前に通知を受けたければ、ターゲットタイムを「19」にすればOKです。


ターゲットタイムを「19」にしておいても、先に書いたとおり、上段・下段ともに時間の計測は継続します。(もし、10秒間のバイブレーションが不快に感じるようであれば、時計の表面側に設置されている≪Light≫ボタンを押せば、他に影響することなくバイブレーションだけが中断になります。)


ストップウォッチの表示リセットは、≪START/STOP≫ ボタンを押して上段側の計測を停止させた上で、≪RESET≫ ボタンを長押ししないと、下段側の表示はゼロ表示に戻らないので、一旦計測を始めたら、誤って≪START/STOP≫ ボタンを押してしまっても、時間を見失うことはまずないと思います。



注意点

・計測をスタートさせるまで、下段側のメイン表示は「現在時刻」を表示しているため、ストップウォッチモードになったことが分かりずらい。(モード表示が≪STW≫になっていることで確認はできるのですが。)1・2級審判員の方が担当するような、テレビ中継などの都合で正確な時刻にキックオフしなければならない、といような試合の場合には、この現在時刻表示は便利だと思うのですが、我々が担当するような試合では、モードの確認がしづらいので、あまり便利とは感じませんね。


・計測をストップしても、≪リセット≫ボタンを長押ししないと、ストップウォッチの計測が終了せず、ずっとストップウォッチの計測が続いてしまう。


といったところが、このモードを利用する際の注意すべきところでしょうか。



さて、週明けの更新では、このストップウォッチモードの操作方法について、もう少し細かく説明します。それから、裏技というほどのものではありませんが、「終了の1分程前とタイムアップ時の2回、バイブレーション通知を受ける方法」も紹介したいと思います。

 ← よろしければ、こちらのリンクをご利用ください。いまならamazon のポイントが還元されるので、お得なようですよ~。


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1778-553ca5a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック