3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
日大藤沢 vs 静岡学園 の試合から

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。



昨年は、三重県代表 四日市中央工業高校 vs 神奈川県代表 桐光学園高校 の試合でオフサイドか否かの問題になった高校サッカー選手権大会ですが、今年もオフサイドが疑われる微妙なシーンがありました。



特に触れるつもり(記事としてUPするつもり)はなかったのですが、コメント欄にご質問をいただいたので、急遽記事化しておきます。



第93回 第93回高校サッカー準々決勝 神奈川県代表 日大藤沢と静岡県代表 静岡学園の試合での出来事です。


上記映像の5分25秒付近~の日大藤沢の1点目。


nichidai_hujisawa_001.jpg
もし、このキャプチャ画像の瞬間に、日大藤沢の17番の選手がボールに触れていたなら、日大藤沢9番の選手は静岡学園のゴールラインから数えて2人めの競技者よりゴールラインに近い位置にはいますが、「ボールとほぼ同じレベルにいる」ように思われるので(=「オンサイド」なので)、得点は問題なし。



しかし、日大藤沢の17番の選手がボールに触れていないのなら、攻撃側の日大藤沢の選手がオフサイドポジションにいたのかどうかを見極めなければならないのは、日大藤沢の3番の選手がヘディング(?)でボールを擦らした時点となります。つまり、下のキャプチャ画像の瞬間。
nichidai_hujisawa_002.jpg


画像を見る限り、日大藤沢の17番の選手は日大藤沢の3番の選手と競り合いをしている静岡学園の5番の選手(ゴールラインから数えて2人目の守備側競技者)と同じレベルにいると思われるので、静岡学園のゴールキーパーや9番の選手に身体的な接触をしていてもオフサイドは非成立。



しかしながら日大藤沢の9番の選手は、日大藤沢の3番の選手がボールに触れたときゴールエリアラインを踏んでいて、静岡学園の5番の選手よりも明らかにゴールライン側にいたと思われます。



ということで、日大藤沢の1点目については、17番の選手がボールに触れているのであれば得点は正しいもので、17番の選手がボールに触れていないのであれば、得点は認められるべきではなかったのかな、と。



ただ、TVの中継映像や上で紹介している現地観戦された方の映像だけでは、ボールに触れているのか触れていないのかは判断できませんね。触っていないような気がするものの、絶対に触っていないとは言い切れないような感じです。(掠っているような気配)



この得点に関しては、最も最適なポジションからプレーを監視していた主審とオフサイドの判断をサポートしていた副審で構成されている審判団の判断を尊重していいのじゃないでしょうか、というのが私の見解です。



感覚的には恐らく、「if doubt no flag」(疑わしきは罰してはならない)という感じだったんじゃないのかなぁ、という気がしますが。



☆ 関連記事 ☆

「『笛が鳴るまでプレーは続けなさい』ということを教えるのにちょうど良い教材(第92回高校サッカー3回戦 三重県代表 四日市中央工業高校 vs 神奈川県代表 桐光学園高校 の試合から)」

「「if doubt no flag」 という言葉。」


高校サッカーは頭脳が9割
篠幸彦
東邦出版
売り上げランキング: 40,061


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
ありがとうございました。が、しかし
17が触ったとしたら、やっぱりその時点で9が前にいるようにみえるのですが、ゴールラインからGK、9、17、DFの時はオフサイドの反則にはならない?
良くわかってなくてすいません
2015/01/07(水) 07:45:52 | URL | ごんべ #- [ 編集 ]
Re: ありがとうございました。が、しかし
> 17が触ったとしたら、やっぱりその時点で9が前にいるようにみえるのですが、ゴールラインからGK、9、17、DFの時はオフサイドの反則にはならない?
> 良くわかってなくてすいません


「オフサイド」の反則というのは、「相手陣地内でボールより前でボールを待ち伏せする行為」を罰するルールです。本来ボールを待ち伏せできないのですが、ゴールラインまでに相手競技者が2人以上いる場合に限って(2人以上いる場所までは)、待ち伏せが認められています。

17番がボールに触れた時、9番はボールと同じレベルにいます(ボールより前に出ていない)。ボールと同じレベルにいるというのは、「待ち伏せにはならない」ので、オフサイドにはなりません。

詳しくは、過去記事 
「オフサイド(あくまで審判初心者の方むけの解説です)」
http://tom3kyu.blog.fc2.com/blog-entry-1793.html
をご覧になってみてくださいね。

2015/01/07(水) 21:27:52 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
よくわかりました
ありがとうございました!
2015/01/07(水) 22:41:00 | URL | ごんべ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1879-5732be8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック