FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2015/01/18) 主審 × 1.0



今日は、朝から社会人の80分ゲーム、午後は3種の50分ゲーム、トータル130分の主審を担当してきたのだけれど、その記録をUPする前に、まだUPしていなかった先週分の記録をUPします。(たぶん、今日は130分間主審を務めたものの、特に大きな出来事はなかったので、先週分のほうが面白い内容だと思います。)



ということで、以下、先週のお話です。


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 記事が面白かったら、クリックのご協力を。


---



本日は、二男が引退した部活のお手伝いで、3種(U14カテゴリー)の公式戦の主審を担当。副審は副顧問の先生(4級)と、協会に派遣を要請して来ていただいたYさん(3級)。



試合が連続していた関係で、副顧問の先生とは打ち合わせできなかったけれど、過去に何度かご一緒させていただいているので、「いつも通り」ということにさせてもらった。Yさんとも簡単に。というのも、先週私がサポート(副審)で入ったときに、打ち合わせ内容がほとんど私と同じだったので。



試合内容については、ファウルがあまりなく、かなりクリーンな試合だった。軽微なファウルはできるだけプレーオン(アドバンテージ)を適用し、選手たちにプレーを続けてもらうようにしたつもり。



前半終了直前、レフェリーサイド側のコーナーアーク付近で、守備側選手が攻撃側選手を押さえたので、アドバンテージを適用しようとした瞬間、攻撃側選手が前につんのめるような形になったので、アドバンテージの適用をやめ、ファウルの笛を吹いた。



次の瞬間、その攻撃側選手が足を押さえてしゃがみこみ、痛そうにしているので、笛を吹き直して試合を完全に停止しておいてからその選手に近づいて「どうした?踏まれた?」と聞いたところ、「ハイ、踏まれました。」という返事。



「どうする?一回(ピッチの外に)出る?」
と聞いたところ、



「いや、大丈夫です。」
という返事が帰ってきたので、そのまま試合を再開することに。



キッカーは他の選手が務めるようで、その足を踏まれた選手はゴール前に移動。ほとんどコーナーキックと同じような位置からのフリーキックとなったので、ボールセットを確認して次の争点となるゴール前を確認してプレー再開の笛を吹こうとした瞬間、先の足を踏まれた選手に「主審!」と呼ばれた。



何事か?と思ったら、守備側のある選手を指さし、その選手から「ざまぁ見ろ!」と言われました、という申告が(内心「なんだそりゃ」の状態)。



残念ながら、私にはその言葉は聞き取れていなかった。聞き取れていないので、懲戒罰を与える訳にもいかない。とりあえず、「私には聞こえなかったから今回は注意という形にするけれど、もし相手を侮辱するような言動や暴言を吐いた場合はカードの対象になるから注意しましょう!」という声かけだけをしておいた。



そのあとすぐ、ハーフタイムになったので、「ざまぁ見ろ」と言ったと推測される選手を呼び止め、一緒に横に並んで歩きながら「何があった?」と聞いてみた。



どうやらそのいざこざの前に、その守備側選手のプレーに関して小馬鹿にするようなことをその攻撃側選手が言ったらしい。なるほどね。何もなければ足を踏まれた選手に「ざまぁ見ろ!」なんて言わない筈だよね。



「相手の挑発に乗って、冷静さを失って損をするのは君だよ。だから、挑発に乗らないよう落ち着いて。」
と声かけして、彼の背中を「ぽん」と叩いてベンチに戻ってもらった。



後半開始早々、後ろからの長い縦パスを一旦近くにいたMFに預けてDFの裏を取ろうというプレーをしようとした攻撃側選手に、守備側選手が思いっきりアフターでチャージング。ボールは完全にフリーな攻撃側MFの前に転がったので、今日一番の大きな声で「プレーオーーーーン」とコール。



頭の中では「警告する必要はないけれど、次にアウトオブプレーになった時に試合を止めて、『注意』しておく必要がある。」と思ったのと同時に、「さっきの選手じゃん。落ち着いてプレーしなさい、って言ったのに・・・。」と。



なかなかアウトオブプレーにならなかったのだけれど、ボールがピッチ外に出てスローインになったところで、タンギングしながら笛を吹いて試合を止め、当該の選手に近くに来るように呼び(私自身も彼に近づいて)、

「さっきのアドバンテージは君のファウルに対して適用したものだって分かってるよね?完全に遅れて相手競技者に身体を当てていたよ。次に同じようなプレーをした場合は、カードだからね。落ち着いてプレーしよう。」

と少し強めの口調で注意を与えた。



幸い、そのあとは落ち着きを取り戻してくれたのか、彼が相手競技者にラフなプレーをするようなことはなく、イエローカードは提示しなくて済みました。



というのが、本日担当した試合の主な内容。



最新 サッカー用語大辞典 ~世界の戦術・理論がわかる! ~
大塚 一樹
マイナビ (2014-10-30)
売り上げランキング: 120,019



 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。




スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
いつも審判活動のために拝見させていただいております。

二点質問があります。

1つ目。

同じ競技者が2枚目の警告を受けたとき、記録する際には、退場のみを記入するのでしょうか?それとも警告も共に記録するのでしょうか?

2つ目。

先日、ロールバックの可能性の消滅についてアジアカップの記事で拝見しました。

香川選手のように、アドバンテージを適用した直後に、ファウルを受けた競技者と同じチームの競技者が、
意図的なプレイをした瞬間に、ロールバックの可能性が消滅するということでしょうか?


質問が分かりにくく申し訳ありませんが、ご回答よろしくお願いいたします。
2015/01/26(月) 20:30:18 | URL | Masa #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし

Masa さん、コメントありがとうございます。


> 同じ競技者が2枚目の警告を受けたとき、記録する際には、退場のみを記入するのでしょうか?それとも警告も共に記録するのでしょうか?

審判報告書には、すべてのカード提示の理由を記載する必要があります。それを考えると、すべて記録しておかないと困りませんか?

> 香川選手のように、アドバンテージを適用した直後に、ファウルを受けた競技者と同じチームの競技者が、
> 意図的なプレイをした瞬間に、ロールバックの可能性が消滅するということでしょうか?

第5条の主審の職務と任務に「(前略)予期したアドバンテージがそのときに実現しなかった場合は、そのもととなった反則を罰する。」と規定されています。

アドバンテージを適用したが、「すぐに寄せられて自由にボールコントロールできなかった」とか「ファウルの影響で最終的にバランスを崩してボールキープできなかった、ボールを失った」と主審が感じたならば予期したアドバンテージが実現できなかったと判断すると思いますが、ファウルされた側のチームの選手が、ファウルしたチームの選手に邪魔されることなくプレーができた(プレーを選択できた)、というのはじゅうぶん期待したアドバンテージが実現できたのではありませんか?

アドバンテージ直後のパスがオフサイドだった、アドバンテージ直後のパスが通らなかった、アドバンテージ直後のシュートが外れた。これらは他にたくさんあったと思われる選択肢の中からプレーを選び「パスを通そうとできた」「シュートを打つことができた」時点でアドバンテージが実現できてますよね?


2015/01/27(火) 00:18:43 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1892-b0d798ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック