FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
予測と準備(展開を考えながらポジショニングする)

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。



レフェリーは、「今、どこを監視すべきなのか。次に予測されるプレーは何か。その場合どの場所からどこを監視すべきなのか。」ということを自問しながらポジショニングするのが大切だと思います。



そりゃぁ、予測が見事に外れることもあります。予測が外れりゃダッシュでポジショニングを修正すれば良いだけですから。何にも考えないでただ「ボールをなんとな~くだただらと追う。」というレフェリングよりは、遥かにレベルの高いレフェリングです。
 


「何~、そうきたか。」とか「おいおい、そこでボール失うのかよ~。」「次は絶対にプレーを読んで争点への到達が遅れないようにしてやるぞ。」というようなことを心の中で叫びながらレフェリングしようとすると、とっても楽しいですよ。審判の当番を苦痛に感じているお父さん・お母さん審判の皆さん、ぜひご参考に。



プレーの予測ができると、前もって動き出しておけるのでダッシュの回数が減ります。ダッシュの回数が減ると、レフェリングに余裕が生まれるのでファウルを見抜きやすくなります。予測ができると、ボール・攻撃側選手・守備側選手が一直線に並んでしまってファウルが見えにくくなってしまう位置(レフェリング用語としては、「串刺しの位置」と呼ばれます。)に入り込んでしまうことが回避しやすくなり、結果としてファウルの見落としが減ります。(プレーの予測と同時に予見されるファウルもイメージできるようになるとなお良いレフェリングにつながります)。



上手いレフェリーでも試合中に何度かダッシュすることになります。でも、上手いレフェリーは、ゲームの展開を予測しながら常に前もって動き始めているので、ダッシュしなければならない距離が短く済んでいるのです。



ボールの後追っかけばかりをしていると、そりゃぁダッシュしなければならない回数は多くなりダッシュしなければならない距離も長くなるので疲れます。ぜひ「展開を読んで早めに動きだす」ことを意識するようにしてみてください。



(この手のお話は、市販されているルール解説本などにはまず記載されていません。審判初心者をそろそろ卒業、という方はぜひご参考になさってみてください。)



↑この本には、上記の記事のようなことは書かれていません。

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1863-7a072c75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック