3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
ゴールのすぐ前(ゴールラインから1m)のところで攻撃側の反則が行われた場合の再開場所


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




昨日の副審担当時の出来事です。



ほぼ手でボールを捕球しかけていたゴールキーパーに対し、攻撃側競技者が足でボールを扱おうとしてゴールキーパーの手に足を当ててしまったため、主審がファウルを認定。(主審が確認できていなければ、私のほうでファウルサポートするつもりだったのだけれど、主審が笛を吹いたのでファウルサポートは行わなかった。)



ファウルが起きたのは、ゴールの目の前で、ゴールラインから約1mのところ。



ゴールキーパーは、ファウルが行われた場所、ここ(ゴールラインから1mのところ)から蹴らないといけないのか?と主審に聞いている。



いえいえ、ゴールエリア内で守備側に与えられたフリーキックは、ゴールエリア内の任意の地点から行うことができると競技規則で定められていますよ~。



競技規則 第13条 フリーキック

フリーキックの位置

ペナルティーエリア内のフリーキック

守備側チームの直接フリーキックまたは間接フリーキック
(中略)
●ゴールエリア内で与えられたフリーキックは、そのエリア内の任意の地点から行うことができる。




たまに4種の試合で、オフサイドの再開場所として、ゴールエリアの深い位置(限りなくゴールラインに近い場所)からキックをさせている審判員の方を見かけますが、皆さまお間違いのないようにお願いいたします。



ところで、守備側チームが自分のゴールエリア内で相手チームの間接フリーキックとなる反則を犯した場合、攻撃側チームの間接フリーキックは、どこから行うのか分りますよね? (自信のない方は、過去記事 「ゴールエリア内は特殊な場所」 をご覧ください。)




☆ 関連記事 ☆

「ゴールエリア内からのゴールキックを含む守備側のキックは・・・」

「ゴールエリア内は特殊な場所」





 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1944-ad4de9a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック