FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
だから国際マッチには国際基準というファウル基準が存在しているんだってっば。

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。



2015年1月12日付けの記事 「AFCアジアカップ オーストラリア2015( vs パレスチナ代表 2015.01.12)の試合から」 の記事において、



『私が気になったのは、長友選手のファウル。日本人選手では最多の4回。しかも審判からみると心証の悪いファウルが多い。そのうち「繰り返し」でイエローが出るのではないか、とヒヤヒヤしてました。なんだかセリエAのファウル基準のまま国際マッチを戦っているような感じがします。気のせいかもしれませんが。』



と書いたのですが、同じくセリエAでプレーする本田選手が、この試合のカタールのAbdulrahman Moh Hussain 主審の判定に関して、試合後の海外メディアの取材に対し、「まるでバスケットボールのようだった」という表現をしたために審判批判とみなされ、アジアサッカー連盟から5,000ドルの罰金を課されたようです。


審判批判の本田に罰金5000ドル (ゲキサカ)

AFC、審判批判発言の本田圭佑に罰金5000ドル…試合で警告の今野や清武にも (サッカーキング)



「(自分が)審判の判定基準を把握するのに苦労した。」くらいの表現に留めておけば罰金にはならなかったのではないか、と思われます。



また、「AFCアジアカップ オーストラリア2015( vs イラク代表 2015.01.16)の試合から」の記事では、



『ALIREZA FAGHANI 主審の印象・・・手のファウルにとっても厳しい。PKのシーン、清武選手、今野選手にイエローカードが提示されたシーンの他に、相手選手を背負っている状態で手を後ろに回して相手競技者を押さえようとする意図が見られた後半30分の岡崎選手の手の使い方などはしっかりファウルを取っている印象でした。(他にも日本人選手が後ろに回した手で相手選手を押さえたプレーをファウル認定されていたと思うのですが、メモをとっていなかったので・・・。)』



と書いたのですが、かつーさんもやはり手のファウルについて厳しいという印象を持たれた様子

2015アジア杯GL第2節 イラク対日本 ・・・いつも通りたくさんのキャプチャ画像入りでレビュー記事を書かれていらっしゃいます。皆さん、ぜひご一読を。(かつーさん、リンクありがとうございます。御礼申し上げます!)



過去記事 「フェアでタフなプレーを目指して」 で紹介した通り、当時審判委員長だった松崎康弘氏が、テクニカル・ニュース(JFAが指導者に隔月で発行している小冊子)で

『世界のサッカーに手のファウルがないということではない。あるからこそ、FIFAもその対応は重点項目の一つとしている。』

と述べられています。



FIFAの目指しているサッカーを仮に「標準語」とするならば、各国のリーグで行われているサッカーは「方言」と言えるのかもしれません。(Jリーグを頂点とする日本国内のリーグは、松崎前委員長や現在の上川委員長が、できるだけ「標準語」に近づけるように努力されている、という感じがします。)



自分が使っている「方言」を「標準語」だと勝手に勘違いしたまま使い続けず、そこには微妙な差が存在することを把握し、上手に使い分ける器用さが必要なのではないでしょうかねぇ・・・。



そうそう、かつーさんのところの記事で、清武選手に出されたイエローカードはC4(繰り返し競技規則に違反する)じゃないか、と書かれていますが、主審のカードの出し方に、「繰り返し」で出す時の雰囲気がありません。



で、アジアカップの公式HP
http://opta.mc.cloud.opta.net/sportscentre/?mc=asiancup&timezone=11&page=match&season=2014&competition=379&match=749161
を確認したところ、清武選手のSTATUSが、

2015_01_16_kiyotake_001.jpg

という表示です。イエローカードの理由がFoul。



もし「繰り返し」なら、UAE戦のバーレーンの7番の選手の

presistent_infringement_001.jpg

のSTATUSのように、「persistent infringement of the Laws of the Game」の略である「persistent infringement」と表示されているはずじゃないかなぁ、と思います。



アジアカップの公式HPの表示が間違っている可能性もあります。試合を録画されていた方でお時間のある方は、ぜひ清武選手が途中出場した後半18分から、イエローカードが出される後半28分までの10分間を見直してみて、どっち(「反スポーツ的行為」or「繰り返し競技規則に違反する」)の理由で出されたイエローカードかを考えてみてください。きっと良い審判のトレーニングになると思いますよ~。


夢ノート keisuke Honda
夢ノート keisuke Honda
posted with amazlet at 15.01.18
イオン
売り上げランキング: 2,023



 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1893-905a3f1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック