3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
オフサイド(あくまで審判初心者の方むけの解説です)
 

 

以前、「オフサイドの例外」についての記事を書いたのですが、そのときオフサイドの反則そのものと、大前提になるオフサイドポジションの説明をしていませんでしたので、今日はその説明を。(いつも文章が長いのですが、今日のは特に長文です。)

 

競技規則 第11条 オフサイド

オフサイドポジション 

オフサイドポジションにいること自体は、反則ではない。

競技者は、次の場合オフサイドポジションにいることになる。
●競技者がボールおよび後方から2人目の相手競技者より相手競技者のゴールラインに近い。

競技者は、次の場合オフサイドポジションにいないことになる。
●競技者がフィールドの味方半分内にいる。または、
●競技者が後方から2人目の相手競技者と同じレベルにいる。または、
●競技者が最後方にいる2人の相手競技者と同じレベルにいる。

反則

ボールが味方競技者によって触れられるかプレーされた瞬間にオフサイドポジションにいる競技者は、次のいずれかによってそのときのプレーにかかわっていると主審が判断した場合にのみ罰せられる。
●プレーに干渉する。または、
●相手競技者に干渉する。または、
●その位置にいることによって利益を得る。

 

とってもわかりにくい文章で書かれています。基本的には、相手陣地内での「待ち伏せ」行為を反則とするものなので、誤解を恐れずもう少しわかりやすい文章で書こうととすると、

 

相手陣地内にいる競技者が、ボールよりも相手ゴールラインに近い位置で味方競技者からのボール(パス)を受け取ると、オフサイドの反則になる。ただし、パスが出された瞬間に、パスを受けた選手がいた位置よりも、2名以上の相手競技者が相手ゴールライン側に存在する場合は、反則とはならない。」

 

となります。

 

上記の文章では、「相手競技者への干渉や、その位置にいることで利益を得る」という部分を表現しきれていないのですが、最近は「オフサイドはゴールキーパーとの衝突が予測されるなどの場合を除いて、原則触るまで待て(Wait&See)!」という傾向が強いので、とりあえず審判初心者の方は上記文章で覚えたほうが理解が早いと思います。


 

同条文の続き
  

反則ではない

競技者が次のことからボールを直接受けたときはオフサイドの反則ではない。
●ゴールキック
●スローイン
●コーナーキック
 

 

これについては、以前の「オフサイドの例外」の記事で書きましたが、「『フィールドの外に出たボールをフィールドの中に戻す動作』から、直接ボール(パス)を受け取った場合は、オフサイドにはならない。」と覚えておけばOKです。

 

違反と罰則

オフサイドの反則があった場合、主審は違反の起きた場所から行う間接フリーキックを
相手チームに与える(第13条―フリーキックの位置を参照)。

 

時々、味方の攻撃側選手がせっかくドリブルでオフサイドラインを突破したのに、2列め以降にいた選手が、そのドリブルをしている選手を追い越してボールを受けてしまうことがあります。もちろん、オフサイドですね。

 

ゴールラインから数えて2人めの相手競技者をドリブルやスルーパスなどで突破した瞬間から、ボールの位置がオフサイドラインになります。

 

オフサイドについては、ガイドライン側で非常に詳しく図解入りで解説がありますので、それらを全て確認・理解する必要がありますが、この記事では文章で書かれている部分のみを抜粋して掲載しておきます。

 

なお、途中の「黒文字」は、私がつけた注釈ですので、ご了承ください。(競技規則は「青文字」です。)

  

競技規則 ガイドライン 第11条 オフサイド

定義

”第11条-オフサイド” の考え方により、次の定義が適用される

●オフサイドポジションの定義における〝相手競技者より相手競技者のゴールラインに近い" とは、頭、胴体または足のどこの部分であってもボールおよび後方から2人目の相手競技者より相手競技者のゴールラインに近いことを意味する。手は、この定義に含まれない。


 

「こっち側にボールをくれ」というような手のアクションをしている場合、その手の部分だけが後方から2人目の相手競技者よりゴールラインに近い位置にあっても、オフサイドにはならないということですね。(サッカーは、手を使わない競技なので。)

 

●〝プレーに干渉する"とは、味方競技者がパスした、または味方競技者が触れたボールをプレーする、あるいはこれに触れることを意味する。

 

パスされたボールに触れるのは明らかにオフサイドだと理解できますが、例えば味方競技者がトラップミスしたボールにオフサイドポジションにいた別の選手が触れてもオフサイドです。オフサイドの判定のタイミングとしては、最初の選手がトラップミスした瞬間です。ミスでも最終的にパスとみなされることになります。

 

また、味方選手が別の選手にスルーパスを出そうとしたボールが、相手守備側選手に当たって方向が変わり、パスが出された瞬間にオフサイドポジションにいた選手にボールが渡っても、もちろんオフサイドになります。

 

●〝相手競技者に干渉する"とは、明らかに相手競技者の視線を遮る、相手競技者の動きを妨げる、しぐさや動きで相手競技者を惑わす、または混乱させると主審が判断し、それによって相手競技者がボールをプレーするまたはプレーする可能性を妨げることを意味する。

 

この部分はとっても難しいです。ガイドラインにはこのように書かれていますが、今の基準は「原則触るまで待て」です。オフサイドポジションにいた選手が身体でブロックしてゴールキーパーの動きを封じたなど「本当に明らか」な場合のみオフサイドとするようです。

 

最近のJリーグなどでも、例えゴールキーパーがオフサイドポジションにいる選手へのパスに備えた動きをしていても、そのオフサイドポジションにいた選手が直接ボールに触らない限りは、オフサイドを適用していないように見受けられます。(これはあくまで私見ですが。)

 

●〝その位置にいることによって利益を得る" とは、既にオフサイドポジションにいて、ゴールポストやクロスバーからはね返ってきたボールをプレーするまたは既にオフサイドポジションにいて、相手競技者からはね返ってきたボールをプレーすることを意味する。 

 

味方競技者がシュートを放った際、オフサイドポジションにいた選手が、ゴールキーパーやゴールポスト・クロスバーに当たって跳ね返ったボールに触れると、オフサイドになるということを説明しています。最初の選手がシュートしたつもりでも、結果的にオフサイドポジションにいた選手へのパスになったとみなされる、ということです。

  

違反

オフサイドの反則が起きたとき、主審は、味方競技者の一人がオフサイドの反則を犯した競技者に対して最後にボールをプレーしたとき、オフサイドの反則を犯した競技者がいた場所から行われる間接フリーキックを与える。


 

オフサイドの反則時の再開場所は、オフサイドポジションにいた選手がボールに触れた場所ではなく、味方競技者がパスを出した瞬間に、そのオフサイドポジションにいた選手がいた位置になります。ですので、ボールに触れた位置と、パスが出た瞬間のオフサイドポジションだった位置が大きく違う場合、副審はその位置まで戻って再開場所を示す必要があります。

 

どのような理由があっても、主審の承認なくフィールドを離れた守備側競技者は、オフサイドの判断のため、プレーが次に停止されるまで、自分のゴールラインかタッチライン上にいるものとみなされる。意図的にフィールドを離れた競技者は、ボールが次にアウトオブプレーになったとき警告されなければならない。

 

相手競技者をオフサイドにするために、わざとゴールラインやタッチラインからフィールドの外へ出るという行為を行っても、オフサイドラインはその選手がフィールドの中にいると見なされる場所になるし、更に次のアウトオブプレーのタイミングで警告(主審の承認を得ず意図的にフィールドから離れたとして)されるということです。

 

もちろん、ボールをコントロールしようとする一連の動きの中で、一時的に身体がフィールドの外に出てしまったという場合は、この文章の対象とはなりません。

 

オフサイドのポジションにいる競技者が、そのときのプレーに関わっていないことを主審に示すためフィールドの外に出ることは反則ではない。しかしながら、競技者が戦術的な理由でフィールドを離れ、フィールドに復帰することで不正に利益を得た場合、競技者は反スポーツ的行為で警告されなければならない。フィールドに復帰するために、競技者は主審の承認を求める必要がある。

 

この文章に該当するプレーを見たことはありません。具体的なシーンも思いつかないのでスルーします。

  

ボールがゴールに入ったとき攻撃側競技者がゴールポスト間のゴールネット内で動かずにいた場合、得点は認められなければならない。しかしながら、攻撃側競技者が相手競技者を惑わせていた場合、得点は認められず、競技者は反スポーツ的行為で警告されなければならず、プレーはプレーを停止したときにボールがあった位置からドロップボールで再開されなければならない。ただし、ゴールエリア内でプレーが停止された場合は、ドロップボールは、プレーを停止したときにボールがあった地点に最も近いゴールラインに平行なゴールエリアのライン上で行う。

 

たとえば、ジャンピングヘッドなどでボールを身体ごとゴールに押し込もうとしたが、ボールはゴールポストまたはクロスバーに当たって跳ね返り、身体だけがゴールの中に入ってしまった状態で、その跳ね返ったボールをすぐに別の攻撃側選手がシュートしたような場合において、ゴールの中に留まっている攻撃側選手の行動が、ゴールキーパーなどの相手競技者に影響していないかどうかをしっかり見極めなさい、ということですね。

 

次に、オフサイドポジションからの戻り(通称「戻りオフサイド」)について説明します。

 

先に述べた通り、オフサイド判定のタイミングは「パスが出た瞬間」です。オフサイドポジションにいた選手が、パスが出された後、オンサイドポジションに戻ってボールに触れてもオフサイドになります。これが戻りオフサイドと呼ばれるプレーです。

※「オンサイドポジション」とは、「オフサイドポジションにはいない状態」のことを言います。

 

なお、オフサイドポジションにいても、相手競技者によってコントロールされたボールに触れるのは反則にはなりませんので、くれぐれもご注意ください。

 

例としては、ゴールキーパーからDFの選手にパスされたボールを、オフサイドポジションにいた攻撃側選手がカットしても、オフサイドにはなりません。

 

また、攻撃側選手がゴール前にあげたクロス(センタリング)のボールを、守備側DF選手が胸でトラップしてゴールキーパーに手でとらせようとしたボールに、オフサイドポジションにいた攻撃側選手が触れても、オフサイドにはなりません。

 

ただし、攻撃側選手によって蹴られて、守備側DF選手に当たっただけのボールに対してオフサイドポジションにいた攻撃側選手が触れた場合は、オフサイドになります。

 

判定基準は、守備側選手がコントロールしたかどうかです。コントロールしたボールならばオフサイドになりませんが、コントロールしていないボールの場合は、オフサイドになるということです。この見極めが非常に重要です。 

  

最後に、オフサイドの際の副審のフラグアップのタイミングについて、少し補足します。

 

オフサイドは「原則触るまで待て」となっていると書いていますが、次の場合は触るのを待たずにフラグアップしなさい、と指導されます。(要するに、原則から外れる場合です。)

 

1)オフサイドポジションにいた選手が、縦パスもしくはカウンター系のパスに反応してボールを追い、ゴールキーパーとの交錯する恐れがある場合。

 

2)縦パスもしくはカウンター系のパスに反応してボールを追っているのが、オフサイドポジションにいた選手しかいない場合。

 

2)のような場合、ボールを触るまで待っていると、その選手を無駄に長く走らせて体力を消耗させるだけなので、「オフサイドならもっと早くフラグアップしろよ!」とその選手やベンチからクレームがつく場合があります。ただし、オンサイドポジションにいた2列め以降の選手も同時にボールを追っていて、どちらがボールに触れるかわからないような場合は、「触るまで待つ」ことが必要になります。

 

ちなみに審判初心者の方は、まずは慌てず「触ったのをしっかり確認してからフラグアップ」するように心がけると良いと思います。 



なお、この場合、オフサイドの再開場所は、最終的にオフサイドとなった選手がパスが出た際にいた位置になります。一旦オフサイドフラッグを上げて主審が試合を停止したら、その位置まで戻って「その場所」を示しましょう。

 

少しくらい位置が違ってもそれほど気にする必要はありませんが、ボールに触れた位置と正しい再開場所が大きく違う場合は、きちんと戻ってあげましょう。

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。

  

☆ 関連記事  ☆   ※印はサンプル映像があります

「オフサイドを触るまで待つ理由」 ※

「一見オフサイドに見えて、オフサイドではない例」 ※

「オフサイドの例外」

「オフサイドフラッグは必ず右手で上げなければならない」

「ゴールキーパーのパントキックは、オフサイドの対象です」

「オフサイドの適用に関する新たな指示(2005年改正)」という通達」

「◆ オフサイドに関するこのブログ内の記事を集めた記事」

 
[アディダス]adidas J-LEAGUE OFFICIAL REFEREE ADP9021  【正規輸入品】
adidas(アディダス) (2013-02-25)
売り上げランキング: 7,722






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
No title
CMID
COLOR
ルールなどについてのわかりやすい解説ありがとうございます。オフサイドについて質問がございます。
http://www.youtube.com/watch?v=YI_bLHK8IKA&feature=related
の映像の1分9秒からのプレーについて、攻撃側A選手がバスを出した瞬間にオフサイドポジションにいたB選手はトラップしようとして失敗し、結果的にボールに触れていません(B選手がオフサイドで罰せられないのは理解できました)。その後、A選手がパスを出した瞬間にオンサイドポジションにいたC選手が走ってボールに追いつきクロスを出しています。ただし、B選手のトラップミスを「パス」と判断すると、その瞬間にはC選手はオフサイドポジションにいます。この場合、①A選手がパスを出した瞬間にオンサイドポジションにいたC選手はオフサイドで罰せられない、のか、②B選手がトラップミスをした(パスを出した)瞬間にオフサイドポジションにいたC選手はオフサイドで罰せられる、のか、どちらになるのでしょうか。よろしくお願いします。
2011/08/24(水) 12:08:08 | URL | なやめる父親4級審判 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
CMID
COLOR
 
 
なやめる父親4級審判 さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
 
なやめる父親4級審判 さんのコメントがスパム扱いになってしまっていたため、気付くのが遅れてコメントの公開と返信が遅くなってしまいました。m(_ _)m
 
youtube の映像確認させてもらいました。
 
ちょっと映像が不鮮明なので、なんとも言えないのですが、Bの選手はボールに触れていないようなので、このケースの場合、問題なし(オフサイドではない)で良いと思います。
 
Cの選手が受けたボールは、あくまでAの選手からのボールであるという判断になります。
  
もし、Bの選手がボールに触れていたのであれば、オフサイドの反則となります。Aの選手がパスを出したタイミングでBの選手はオフサイドポジションにいましたから。
  
トラップミスであろうとキックミスであろうと、味方選手が触れたボールをオフサイドポジションにいた選手が「触れた」時点で、オフサイドの反則が成立します。
 
逆に「触れなかった」場合は、オフサイドになりませんが、ボールにアプローチしょうとしている相手競技者に接触したり、ゴールキーパーの視界を妨げたと主審が判断した場合は、ボールに触れなくてもオフサイドの反則とみなされることがあります。(「相手競技者に干渉した」という理由になります。)
  
>B選手のトラップミスを「パス」と判断すると
 
と書かれていますが、あくまで「触れたのか/触れなかったのか」で判断してくださいね。
 
 
2011/09/06(火) 21:59:10 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
CMID
COLOR
お久しぶりに、質問させて下さい。
例えばオフサイドポジションにいる選手の方向にパスがでて積極的にボールを追っているが2列めの選手もそのボールを追い、どうやら先に触りそうです。(そのさは1秒ないくらい) 私は「原則、触るまでまて」と言っているのですが、たいがいの緑色の年配の方は追っている時点でフラッグアップしてます。3種より上のカテゴリーでは、DFはボールを追わずアピールするケースもあります。
例えば、そのようなケースでDFの選手がオフサイドポジションの選手に引っ張られたら(マークに動いたら)相手競技者を惑わしている。というのです。わけが解らなくなります。
どうやら、DFを養護する以前のルールのような気がしますがいかがですか?
2012/02/09(木) 20:19:58 | URL | yash! #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
CMID
COLOR
 
 
yash! さん、コメントありがとうございます。
 
困りましたねぇ~、現在の「Wait and See」を理解されていないのか、それとも古いルール(オフサイドポジションにいた選手のほうにボールが向かっただけでオフサイドとなる)が身体にしみついていて、フラグアップしてしまうのか。
 
この記事の関連記事のところで紹介しているのですが、 
 
過去記事「オフサイドの適用に関する新たな指示(2005年改正)」という通達」
http://tom3.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/12/post_77ef.html
で紹介している通達

http://www.geocities.jp/arbitro1116/pdf/law_soccer_050830.pdf 
(ちなみに、この通達は2006年から2008年の競技規則の日本語版付録部分に掲載されていました。) 
にも、きちんと
 
『副審は「①オフサイドポジションにいる競技者がプレーするためにボールを追っている②他の攻撃側競技者が誰もボールをプレーする機会がない」という、2つ条件を確認した時点で旗を上げることになる。』
 
と書かれていて、他の攻撃側競技者がボールを追っている場合はフラグアップしてはいけないことになっているんですけどねぇ・・・。
 
あとはガイドラインの第11条のオフサイドのところにある図の3番の「プレーに干渉する」と6・7・8・9番の「相手競技者に干渉する」のところをよく読んでいただくしかないでですねぇ~。(ゴールキーパーに対してだけはボールに対する視界を遮った場合も含まれますが、基本的には「干渉」≒「接触」と考えて良いと思います。)
 
ただ人生および審判の先輩方に競技規則をしっかり読め!とは言えないでしょうから、そういう方とペアを組む場合は「オフサイドは Wait and See で、原則オフサイドポジションの選手がボールに触れるまでフラグアップを保留してください。ただし、ゴールキーパーと正面衝突が懸念される場合と、明らかに2列目以降の飛び出しがない場合に限ってのみ、ボールに触れる前にフラグアップしていただいても構いません。」とお願いするしかないですね。 
 
で、副審がフラグアップしてしまったけれど、明らかにオンサイドから飛び出した2列目の選手がボールをコントロールしたら、副審のフラグアップをキャンセル。(本当に明らかな場合しかキャンセルできないと思いますが・・・。)
 
 
2012/02/09(木) 22:43:49 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
CMID
COLOR
TOM3さんありがとうございます。
僕の解釈が正しいのが確認できたので安心しました。
今後、3級審判員として優しく先輩がたに指導していこうと思います。
ありがとうございます。
2012/02/10(金) 12:28:03 | URL | yash! #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
CMID
COLOR
いつも興味深く拝見しています。ありがとうございます。

8月20日付け「オフサイドか否か?」の動画をダウンロードして利用したいのですが何か方法はありますか?

PCに余り詳しくないので簡単な方法があれば助かります。

通常はReal Player Cloudで録画しています。

お話は競技規則通りなのですが、実際にはARの位置でオフサイドポジションの選手がボールに触れたか否かを判別しなくてはいけないので、フラッグアップ、主審キャンセルになると思いますがかなり揉めそうですね!
2014/09/13(土) 14:17:50 | URL | 2級のはしくれ #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
CMID
COLOR
 
2級のはしくれ さん、コメントありがとうございます。

>通常はReal Player Cloudで録画

ということは、Real Player Cloudで録画できなかった、ということですよね。
 
ブラウザ上で再生しても、キャッシュが残っていないようなので、ユーザーに安易に映像をコピーさせないようにソフトウェアでしっかりコントロールしている映像、つまり著作権を放棄していない映像だと思われます。
 
ですので、ダウンロードはできないのではないか、と思われます。
 
埋め込み用のコードは公開されているので、(このブログの記事で利用できているのですが)無料のブログサービスなどの記事に埋め込んで利用されてはいかがでしょうか?
 
ネットに接続できない、あるいは Adobe Flash Player が再生できない環境では、利用できませんが・・・。
 
 
以下、おまけのお話です。
 
「カハマルカの瞳」というフリーソフトは、画面の動きをキャプチャしてくれるソフトです。
  
著作権が放棄されていない映像を録画することを推奨するわけではありませんが、そういうフリーソフトがありますよ、というご紹介だけしておきます。
 
ちなみに、私はVistaの環境なのですが、そのソフトを試してみたところ、XPモード、管理者権限、mic端子にヘッドフォン挿入、というような対応でソフトが動き、動画が作成できました。ただ、出来上がった映像はオリジナルの音声NG、コマ落ち少々、ファイルサイズ大きめ、という感じです。
 
このフリーソフトに関しては、追加でご質問くださっても(PCの環境などが再現できないため)、回答いたしかねますので、ご了承ください。(ネットでいろいろ検索してみてください。)
2014/09/13(土) 18:34:50 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
CMID
COLOR
ご親切な回答ありがとうございました!

上記の画像、米国協会の見解は興味深いですね!

フリーソフト、チャレンジしてみます!
2014/09/17(水) 14:11:07 | URL | 2級のはしくれ #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1793-c402ffdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック