3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
武藤選手 新人得点タイ記録と今村主審のファインプレー ・・・ 2014 J1 第31節 名古屋グランパス vs FC東京 の試合から

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  


FC東京の武藤選手が新人選手の年間通算得点記録に並んだようで、おめでたいのですが、その裏には今村義朗主審が、武藤選手への闘莉王選手のファウル(トリッピングorホールディング:身体を当てて武藤選手の動きを阻止)に対して、武藤選手の「倒れずにプレーを継続しようとする意志」をしっかりくみ取って、笛でプレーを停止させてしまわず、アドバンテージを適用したことが、結果武藤選手のゴールを生みました。



ということで、今村主審に拍手です。



FC東京のオフィシャルアカウントの映像の先頭から2分17秒付近~をご確認ください。





ちなみに、この試合の公式記録はこちら。
http://www.j-league.or.jp/result/2014/j1/110203.html



イエローカードが6枚も出てる・・・。だけど、この公式記録だとそれぞれの理由が分からない(涙)。データーベースで検索するのではなく、もっと簡単に分かるといいのになぁ・・・。(正直、面倒くさい。)



(おまけ)
今村主審への拍手の代わりに、この記事の最下部にある、FC2ブログの「拍手」ボタンをクリックしてくださっても結構ですよ~(笑)。


(Jリーグエンタープライズ)J.LEAGUE ENTERPRISE 日本代表 タオルマフラー(選手) No.14 武藤嘉紀 11-16894
(Jリーグエンタープライズ)J.LEAGUE ENTERPRISE
売り上げランキング: 17,665


 
 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。




スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
キーパーが保持したボールに挑んだら
先月3級取得したばかりの新米未熟者です。
先日U12カップ戦での出来事です。
ゴール前での混戦中、キーパーが片手で地面との間にボールを押さえました。が、次の瞬間相手競技者がこのボールを蹴ってゴールに入りました。もちろん、手と地面の間にボールがある=キーパーがボールを保持(コントロール)している状況ですので、ゴールは認めず、笛を吹いて攻撃側選手のファールとしました。が、再開方法を一瞬迷ってしまいました。

“危険な方法でのプレー”であれば再開方法は間接FK。キーパーへの“ファールチャージ”?であれば、直接FK。

状況としては攻撃側競技者は、だるま落としの如くにきれいにボールのみを蹴ってキーパーには全く触れていません。結局迷っている数秒間のうちにキーパーがボールを手に取りパントキックで再開してしまい、私もついついそのまま流してしまいました。(これは反省です…)
反則の内容(適用規則)、正しい再開方法は何でしょうか?
今となっては、“危険な方法でのプレー”=間接FKでの再開が正しかったように思えています。
どうか未熟者に正解をご教示ください。
2014/11/10(月) 20:20:07 | URL | 新米三級 #- [ 編集 ]
Re: キーパーが保持したボールに挑んだら
> 先月3級取得したばかりの新米未熟者です。

新米三級さん、はじめまして&コメントありがとうございます。それから昇級おめでとうございます。(昨日コメントくださった「新米三級」さんとは別の方でよろしいんですよね(笑))

> 今となっては、“危険な方法でのプレー”=間接FKでの再開が正しかったように思えています。

ゴールキーパーへのチャレンジは、基本的に「危険な方法でのプレー」となります。
しかし、危険な方法でプレーしたことにより、身体的な接触があった場合は、直接フリーキックで再開となる反則となります。

たとえ地面と手で挟んだ状態でも、ゴールキーパーが保持している状態とみなされるので、パントキックの準備のために手のひらの上に置いていたボールを身体的な接触なくヘディングで奪った時と同じように、「間接FK」にすべきだと思われます。

詳しくは、過去記事
http://tom3kyu.blog.fc2.com/blog-entry-473.html
「ゴールキーパー(GK)へのチャレンジについて」
をご確認ください。

2014/11/10(月) 21:41:07 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
早速のご回答感謝いたします。
はい、一昨日審判時計の記事でコメント投稿させていただいた者と同じ“新米三級”です(^^)。
この件はサッカー協会から明確に通達がでているのですね。よく解りました。ありがとうございます。
過去記事のチェックが不完全でした。その一日後の記事はチェックしてたんですが・・。ちなみに2010/9/1付の記事に、新米4級レフリー 、(元)新米4級レフリーの名前でコメント投稿しておりますのも私です。
こうみますと、キーパー絡みのファールに関することで理解が足りていないのがよく判ります。
キーパーに関する過去記事を読み返してみたいと思います。
このブログをバイブルに3級昇格したはずなのに、まだまだですね・・。
これからもよろしくお願いします。
2014/11/11(火) 08:58:23 | URL | 新米三級 #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> はい、一昨日審判時計の記事でコメント投稿させていただいた者と同じ“新米三級”です(^^)。
> ちなみに2010/9/1付の記事に、新米4級レフリー 、(元)新米4級レフリーの名前でコメント投稿しておりますのも私です。

古いサイト側にいただいていたコメントに返信するのを忘れていましたので、先ほど返信コメントを入れておきました。ご確認ください。(なお、古いサイト側は今月末でデータが削除されてしまいますので、ご了承ください。)

> こうみますと、キーパー絡みのファールに関することで理解が足りていないのがよく判ります。

5ステップ→6秒、バックパス(スローイン含む)を手で扱えなくなった、ボールから手を離そうとしているGKの邪魔やチャレンジができない、というあたりが間違えやすい(昔のルールと異なる)ところだと思います。

それから大した問題ではありませんが、サッカーには「ファール」というカタカナは存在しません。「ファウル」だけです。(JFAのサイトのどこかに載っていたのですが、失念してしまいました。そのうち探し直して記事にしようと思っていたのですが。)


2014/11/11(火) 21:40:47 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
ファールとファウル。
豆知識を仕入れました。
言葉で言う時も、“ウ”を入れるようにします。
今度まわりの審判資格者がファールと言ってたら、突っ込んでやります(笑)
2014/11/12(水) 00:05:01 | URL | 新米三級 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1811-1d55ce7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック