3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
2015 J1 第2節 柏 vs 仙台 の試合から

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ 




2015 J1 第2節 柏 vs 仙台



スカパー!Jリーグ[公式] アカウントがUPしている下の映像の先頭から2分46秒付近~をご覧ください。




万一、映像が削除されてしまったときのために、当該の部分をGIF化しておきます。

j1_2015_03_13_001.gif

この映像を見て、「キーパーチャージじゃん!」とおっしゃる方はいらっしゃいませんよね???



1997年版の競技規則から「キーパーチャージ」という言葉が消え、競技規則上はゴールキーパーに対する相手攻撃側競技者のチャージングは、他の守備側競技者に対するチャージングのファウルと同じ扱いになっていますが、ゴールキーパーはチームで唯一ボールを手で扱える特殊なプレーヤーで、捕球態勢に入っているゴールキーパーに対する攻撃側競技者の身体的な接触などは、他の競技者に対するそれより厳しい基準でファウルと認定されます。



これは、ボールを手で扱おうとする動作の中で、どうしても無防備な姿勢・体勢になってしまうゴールキーパーの安全を保証・身体を保護することを目的としています。



じゃぁ、ボールをセービングするためであれば、無敵で、どんなプレーも許されるのかというと、そういう訳ではなく、やはり相手攻撃側競技者の安全や自分自身の安全を顧みないゴールキーパーのプレーはファウルとなってしまいます。



なので、我々アマチュア・レフェリーを含む全てのレフェリーは、無防備な姿勢になることの多いゴールキーパーの安全を最優先に考えながらも、そのゴールキーパーのプレーの妥当性も瞬時に判断しなければなりません。



ボールセービングしようとしたゴールキーパーが相手競技者から身体的な接触を受けて、転倒したりセービングできなかったのか、それとも、ゴールキーパーのほうが遅れて争点に飛び込んできて、ゴールキーパーが自ら反則を犯しながら転倒したのか、というような感じで。



基本的にペナルティーエリア内では攻撃側にアドバンテージを適用するより「即PK」にするほうが有利になるので、即笛が原則です。とはいうものの、明らかにゴールキーパーが反則を犯していた場合で、かつ、ほんの少し笛を吹くタイミングをずらすことで、そのまま得点となることが予測されるような場合は、アドバンテージのコールはしないもののワンテンポ待つこともアリでしょう。(このあたりの判断は本当に難しいのですが。)



さて、もう一度GIF化した映像を確認します。
j1_2015_03_13_001.gif


仙台のGK(関選手)が、柏30番(クリスティアーノ選手)の後方からジャンピングアットをしているような形ではあるものの、クリスティアーノ選手に接触するのとほぼ同時に伸ばした手がボールに触れているので、関選手のプレーに「ファウル性はない」と言えると思います。



もちろん、クリスティアーノ選手は先に落下点に入っていて、正常なタイミングでボールを競ろうとジャンプしていて、その際ひじや腕を振ってGKの関選手を含む相手競技者に危害を加えるような振る舞いをしている訳ではないので、クリスティアーノ選手のプレーにもファウル性はありません。



どちらかというと問題は、関選手が捕球し損ねたボールに対する柏4番(鈴木選手)との攻防ですね。



関選手がいったん完全に手で捕球したのち、パントキックなどを行う前にボールを地面にバウンドさせていた場合については、ボールはゴールキーパーのコントロール下にあるとみなされ、相手攻撃側競技者はチャレンジすることはできません。



しかしながら、今回はまだ関選手がボールを完全にコントロール下に置いているとは言えない状況でした。なので、不用意に、無謀に、あるいは過剰な力を用いたプレーをしない限り、鈴木選手はボールにチャレンジすることが認められている状況でした。



こぼれ球に対する鈴木選手の反応(足の出し方)が一瞬早く、そしてそれほど関選手の安全を脅かすものではなかったので、ファウルにはならず、得点が認められました。



明日の更新では、小笠原選手のPKになったファウルを確認したいと思います。



☆ 関連記事 ☆

「昔と大きくルールが変わっているところ」


amazon でお買いものされる方へ。
下もしくはブログ左サイドバーのサーチボックスをぜひぜひ使ってくださいませ。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1957-2ebc1089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック