3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2014/11/30) 主審 × 2.0 + 副審 × 1.0 (その1)



本日は、三男の帯同などでU11カテゴリーの公式戦3試合の審判(主審2、副審1)を担当。8人制(審判は3人制)、試合時間は15-5-15。



さすがに3試合も担当すると、記事にする内容(出来事)はたくさん。



まずは、副審時の出来事。

トーナメント方式の大会のため、ペナルティーマークからのキック(PK戦)を行うことになった。途中、ボールがクロスバーの下に当たり、一旦ゴールに入ったが、バックスピンおよびゴール内の微妙な傾斜も手伝って、ボールがゴールから出てきた。ゴールライン上でPK戦を監視していた私には、明らかにゴールインが確認できたので、それまで同様、小さく主審にボールがゴールに入ったことを合図。



主審とアイコンタクトがとれて、うなずいたように見えたので、てっきり主審もゴールインと認めたのだと思っていた。



ところが規定された人数全員が蹴り終わって、同点の状態であるのに、主審が「終わりだよね?」と確認を入れてきたので、「先程のはゴールインなので、同点ですよ。」と私。



う~ん、試合中のきわどいゴールの場合、副審の動作としては

「フラグアップしてボールがゴールラインを越えたことを主審に知らせ、主審とアイコンタクトがとれて主審が笛を吹いたら、通常の得点時の合図であるハーフウェーライン方向に2~30m走る」

というものがあるのだけれど、PK戦の際どいゴールの場合は、フラグアップしてしまうとゴールキーパーがキックが行われる前に飛び出したなどの「異常」を知らせることになるので、ゴールインという「正常」なのだけれど、ゴールから出てきてしまったという場合は、シークレットサインで伝えるのがスマートな方法だと思われますが、試合前に打ち合わせしていなかった。



ま、シークレットサインを使わなくても、しっかり「ゴールインです」と声に出しておけばよかったのだけれど、お互い別の判断をしているのに、なまじアイコンタクトがとれて、お互い同じ判断をしていると思い込んでしまった。



主審が試合終了の笛を吹く前に最終確認を入れてくれたので、大きな混乱にはならなかったが、選手・ベンチおよび観客には解りにくかったと思う。ちょっと失敗。反省。




続いて、2チームエントリーしている我が団のチームが負けたので、次の試合の主審を担当。



副審は、この試合の次の試合で担当するチームから1名づつ出し合う方式。(負け主審&前副審というスタイル)



副審の方のお一人は、どうも審判(副審)経験が少ないと思われる方。オフサイドライン・キープが怪しい。8人制の1人審判という試合が増えて、副審を経験する機会が以前に比べて激減しているので、これは日本サッカー協会が悪い。



ということで、その方のサイドは私が意識してカバーすることに。試合前のごく簡単な打ち合わせでは、オフサイドライン・キープの励行と、タッチジャッジは基本的に私があらかじめ小さくシグナルをしているので、それを確認してからシグナルしてもらうように要請はしてあったのだけれど、ハーフタイム時には、タッチジャッジはすべて私が判断するので、オフサイドライン・キープでオフサイドの判断に専念してもらうことに変更。



後半、攻撃側チームの右FWの選手がDF裏に抜け出したトップ(中央)の選手に送ったボールがDFの選手の足に当たったあと、ターゲットである攻撃側トップの選手の足に当たって、ゴールラインを割った。



私も、副審(先述の方とは別のサイド、別の方)の判定も、攻撃側選手のワンタッチを認め、ゴールキックをシグナル。そこに、攻撃側チームのベンチの指導者が噛みついてきた。



前半も副審にヤジを飛ばすような言動が見られたので、ハーフタイムに軽く注意を入れておいたのだが。ちょっと目に余ったので、試合を完全に停止し、厳重注意とした。そのチームのベンチには、ベテランの3級審判員(ちなみに、私が副審を担当した試合の主審を務めていた方)がやはり指導者として入っていて、その指導者の言動を抑制する態度をとってくれていたので、そのベテラン3級審判員の顔を立てて、退席処分にはしなかったのだけれど、そのベテラン3級審判員の制止にもかかわらず、まだ少し騒いでいた。



大先輩であるベテラン3級審判員の方に気を遣いすぎてしまったかな。明らかにゴールキーパーのパントキックの邪魔をすべくゴールキーパーの前を横切ろうとした選手に「〇〇番、(ゴールキーパーから)離れなさい!」というような声かけをするなどして、できるだけカードを出さなくて済むゲームコントロールを目指していたこともあって、できるだけ退席処分にもしないように、という気持ちもあった。



しかし、今振り返ってみると、退席処分にすべきだったな、と。反省。



競技規則 テクニカルエリア

(中略)
●監督およびその他テクニカルエリアに入る者は、責任ある態度で行動しなければならない。



競技規則 第5条 主審

職権と任務

主審は、
(中略)
●責任ある態度で行動しないチーム役員に対して処置をとり、さらに主審の裁量により、役員をフィールドおよびその周辺から立ち退かすことができる。
(後略)




我が団はこの大会に2チームエントリーしていた関係で、もう1本主審を担当。



長くなったので、別記事にします。(つづく)




 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。




スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1838-c4be0567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック