3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
FUJI XEROX SUPER CUP 2015 の試合から(その4)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。



後半0分52秒付近。

浦和46番(森脇選手)の明神選手へのタックルに関して。まぁ、ラフプレーとしてカードが出されていてもおかしくはないと思いますが、もともとボールが森脇選手のトラップボールが流れてきたので、明神選手は森脇選手が突っ込んでくることは予測できたし、ボールへのアプローチはほぼ同時。森脇選手の足の位置が高めではあるが、スパイクの裏は明神選手には向けていない。明神選手はジャンプして多少ではあるが森脇選手の衝突エネルギーを受け流すことができた。といったあたりを総合的に判断して、「カードなし」で「厳重注意のみ」という判断にしたのではないでしょうか。



ん? 再開方法が「間接フリーキック」になっている! ってことは、「危険な方法でプレーした(けれど身体的な接触はなかった)」と判断したということになるのだけれど、実際には思いっきり身体的な接触があったので、「ファウルタックル」の反則(直接フリーキック)で良かったんじゃないのかなぁ。




後半2分27秒付近。

浦和7番(梅崎選手)が、ボールをけり終えたG大阪11番(倉田選手)の足の軌道上にスパイクの裏を置く形でブロックをし、見事に倉田選手の足の甲が梅崎選手のスパイクの裏にヒットしたため、「危険な方法でプレーし、不正行為が行われた」という判断。



競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

危険な方法でのプレー

危険な方法でプレーするとは、ボールをプレーしようとするとき、(自分を含む)競技者を負傷させることになるすべての行為である。この反則は、近くにいる相手競技者が負傷を恐れてプレーできないようにすることである。

(中略)

危険な方法でのプレーには、競技者間の身体的な接触がない。身体的接触があった場合、直接フリーキックやペナルティーキックで罰せられる反則となる。身体的接触がある場合、主審は不正行為も犯される可能性が高いことを十分考慮しなければならない。

懲戒の罰則
●競技者が危険ではあるが、”通常の方法”で相手に挑んだ場合、主審は懲戒の罰則を与えるべきではない。その行為により明らかに負傷を引き起こす可能性がある場合、主審は競技者を警告する。

(後略)




ということで、浦和7番(梅崎選手)にイエローカード(理由:ラフプレー)が提示されました。



後半29分09秒付近。

かつーさんのところの記事では、シグナルが逆ではないか、というご指摘ですね。逆というかG大阪19番(大森選手)はノーファウルだと思います。浦和5番(槙野選手)の見事な倒れ方に騙されてしまった感がありますね~。



私に言わせれば、この直前のこの↓プレー
xerox_2015_003.jpg
で、槙野選手のファウル(ホールディング)をとっておけばよかったのに、と感じましたが・・・。





後半39分の浦和のオフサイドに関しては、結果としては誤審になると思いますが、浦和14番(平川選手)の中央へのクロスに対し、浦和20番(李選手)がボールに触れてコースが微妙に変化。その変化したボールに反応したG大阪7番(遠藤選手)のプレーは、意図的なプレーではなくあくまで急激にコース変化したボールが当たった(遠藤選手から跳ね返った)だけ。そのボールを平川選手が触れたので、結果として「李選手→平川選手」のパスとなり、李選手がボールに触れた時点でオフサイドポジションにいた平川選手をオフサイドで罰した、ということだと思います。



実際には、平川選手の中央へのクロスを李選手は触れていないと思われるので、誤審になるとは思いますが・・・。



それから、浦和46番(森脇選手)に出されたカードは、「遅延行為(プレーの再開を遅らせた)」だと思います。名木副審のフラグアップを採用し、山本主審がプレーを停止すべく長い笛を吹いて、吹き終えたあとにボールをG大阪ゴール方向に蹴りました。



「オフサイドではないのにオフサイドと判断した審判団に対する不満」をボールにぶつけた、つまり「異議」的な要素も含まれているとは思いますが。ボールを手に持って、地面に叩きつけたという場合は、明らかに「異議」で処理して良いと思うのですが、森脇選手がボールを蹴っていなければ、G大阪はすぐさま間接フリーキックで試合を再開させることが可能だったので、「遅延行為」だと思います。



ただ、浦和が1点ビハインドの状況なので、公式記録PDFファイルではどちらになっているのかを確認したいのですが・・・。



(その5 につづく)





 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1952-7205462f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック