FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
意図的なプレーかはね返りか・・・2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 17 のCLIP3より 
  

先週の「オフサイドか否か」のフォローアップの記事は、金曜日の更新でUPする予定です。

 

で、今日は2010 REFEREE WEEK IN REVIEW WEEK 17 のCLIP3の映像です。

 

昨年度(2013年度)の改正で定義の文章が見直された、オフサイドポジションにいることで「利益を得た」パターンに関係するお話です。

 

修正された内容について、今一度確認したい、という方は先に過去記事 「オフサイドの定義文章が見直されました!(2013/2014版 競技規則)」 をご覧ください。

 

それでは、映像を見てみましょう。ロングパスなので、厳密にはパスを受け取った選手がオフサイドポジションにいたのかどうかが映像では確認できませんが、今回はオフサイドポジションにいたのかどうかが問題ではありません。

 

オフサイドポジションにいた選手が味方競技者からパスを受け取っているのですが、その前に相手競技者がボールに触れています。

 

そのボールに触れたプレーが、「意図的なプレー」なのか、「当たっただけのはね返り(リバウンド)」なのかによって、オフサイドなのか、オフサイドではないのかの判断が分かれます。

 

ということに注意しながら映像をご覧ください。 

◆clip3

◆◆

 

この守備側競技者のプレー、ラストパスが出された位置からもう少し離れていれば、「意図的なプレー」と判断される可能性があります。

 

また、パスの出し手との距離が同じでも、ラストパスのスピードがもう少し遅いものであれば、「意図的なプレー」と判断される可能性があります。

 

そのように微妙な判断が要求されるシーンです。

 

 

あくまで私の感覚的な捉え方とお断りした上で、

「守備側競技者が、2~3歩ボールの軌道方向に動いた、あるいは実際には動いていなくても2~3歩動くだけの時間的な余裕があった、という場合は、頭部など身体のどこに当たったとしても『意図的なプレー』と判断され、オフサイドにはならない。」

しかし

「守備側競技者が、パスに対し時間的な余裕がなく、瞬間的な位置の修正だけを行って身体に当てた場合は、リバウンド(はね返り)とみなし、オフサイドの対象。」

として良いと思います。

 

今回紹介している映像では、パスが出される前に既に守備側競技者は自陣ゴール側に移動を開始しています。そしてパスに対して瞬間的に左足を投げ出してボールに当てているように見受けられます。

 

従って、ボールは守備側競技者に当たっただけで、意図的なプレーに該当せず、オフサイドポジションにいた攻撃側競技者は、その位置にいることで利益を得た、と判断されるのでオフサイドで罰せられます。

 

米国サッカー協会の解説も、

「As a result, the decision to penalize for offside is correct.」

(結果として、オフサイドの罰則を適用するという決定は正しい。)となっています。

 

詳しくは、

http://www.ussoccer.com/stories/2014/03/17/12/10/2010-referee-week-in-review-17 

をご確認ください。

 

ちなみに、オフサイドポジションにいた選手がボールに触れる前にオフサイドで罰せられている(副審がフラグアップしている)のは、ゴールキーパーが飛び出してきていて交錯する危険性があったためです。

 

詳しくは、 「続・ボールに触るまで待たずにオフサイドのフラグアップをしてもよい2つの例外(その2、GKとの接触が懸念される時)」 をご覧ください。

 

☆ 関連記事 ☆

「オフサイドの定義文章が見直されました!(2013/2014版 競技規則)」

「続・ボールに触るまで待たずにオフサイドのフラグアップをしてもよい2つの例外(その2、GKとの接触が懸念される時)」 

  
 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。

☆ 関連するタグ ☆


スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
CMID
COLOR
いつも楽しく拝見しています

僕はこの映像のプレーならオフサイドは取らないですね〜

足を投げ出してる時点で意図が有るからです

相手DFが戻る途中にボールに当たった(
ボールが寄って来た)ならオフサイドは取らないですし、
セーブならオフサイドではないと思いますが、相手はシュートではなくあきらかに味方へのパスだからセーブには当てはまらないと思うからです

現行のルールは映像の時とはかわってるので解釈も違ってるだろうし…
ゆっくり映像をみたからそう思うんですがやはりピッチ上ではオフサイドとっちゃうんだろうなぁー(笑)

あくまで僕の見方なのでいろいろ意見が聴けるとうれしいです
2014/08/28(木) 10:13:26 | URL | Tomox7 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
CMID
COLOR
 
 
Tomox7 さん、はじめまして&コメントありがとうございます。
 
>足を投げ出してる時点で意図が有るから 

少し危険なお考えのような気がします。足を投げ出しただけで意図的なプレーと判断してしまうと、DFはスルーパスに対してシュートコースに入ることしかできなくなってしまいます。(オフサイドがオフサイドでなくなってしまうので。)
 
>現行のルールは映像の時とはかわってる
 
FIFAはルールも解釈も変えていません。以前の文章ではFIFAが意図するルールを上手く伝え切れていない(解釈に幅が出てしまっていた)ので、定義文章を見直しただけです。(日本協会は、解釈を修正することになりましたが。)
 
http://www.jfa.jp/documents/pdf/soccer/law_soccer_130625.pdf

ちなみに、米国サッカー協会は日本協会とは違い、FIFAの解釈と一致していたと思われます。(一応、同じ「英語圏」ですからねぇ。)
 
そして、映像のRもARもどちらもFIFAレフェリー、つまり国際審判員(FIFAのアセッサーから直接指導を受けている審判員)です。
 
FIFAレフェリーのRとARが現場で判断し、その判断に米国サッカー協会がお墨付きを与えているので、この判断はかなり信頼してよい判断だと思われますが。 
2014/08/28(木) 23:56:29 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1797-ea870c3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック